今年もジャガイモ逆さ植え。

ジャガイモ植えました。

ジャガイモだけはなぜか毎年豊作なので必ず植えている。ナス科のジャガイモは連作障害が出るので去年とは違う場所に。ローテーションで畑をぐるぐる。。。
普通は芽の部分を上に向けて埋めるが、うちは逆で、芽を下にして埋める。そうすることでたくさんイモが獲れる、と、ある本に書いてあったのだ。

そしたら去年はこんなに獲れた。

最初の画像と同じように10個か11個のタネイモを半分に切って植えてたと思う。(↑これはキタアカリだけど)
今年はダンシャクで挑戦してみる。
たくさん出来るといいなー。

これはフクシア。

冬越しさせるために裏の勝手口(屋根と壁はあるが戸外)に置いておいたのだが、葉っぱは枯れ果て、やっぱちゃんと家の中に入れないと冬越しは無理か・・・と諦めていたら、最近になって下のほうから葉っぱが出ていることに気づいた。

生きている。
それだけのことがやけに嬉しい。
こんな小さな葉っぱの赤ちゃんでも、人に与える感動はけっこう大きい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2017.03.21 | | 家庭菜園

ささやかな収穫の秋

うちのサツマイモはみんな、変な場所に植えられている。
ポタジェの隅っことか、ダイダイの横とか、

ウッドデッキの脇の、グラハム・トーマスの株元とか。

畝になってない。一坪菜園みたいな感じで飛び飛びで置いてある。
奥さんがサクっとスコップで耕して苗を挿しただけである。

そんなヘンテコな場所だからイモもヘンテコである。

タマネギみたいな形のもあるし。。。
しかしこんな不細工で寂しい収穫量でも、土を掘ってるあいだはけっこうテンション上がった。
スコップをさしてボコッとすくいあげたとき、黒い土のなかに鮮やかな紫色が見えたときの期待感。
奥さんと二人、「お!」「あ!」「キター」とアホみたいに一喜一憂しながら小さな芋畑をほじくり返していった。
不思議なもので、たった1個でもサツマイモらしいサツマイモが獲れると、もう8割がた満足している。「来年もやろう」と思う。

柿の木に最後の数個の実がついていて、奥さんが無言でハシゴを柿の木に立てかけ今にも上ろうというところだった。

猿カニ合戦の猿に見えたので「やめろ」と制止して、僕がのぼり、枝ごと最後の実を切り落とした。
奥さんはスーパーで柿を見るたびに食べたい食べたいと思っていたらしい。
「でも自分の家にあるのに買うのも馬鹿らしいじゃん?だからずっと我慢してたの」
奥さんは柿が好物である。
柿じゃなくても何でも食べたがる。

僕は柿は苦手だが、このまま鳥のエサにして終わるのもなんだか寂しいと常々思っていたので、この手で収穫できてよかった。

やっと花苗も植えられた。

通路にウィンターコスモス4株、パンジーをいくつか。

ノイジーな平日の砂の上に浮かんだ、プリンみたいなホリデーだった。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


 出来たらこっちもお願いします・・・。 
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.11.03 | | 家庭菜園

茹でピー&風見鶏復活!

塩茹でにした落花生。うちのポタジェ産。

生の落花生を茹でて食べられるなんて、家庭菜園ならでは。市販のはもう炒ってあるからね。

程よい塩加減が落花生の甘みを引き立たせて、食べるの止まらなかった・・・。
殻が厚いので枝豆みたいに剥いたら中で虫が仮眠中・・・なんてハプニング(トラウマ)もない。
場所も大して取らないし、ウチみたいな害虫天国&日当たりの悪い庭でも放置(本当に放置だった)で出来たんだから、普通に家庭菜園してる人なら誰でも出来ると思う。プランターでもいいし。。オススメです。

そうそう、風見鶏(そういえば鶏じゃなくてトナカイなんだけど)、復活した。

日曜日に新しい2×4材に塗料を塗って、作り直した。
これでいつものポタジェに戻った。

ずっと折れたまま小屋に立てかけてあったのですっきりした。

マリーゴールドは秋に恋する。
僕は月曜なのにもう金曜が来たような気がしている。

親切な十月の風が燃えるゴミの日の朝の僕の背中を押す。
どんなニュースも砂にしか見えない月曜日
ビニール袋
6枚切りのホテルブレッド
腫れぼったい自分の顔
こんな顔でも
見ると眼が覚めてくる。
自分の顔を見ると眼が覚める。
「ああ今日もコイツを演るんだ、コイツになるんだ」と思うからだ。
タオルから顔を上げたら、今日という日の時計が回りだす。
マグカップにお湯を注いで
おなかに火を点す。
窓辺に立って、朝の日向に腕を透かして
青みを増した空に
鼻歌を捧ぐ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.10.24 | | 家庭菜園

サタデー・エンゲー~落花生の収穫とか~

昨日、出かける前にある「異変」に気付いていた。
落花生の中央部分が不自然に窪んでいたのである。

まるで小動物が寝転がってダンスしたみたいに。
まさか・・・と思って掻き分けてみると、落花生がいくつか掘り起こされて外にむき出している!
おいおいおい。

しかもよく見ると足元には殻が。。。盗み食いのうえに散らかして帰るとはーー!
一体何者だ。マナー悪すぎだろ。
タヌキ?鳥?ネコ?イタチ?
まあネットもせずに放置していた自分も悪いんだけど・・・まさか落花生が食害に遭うとは。。。後の祭りだがとりあえずネットを被せておいた。
動物というのは賢い。
ヒトがそろそろ収穫しようと思っているタイミングでちゃんとやって来る。機を逃さない。

で、今日。
動物のエサにするのも癪なので思い切って収穫!
じゃーん。

けっこう出来てたー。動物も食べるのが面倒だったと見えてそんなに荒らさなかったんだね。ホッ。。。
ビギナーズラックで大成功ってとこかな。
追肥も土寄せもせず、ポット苗買ってきてただ雨に任せて放置していた割にはよく出来たほう。。ウチでも出来るんなら来年はもっとちゃんとやろうっ。

ところで落花生ってどうやって食べるの?
奥さんが調べて、「塩茹で」にするか「炒って食べる」。
「炒って食べるには2週間くらい乾燥させないといけないみたいよ」
てことで乾燥。

そういえば千葉に住んでいた頃、八街近くの友達の家に行く途中、畑で落花生が束になって天日干しされているのを何度か見た。
画像検索してみた。 ↓そうそう、これ。

この風景。バイクで走りながら「もしかして落花生??」って思ってたわ。
まさか10数年後に自宅の庭先に吊るすことになるとはね。

人生というのは分からない。17歳の自分に「お前はお庭をお花さんでいっぱいにするようになるんだよ」って教えたらきっと絶望するだろう。
でもこの道が正しかった。後悔はない。

ダイコンも発芽したし、

ニンニクも無事発芽。


落花生のあとはツルバラ(ピエールドロンサール)の誘引。
お隣の家の壁に付きそうなほどコースアウトしていたので。。。

トゲに顔面バシバシされながらなんとか誘引完了。。。

このまま小屋の屋根伝いに花を咲かせる計画。

ショウガも出来ていたので収穫した。小さい紫色のヤツはサツマイモ。出来損ないの。

生の落花生でも圧力釜を使えば簡単に塩茹で出来るそうなので、やってみる。

今日は久しぶりに庭で遊べてスッキリした。

今日は野菜中心だったので明日は花を植えよう。

風見鶏の再建もしなきゃね。(面倒なので頭の中の掃き溜めスペースに押しやられつつある・・・)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.10.22 | | 家庭菜園

いとしの落花生

今日はまあまあいい天気だったので久しぶりに庭作業した。
オクラがあった場所を奥さんが耕してくれたのでここに大根の種をまいた。どう頑張っても8本分くらいのスペースしかなく、それも全部成功する訳がないから・・・まあ、取れて5本。。かな。。

それから、ピコーン。

試しに見てみたら、落花生出来てたー☆

落花生の実の成り方はユニークで、子房柄(しぼうへい)と呼ばれる根っこのような触手のようなものが茎から生えてきて、そいつがウニョウニョ土に向かって伸び、

土の中で落花生を作る。

(↑画像検索で見つけた絵。なんかシュールで好き)

本当は定期的に土寄せや中耕や追肥が必要なのだろうが恥ずかしながら我が家の落花生は超完全放置栽培である。

中耕も何も、こんなジャングル状態でどうしろってんだって感じなんだもん。
殻の表面のシワがハッキリ確認できるようになったら収穫適期だそう。うちのはまだツルンとしてるからあと半月待ってみようかな。

ナス、トマトを撤去した。

例年ならトマトはともかくナスはまだまだ行けるのだけど、今年は極端に日照が少ないし寒いから全然ダメ。ただでさえこの場所は日当たりが悪いのにこんな天気ばかりじゃ到底秋ナス三昧なんて望めない。9月に入ってからも1~2個しか収穫してないし。
寂しくなるけど、しょうがない。

あーあ、連休もあっという間に終わっちゃったな。

風見鶏を立て直す余裕はなかった。。

明日からまたてんてこまいエブリデイの始まり。
ナッツのように横になって、土の中で静かに読書でもしていたいわ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.10.10 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム