植物は好きですか(後編)

昨日の続き。(昨日とタイトルを変えました)

しかし園芸界も広い。
一言に「ガーデナー」といっても色々タイプがあって、3~40代の比較的若い年代の女性がたくさん訪れるお店もある。
多肉植物やエアプランツ、ナチュラル系雑貨とアロマや草花を上手に組み合わせたショップ、またはそういったニーズをフォローしている園芸店である。
同じ園芸店でも、そのようなナチュラル志向の園芸店には高齢の客は少ない。
と、そこだけ見ると若い人も<植物>が大好きなように見える。
しかし<植物>に求めるものが昨日書いた高齢の客たちと若い女性たちとでは違うのである。
<植物>といえば、都会を歩いていると一回は必ず目に入る文字がある。



ボタニストという、オーガニックシャンプーやクリームなどを作っている企業のロゴだ。
このお店そのものもよく見るが、それ以上にこの店のショップ袋(・・・というのかトートバッグというのか知らないが)を持っている女性も多い。
あたかも「意識高い系女子」のシンボルとでもいうようにさりげなく肩に下げていたりする。
その「意識」とはほかでもない、ライフスタイルや美容に対する意識だ。
「ボタニスト」という響きからも分かるように、この企業のコンセプトは
<植物とともに生きる>(HPより)
である。
表参道にカフェもあって、そこはコウモリランやエアプランツ、シダ植物などが天井からぶら下がる、一見園芸店と見まがうような概観の、緑に囲まれたお店である。
しかしこの会社のいう「植物」と、年配の人たちが思う「植物」とは同じではない。というか、かなり隔たりがある。
おそらくボタニストにとってツツジやサザンカやゼラニウムは彼らの言う「植物」に入らない。ペチュニアもベゴニアも入らないし梅も松もサルスベリも入らない。
オリーブは入るだろう。シマトネリコも入るだろう。
だがビャクシンは入らない。
なんでやねん、と思うだろう。
見えない基準があるのである。
彼らの言う<植物>とは、インテリアになりうる、都会的に洗練されたトレンディーな植物のことを言うのであって、我が家のような古臭い家の庭に植わっているような庭木は彼らからしたら「ゴミ」以外の何物でもなかろう。
それはそれで別に構わない。
ただ、そんな偽善的な理念の会社があたかも植物を愛しているかのような顔が出来るくらいだから、現代における<植物>の意味するもの、喚起するイメージが、昭和のそれとはだいぶ違ってきているのではなかろうか、と言いたいだけである。
植物大好き、でも庭は要らない。
植物のある空間が好き。でも木の名前なんか知らない。どうでもいい。
それではかなしい。
若い世代がせっかく緑や植物を「いいな」と思っても、広がっていかない。奥へ進んで行こうとしない。表面だけで満足してしまう。
売るだけ売って「おしゃれ」と評価されるだけでよしとしてしまう、ナチュラル系ビジネスの功罪と限界がそこにある。
「植物」や「緑」をイメージ戦略と話題作りに利用しているだけで、本当の意味での<植物のある暮らしの楽しさ・豊かさ>は提供していないように感じる。
僕は別にボタニストに恨みがあるわけではない。
植物とライフスタイルを結びつけ、オーガニックでナチュラルな都会生活に憧れる女子のハートを巧みに掴んだと思う。
ただ、ボタニストに限らず「それ系」のショップや空間で使われている植物が、判で押したようにいつも一緒で、いかにも馬鹿の一つ覚えなのが残念である。でっかいキセログラフィカやコウモリランをお洒落に飾りたい気持ちは僕にもあるが、別に同じ空間に花があったっていいじゃないかと思うのである。でもナチュラル志向の人たちはどちらかというと花よりプランツが好きである。
とまあ、そういうわけで、一概に<植物のある暮らし>といっても年配者と若い世代とではイメージするものが全然違うし、<園芸愛好家>とか<植物好き>と言っても、とんでもないジェネレーションギャップがそこにはある。いや同じ若い世代でも僕のような安苗満開の「胸キュン♡アホ庭」を目指している者もいれば、そういう庭は管理が面倒だしちょっとゴテゴテし過ぎていると感じる人もいよう。
人それぞれだからそれは全然構わないが、ナチュラル志向があまりにも多数派になると、おそらくこの国から庭は消える。
ただでさえ地価が高いのに、 「シンプル」「飾らない」「都会的」「省スペース」「清潔感」・・・そんな価値観で家を買おうとしたら、庭ほど無用なものはないからだ。
しかしいま60代くらいの人までは、その無用の長物を所有することが逆にステータスなのだと思うことが出来た。いわゆる「庭付き一戸建て」というやつだ。
その世代が購入した家々が今、どんどん解体されて庭のない3階建てや「タイムズ」に変わって行っている。

「植物とともに生きる」というのは、エアプランツの飾られた部屋でオーガニックの化粧水を使うことではない。
実際に触って、植えて、水をやり、収穫し、剪定し、落ち葉をはき、株分けし、花を見、その作業の合間にコーヒーを飲むことである。

DSC_0759hjisa (13)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







2018.04.18 | | 園芸コラム

植物は好きですか(前編)

先週末、久しぶりに園芸店をハシゴした。
園芸シーズンとあってどのお店も活況で、家庭菜園に目覚めたお父さんやバラ苗を求めるミセスなどでにぎわっていた。
そしていつもと明らかに客層が違う。
自分がよく行くお店は県内でもかなり田舎のほうにあるので、普通の日だと畑から直行してきたような前掛けをしたままのおばあちゃんやパート帰りの主婦、ジャージ姿にJAの帽子を被ったおじいちゃんたちがウロウロしている。
それがこの週末は違った。
首にスカーフを巻いたよそ行き風の年配の女性グループや、小ざっぱりした服装の家族連れが目立った。
こういう人たちは自分と同じくやや遠方の地方都市から来ていると思れた。
普段あまり来慣れていない田舎の大型園芸店で、物珍しそうに花を眺めてまわっている姿は微笑ましくもあり、同時にゴールデンウィークの足音を間近に感じさせるものがあった。
というか皆もう、気分はGWなのだ、と思った。
さらにもうひとつ、売り場の片隅で遠巻きに客たちを眺めながら、いかに園芸人口が高齢化しているか思い知らされた。
小綺麗ないでたちだからと言って別に若い訳ではない。地元民ではないな、というだけで年齢的には60代後半~70代前半が圧倒的に多い。
ただついてきただけの子供を除くと、平成生まれなんて多分一人もいない。30代すら怪しい。
ぶっちゃけ「毎日がゴールデン・ウィーク」な人たちが半数を占めている感じである。
もっとも、僕は「年寄りばかりでウゼエ」なんてことが言いたいのではない。
ウザイどころか60~70代の人たちの植物に対する関心や興味を、あとの世代がまったく受け継いでいないことに愕然としたのである。
街角や住宅地に植えられた庭木や果樹、常緑低木、街路樹、民家の庭先の花々に反応しとっさに「あれはチンチョウゲやろ」などと名前を言えるのは、団塊の世代が最後ではあるまいか。
それ以降の世代になると、個人差はあれどガクンと植物に対する関心や知識が下がる気がする。一般教養というか常識の範囲内で植物の名前を覚えてきた世代(団塊まで)と、よほどのことがない限り覚えずとも困らなかった世代の差である。

明日に続く。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







行政書士 産業廃棄物 許可

2018.04.17 | | 園芸コラム

ガーデニングの日

今日は思いっきりガーデニング・デー。
朝から小雨がポツポツ降っていて最初はどうしようかと思ったが、午後からはほとんど止んだ。
もとい雨でも野菜苗だけは植えようと思っていた。
ポット苗の花たちは1週間くらいなら置いておいても水さえやっておけば持つが、野菜苗はあんまり放置すると病気になったり弱ったりしそうで怖い。

畑に元肥の堆肥と腐葉土をすきこんでいたら晴れ間が出てきた。
各スペースに元肥を施したら植栽開始。
スイカとメロン。

とりあえず1回目は大成功だったのでまたトライ。

初めてのズッキーニ。

株間は100センチ取れって書いてあったけどそんなゆとりはないので70センチくらいに2株。

ここには手前からミニトマト、ナス、ピーマン。

写真には撮ってないけどきゅうりも植えたし、奥さんがエダマメの種も直播してくれた。
そのあと奥さんが小屋に残っていた去年の残りのオクラとトウモロコシの種を探し出して撒いていた。トウモロコシはやらないって話だったのだが。。
「マジメにやるから失敗するのよ、ダメもとでやったほうが出来る気がする」
マインド関係なくダメだと思うよ、去年の種だから。。。(-_-;)

昨日買ってきた新しいラナンキュラス・ラックス、ひとつは通路に。

ひとつは菜園前の花壇に。

この赤いラックスは「ハデス」という名前。
ギリシャ神話に出てくる黄泉の国の王様と同じ名前だが、地獄って意味か??
まあ確かにそういう色してるけど。。

花がキラキラ、緑がモクモク、土がフカフカ。
今日は久しぶりに思う存分ガーデニングして気持ちよかった。
明日は、というか明日も新宿でお仕事~。
庭もキレイになったし、新しい1週間、ガンバロー。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









2018.04.15 | | ガーデニング

春の爆買い

今日は早起きして午前中から花苗爆買いツアーに出た!

ベゴニア、ペチュニア、マリゴ、インパチェンスなど定番の1年草をギッシリ購入☆
いくらとは言わないがとにかく安い。安いから買う。安くなきゃ買わない。
そろそろ家庭菜園の季節ってことで野菜苗も。

ミニトマトとスイカと・・・
これはズッキーニ、長ネギ。

ほかに途中で寄った「コメリ」で接木のなすとキュウリ、あと枝豆の種を買った。
例年はGWちょっと前に買うのだけど、今年は桜の開花も早かったし、こりゃ暖かくなるんちゃうかと思って早めに買っておいた。明日雨でなければ植えちゃいたい。
菜園に関して言うと、今年は夫婦で話し合ってひとつの結論を出した。
「出 来 な い 野 菜 は 作 ら な い 」 v(´∀`*v)
つまり失敗の多い野菜、何年トライしてもろくすっぽ満足いく結果が出ない野菜はキッパリ諦めて、まだやったことのない野菜や、確実に出来る野菜だけを頑張ろうと。
てことでトウモロコシと大きいトマトはもうやらないことにした。
トウモロコシは大好きだし、庭で出来たトウモロコシをもいでそのままバーベキューで焼いて食べたときの感動は忘れられないが、そんなことが出来るのはせいぜい1本あれば上等で、あとの20本くらいは人差し指くらいの長さにしか育たない。
あと、下手に庭で育てている手前、スーパーでどんだけ安く売っててもプライドが邪魔して買えないという不自由さも生む。。
その代わり今年はズッキーニに挑戦する。ズッキーニは何にでも使えるしビールにも合うし、多分育てるのも簡単そうだから☆

なんだかんだでこんなに買っちゃった。

正面の赤い房の花はカンガルー・ポー、後ろはラナンキュラス・ラックス。赤があったので白と一緒に購入☆
ラックスも発売当初は1株4800円とかだったのに今じゃ1000円以下だよ。だいぶ安くなった。

通路にも植えたかったので買えて良かった(^^)。
夏に姿が消えて間違って掘り起こしたりしないようにちゃんと目印を付けておこう。

そんな訳で明日は1日庭にいます☆

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









行政書士 産業廃棄物 許可

2018.04.14 | | 家庭菜園

男の足、女の足

今日は午後から新宿。おろしたての革靴を履いて二歩歩き、激しく後悔。。
痛い。歩くたびに親指の付け根の部分がガシガシ当たる。
痛いけど我慢。(-_-;)
今日のスーツに合う靴はこれしかない。だから買ったんだし。それに履き替えている時間はない。
お隣のモッコウバラが咲き誇る通路を下り駅まで向かった。
歩いているうちに馴染んでくるのか痛覚が麻痺するのかあまり痛みを感じなくなる。

靴というのは難しい。
この間、付けっぱなしのテレビが通販番組を映していた。見るともなく見ていたらウォーキングシューズの紹介だった。行楽シーズンに歩きやすい靴を求める気持ちは誰にでもある。だんだん引き込まれていった。
そうしたら司会者が、この靴を作るために1万人以上の日本人の足のサンプルを収集し、それの平均値を取って作った、と言った。
「この靴が合わないとかいうヤツは日本人じゃねえから」と言わんばかりである。
しかしなるほど、と妙に納得した。
靴とはそうやって作るのか。
すべての靴がそうではないだろうが、日本人向けの、日本の市場に出回っている靴は日本人の足に合わせた設計になっているはずで、大なり小なり足のサンプルから平均を取って作られているはずだ。
今まではサイズとデザインくらいしか意識しなかったが、よく考えたら結構大変だ。
ちなみに運動靴で言うと、僕の足はナイキが合わない足である。
サイズは合っていてもどこかが必ず当たる、違和感がある。
アディダスが一番しっくり来る。
どこがどう違うのか分からないが、アディダスなのである。

靴の痛みは男性より女性のほうが遥かに経験豊富であろう。
うちの奥さんはヒールのある靴をめったに履かない。
ただでさえ背が高いからヒールのある靴を履くと身長175ある僕を超えてしまうから、というのもさることながら、やっぱり痛いからである。
踵の高い靴を履いて前のめりになりながら背筋を伸ばして歩く・・・・こんな芸当は男には出来ないしその肉体的な負荷も一生分からない。
それなのに男という生き物はさっさと歩く。
早くしろなどという。
信号に間に合わなかったりするとお前のせいだといわんばかりに不機嫌になったりする。
そういう時、世の女性たちはきっとヒールで男の頭をぶん殴りたくなるだろう。
殴るのも良いが殴るより履かせてみたい。
一度なぜだか忘れたが自分のサンダルが玄関から消えていて、郵便屋さんか何かを追いかけようとして、仕方なく奥さんの「ツッカケ」を履いて外に出たことがある。せいぜい2センチか3センチのかかとだってのにまともに歩くことすら出来なかった。
IKKOとかマツコとかニューハーフの人たちは足はでかいままだろうに、どこで「男用のハイヒール」を買っているんだろう?
せっかちで短気な男たちに思い知らせるためにストレートの男子にも一度履かせるべきかもね。

そしたら「ヒールなんか履かなきゃいいじゃないか」とか言うんだよな。

はい、全部俺のことです(-_-;)

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ













産業廃棄物収集運搬業許可 行政書士



2018.04.12 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム