新しい寄せ植え空間。

午後イチから庭に出た。35℃。
草むしり、草むしり、草むしり、掃除。植栽。
そんな感じで日暮れ間近にゲリラ雷雨が襲ってくるまで庭にいた。
なのでクタクタである。ハッキリ言って、いま、文章を書く元気ない・・・。(-_-;)
書くけど。

一番大変だったのは通路の先端の植栽。

いつもは逆側に花を寄せ植えているけど、奥さんがこっち側に生えていた雑草やらグレコマやらをキレイにしたので、急に寂しくなって、「何か植えて」と。
苗も時間もあったので安請け合いしたが、暑さのためやっているうちに何度か気持ちが折れそうになった。

「カラフルにしてね」とご丁寧に注文されていたので葉の色でコントラストをつけるのを意識しながらなんとか。。。

新しい寄せ植え空間の誕生~。

水道のメーターボックスあるけど(笑)

最前列に多肉ちゃんを投入するのもいいなと、いま見ながら思った。
明日やろう。

これで通路の両サイドの先端が寄せ植えスペースになったことになる。

最初にも書いたけど、6時ごろから急に空が夜みたいに暗くなって、当たると痛いくらいの雨と雷。
「最近雨降らないからなー」と、菜園よりもさらに奥にある水道と通路、ジョーロ片手に何往復もして水やりしたあとだっただけに徒労感百倍。(´;ω;`)
でもま、庭木やお花ちゃんたちにはプールにでも来たみたいで良かったとは思う。
通路の花、あまりにも雨が降らないので地植えでも枯れかけてるものとかあったし。
今日、屋外のお手入れはかなり出来たので、明日は玄関周りや居間のグリーンのお手入れをするつもり。観葉植物、たくさん買ったのはそういうわけ。
ハイビスカスも植えないと。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





2017.07.16 | | ガーデニング

猛暑でも爆買い

午後から「爆買いツアー」に出かけた。
もちろん花苗の、である。
車の中はサウナ。ハンドルは「よく溶けないな」と思うほど。
あまりに暑くて家から出ないのか、それとも皆海や川や山にレジャーに出てしまったのか、心なしか道を走る車の数も少ない。
それはお店も同じで、どの園芸店も驚くほど閑散としていた。
客が多けりゃ多いで暑苦しいが、静か過ぎるのもなんだか気だるさが増して息苦しい。何よりこんな日にまんまと来てしまった自分がいかにも「ほかに行くところなくて」感丸出しでちょっと切ない。
いいのだ、実際行くところなんてねーし!ヽ(^◇^*)/
運のいいことに、どのお店も品揃えはよかった。
客が少ないからかむしろいつもより多く苗が残っていて、選びたい放題。
結果・・・。

暑さも吹っ飛ぶくらい買った。
花苗60株くらいと観葉植物、ハイビスカスなどなど。
たまたま一軒のお店で、24株で○百円という大安売りをしていて、安苗一年草が大好きな僕には嬉しいサプライズだった。
お店の人も暑さでもうヤケクソになってるのかもしれない。
実際、この時期店番するのは大変だ。
僕が行くようなお店はそんな洒落たお店じゃないので、窓は開けっ放し、冷房はなく扇風機だけ。地面は土。蚊も出るし、屋根は採光のためガラスか透明のトタンなので外とほとんど変わらない。客である自分たちも汗だくだが、お店の人はそんな場所でもせっせと花がらを摘んだり水をまいたり値札をつけたりしないといけない。
もっとも、さすがに今日はどの店主もパイプ椅子に座って空を見ているだけだったけど(笑)
無理もないね。
というか、「お前らもよく来るな」と呆れられているかもしれない。

今日はゆっくり休んで、明日はガチンコ☆ガーデニング・デイ!
気温が何度だろうと日が暮れるまで「庭にいます。」
夏の「胸キュン☆アホ庭」目指してがんばりまーす。く(^ー゚)ノ

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産廃専門の行政書士

2017.07.15 | | ガーデニング

ワサワサ

なんだかんだ、庭を眺めているとそれなりに変化がある。
ブルーベリーの実が熟していたり、

その下ではバラが返り咲いていたり。

それにしても、わざわざこんな暑い時期に返り咲かんでも。。。

門扉の前の花壇。

いつもは通路側から写真を撮っているけど、今日は反対側から。このアングルのほうがなんかゴージャスに見えるな。
縁取りも見えないしもう何がなんだか分らないけど(笑)
手前でモコモコになってるのはユーフォルビア。

枯れたのか暑さで干上がっちゃったのか・・でもそのかすれた感じがなんかグッド。

最初、この花壇は庭の入り口に位置するということもあり、ジギタリスやルピナス、リアトリスといったオサレな宿根草をメインにした上昇志向溢れる花壇にするつもりだった。実際ルピナスもジギタリスも植えたし、そのほかなんとなくレアっぽい、ちょっと値の張るお花ちゃんは大抵ここに投入した。
しかしルピナスもジギタリスも消え(僕が消したという噂もあるが)、最初に植えたもので今でも残っているのはリアトリスとルドベキアくらい。あとシロタエギク。ユーフォルビアは去年植えたものだ。
最初の頃、寂しいのでアイビーとラミウムを植えたらアイビーとラミウムだけの花壇になりそうなほど茂った。焦った。
去年それらを短く剪定して、茂ったところをスコップで丸くくりぬき、そこに安苗をボンボン植えていった。そしたらなんとなく形になった。
花壇は土が見えないほうが賑やかな感じが出ていい。
花壇というより、ひとつの大きな寄せ植えを作るようなイメージ。
むろん、そんなのは結果論で、うちの場合はたまたまそうなっただけである。
でもまたいつか花壇を作ることがあったら、僕はこの花壇でつかんだスタイルで作るだろう。

何だかんだ言って気に入っているのだ。

同じ人間が作るからか、通路も似たようなもんで、

とりとめがないというか、とにかくワサワサ。
ワサワサの上に花が点々と咲いている。

そういうスタイル。

庭を造るのも、庭を語るのも楽しい。
明日から3連休なので、また花苗を爆買いしてパーッと植えますかな。(^^)/

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





産業廃棄物の許可 行政書士

2017.07.14 | | ガーデニング

のびしろ日本一

静かに暑い午後3時、郵便を出すついでに銀行へ行き、少し買い物もして、通路を上がり、倒れこむように玄関に。
荷物を置き、ほんの2分、クーラーの下で休んでから汗かきついでに庭に出た。
野菜を収穫するのと、水をやる為だ。

熱中症対策のためにはこまめに休息しながら、のほうがいいのかもしれないが、一度クーラー様の恩恵にあずかってカラダを冷やしてしまうと、もう一度「戦闘モード」へ自分を高めるのはなかなか難しい。
蚊に刺されたくないので半袖のYシャツの上から長袖をまとい、作業用のチノパンを履いてのプチ作業。かなり暑いが、蚊に刺されるよりはマシ。(それでも顔面を刺されまくったけど)
とりあえず獲れ頃の野菜を収穫。

きゅうりがハイペースで出来る。。。
奥さんが頻繁にぬか漬けにしてくれているが当然、それだけでは食べきれない。今日は冷やし中華で消費しました。タマゴ3:ハム2:きゅうり5の冷やし中華で!
それから伸びたトマトの脇芽かき&誘引をして、水やり。

不思議なことに庭の中で体を動かしていると暑さが苦じゃなくなってくる。
街中だと日陰に突っ立って信号待ちをしているだけでも耐え難い感じがするのに、庭の中だと重たいジョーロを持ってあちこち歩き回ったり、アクロバティックな姿勢でオクラの葉を掻き分けて実をハサミで切ったりしていても、「耐え難い」なんて思わない。庭の外と内での、己の精神状態の差だろうか。
しんどいなと思っても、思い出したように時たま庭木を揺らす風を見上げているうちに、しんどさを忘れている。
心地よさが、疲れに勝つ感じ。
もっとも、水分補給だけはマメにするようにはしている。
カンカン照りの酷暑の中、数時間ぶっ続けで園芸するときは、二時間に一回くらいのペースでウッドデッキに腰掛けて10分ほど冷たい飲み物を飲みながら畑を眺める。

今日は40分ほどで切り上げた。急ぎの仕事もあったので。

ちょっと庭に出ただけで気になること、「こうしたほうがいい」と思うことがバンバン出てくる。
関係ないけどこの前水戸に行った時、茨城県の県の広報ポスターに
「のびしろ 日本一」
と書いてあった。
震えた。
物は言いようとはこのことだが、そんなツッコミさえ百も承知で高々と宣言している感さえあった。
その「茨城マインド」でわが庭を見回すと、もうワクワクしか感じない。のびしろしか見えない。
足りない、出来ない、なってない。
大いに結構。

「のびしろ」のない庭なんてつまらないからね。
庭は無限大であるがゆえに、庭づくりも終わりなき夢。
終わりなき幸福。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






行政書士 産業廃棄物 許可

2017.07.13 | | 園芸コラム

加計学園問題から見えること。

「加計学園問題」とは、時の首相が、親友が理事を勤める学校を特別扱いして、認可を与えるなどの便宜を計ったのではないか?
という問題だと思っていた。
マスコミがそういうアングルでしか報じないから誰もがそう思っている。
でも実際はそんな単純な問題ではなかった・・・・ということが10日、閉会中審査のなかで明らかになった。
元愛媛県知事・加戸守行氏の答弁だ。
ハッキリ言って、この40分あまりの答弁を聞けば、誰でも「問題なのは安倍でも加計学園でもなく、メディアだ」と思うだろう。
国民がこの問題を考えるに当たって必要な<前情報><経緯><背景>というものが、いかに我々に与えられていなかったかが、わかる。
それをもっと早く言ってくれれば・・・という気持ちにさせられる答弁だ。
テレビでは報道しないので動画を貼っておくが、再生する前に以下の点を頭に入れておくと分りやすいだろう。

○ 世界中で鳥インフルや狂牛病など家畜伝染病が多発。獣医師の存在意義がかつてないほど高まっている。
○ しかし日本では獣医学部も獣医師も慢性的に不足している。
○ にもかかわらず日本獣医師会は獣医学部新設に反対し、国もそれを問題視するどころか岩盤規制をしいて日本獣医師会にお追従している始末。
○ 前川前事務次官は「獣医師は足りている」という立場(=学校を作らせない派)
○ 元愛媛県知事のネバーギブアップ精神を見かねて(?)政権交代後、民主党が動き、獣医学部新設のため頑張った。
ではどうぞ。



せっかくUPしたが、恐らくこれによりマスコミは加計学園問題を捨てるだろう。
これ以上深入りすれば「なんでこんな重要な話を報道しなかったのだ」と自分たちに矛先が向くからだ。
今後、テレビでギャーギャー言うことはなくなるだろう。
散々騒ぎ立てておきながら、最後は「え?そんな問題あったっけ?」みたいな顔で
美人韓国人ゴルファーのスカートの丈がどうのとかに時間を使うようになるのだ。
そう思うと、こうしてネットがあることを本当にあり難く思う。
自民党も自民党だ。なぜもっと早く正々堂々と真っ向からこういった経緯を説明し、否定しなかったのか。
やはりちょっとだらしない。


今年はトマトが豊作なうえにちゃんと赤い。
早めに植えたのがよかったのかな。

☆⊞ クリックしてもらえると励みになります ⊞☆


よければこっちもお願いしまーす。m(__)m 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







解体工事 登録 行政書士

2017.07.12 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム