■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
ロックなリースの寄せ植え~PRINCE~

きのう、百円で出来る特大リースの作り方(コチラ)を紹介した。これは、そのリースを使って作った作品。

作品No3:PURPLE SNOW


     
     



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

使用した苗
ハボタン
パンジー
黒竜
シロタエギク
リシマキア(ミッドナイト・サン)
スウィートアリッサム
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前作のガンズに続き、今回も懲りずに「ロック」と「園芸」をフュージョンさせた。モチーフは言うまでもなく、プリンス。
プリンスと言えば「紫」、そして「ゴージャス!」である。となれば(時期的に)メインに使う苗は葉牡丹以外に考えられなかった。店に置かれている葉牡丹でもそれぞれ個性があって、首の長いものもあれば、逆にずんぐりしているものもある。(最近では「ラメ入り」なんてのもある!)今回はメリハリをつけるために色の濃い小さな葉牡丹と、葉が大きく、ダイナミックな葉牡丹を使った。特に大きな葉牡丹のひらひらした葉は、プリンスのスカーフやフリルの袖を思わせる。
スウィートアリッサムは、一株はそのまま植えつけ、一株は思い切って3株に株分けし、隙間に散らすようにして植えつけた。ナイフも使わず、ほとんど力ずくで株分けしたので駄目になるんじゃないかと思ったが、翌朝見ても平気な顔をしていた。植物は本当に強い。
ところで、画像にも映っている「パープルレイン」のレコード。ジャケットをよく見ると、いたるところに植物が散りばめられている。表面ではバイクに跨ったプリンスを挟むように両サイドに、裏ジャケでは全面に。それもマーガレット、菊、ダリア、スターチス、バラ、アネモネ、チューリップ、グラジオラス、蘭、ユリなど、多種多様な植物のイラストがまるで図鑑のように描かれている。(長ネギらしきものまで転がっている)10年以上手元に置きながら全然気付かなかった・・・。
しかしこれらの花たち、あまり元気がない。葉はしおれ、ぐったりしている。
摘み取ったあと二時間くらい放っておくとちょうどこんな具合に萎びてくるのだが、なぜもっと生き生きした花にしなかったのか・・・。
僕の推測では、これはおそらくプリンスを愛し、そしてそれゆえ深手を負ってしまった哀れな女たちの姿を表しているのではないかと思う。劇中でもプリンスは、小悪魔を通り越して愉快犯に近い「俺様恋愛道」を貫いている。
土に植わっている花でなく、切り取られた花であることも、それを物語っている。
この花たちは咲いているのではなく、泣いているのだ。
「俺に惚れたらこうなるぜ」―・・・何でもないように見えるジャケッの背景にも、プリンスのメッセージが隠されている。

クリックしてもらえると励みになります。
br_decobanner_20111026014412.gif




100円で出来るリース | 11:48:51
特大ハート型リースの作り方

昨日ハート型のリースプランターの作りかたを紹介したが、今日は昨日のものより一回り大きい、特大リースプランターの作り方。昨日のリースは直径約30センチ。今回(画像→)は同じ百円のゴミ箱を使った、それより10センチ大きい40センチのリースだ。
ハートにするだけでも大変なのに、それをさらに大きくするわけで、その分難易度も高くなる。力が要ります!
(一番簡単なリース(◎型)の作り方はコチラ

作り方

   ①百円ショップ(キャンドゥ)の網目のゴミ箱、ニッパー、ペンチ、マジック、そして今回は針金も使う。
   ②ニッパーで網目を切り、底抜けにする。
   ③こんな感じ。
   ④指などを切らないように、切ったところをハンマーで叩いておく。
   ⑤円周を測り、半分のところ(両端)に印をつける。
   ⑥印をつけたら一方を山折り。(ハートの下の窪みになります)
   ⑦もう一方を谷降り。(ハートの上の窪みになります)
   ⑧ハートらしくなってきた。
   ⑨上部の枠をニッパーで切り取る。
   ⑩こんな風に。
   ⑪立ててみて、窪みのところに筋目を入れておく。
   ⑫針金を用意。
   ⑬この針金はハートの外枠の芯になります。底部のハートより9~10センチ大きいハートを針金で作り、両端をねじってとめておく。
   ⑭切りっ放しになっている方を、ぐいーっと両手で思い切り引っ張り、網目を伸ばす。これを一周する。
   ⑮ある程度、広げた状態を上から見たところ。薄いピンクの部分だけ網目が伸びたということ。
真横から見るとラッパ状になる→
   ⑯広げた網を、外側に折り曲げる。
   ⑰ひっくり返して、上に向ける。
さらに外側に広げ、⑬で作った針金の枠がちょうどすっぽり収まるくらいまで頑張る。
   ⑱小さなハートと針金のハートの窪みが合うように気をつけながら、切りっ放しの縁を、1~2センチ折り曲げて、針金を包み込むように留める。
   ⑲何度かひっくり返したりして、内側のハートと外側のハートの高さが合うようにして、形を整えていく。(ポット苗が収まるように深さを作る)
   
☆☆☆完成!☆☆



土がこぼれないよう、前回と同じ要領で麻布をつければ、見た目もgoodになる。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


shop_here.jpg



100円で出来るリース | 20:33:11
ハート型リースプランターの作り方

先日、リースの寄せ植えをアップした際に枠の作り方を省略してしまったので書いておきます。
 
基本的には以前紹介した丸型のリースと作り方は同じだが、丸いものをハート型にするわけで、三倍くらい難しくなる。時間もかかるし、力も要るし、自分で言うのもなんだが、根性のあるヤツだけがトライできるリースだ。まあいいや、とりあえず Let's do it!

①百円ショップ(キャンドゥにある)の網目のゴミ箱、ニッパー、マジック、ペンチを用意。
※軍手は必ずしてください。
 ②円周を測る。
   ③半分のところに印をつける。
   ④ニッパーを使って上から25~6センチのところで切る。
 →参照
   ⑤印のところをペンチで谷に折り曲げる。
   ⑥こんな感じ(ちょっとずれた )
   ⑦もう一方の印を山に折る。
   ⑧ペンチとか手でハートの形を整える。
   ⑨切った方(底部)を内側に引き込む。そしたらハートの形になるように整形する。折り重なったところはやさしくトンカチで叩いたりして平らにする。
   ⑩こんな感じになるまで頑張る。
   ⑪やっているうちに枠が切れちゃった(泣)。こうならないように注意!
   ⑫針金で補修(焦)。
   ⑬内側のハートを整える。
   ⑭外枠と高さを合わせて、内側のハートの縁を外側に折る。
   ⑮ハートのリースの完成!!
   ⑯内側に麻布をつけます。麻ひもと、ひも通しを使います。
   ⑰ひもを通す。
   ⑱外枠に縫いつけていく。
   ⑲内側にも縫いつける。布の幅は適当に調整してください。


☆☆☆ 史上最安値(百円)のハート型リースプランターの完成!! ☆☆☆



何が大変って、ハートの形を決めるのが難しい。トップの窪みとか・・・。でも出来るとうれしい。それに、ちょっとくらい形が崩れていても、苗を植えちゃえば分かりません。
これを使って制作したリースが、先日紹介したコレ↓



☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


shop_here.jpg

100円で出来るリース | 20:05:26
手作りのリース・第2弾

手作りのリース、第2弾はハート型。前回は男っぽいリースだったので、今回はフェミニン(?)なリースにした。例によってリース枠は百円ショップの網目のゴミ箱。

作品No.2:Mrs.Robinson






使用した花
・・・・・・・・・・・・・・・
ミカニア(デンタータ)
ポインセチア
四季成りイチゴ
ムラサキオモト
カルーナ
リシマキア
ジュリアン
・・・・・・・・・・・・・・
作品名の「Mrs.Robinson」は、サイモン&ガーファンクルの有名な曲から。映画「卒業」で主人公を惑わす人妻、ロビンソン夫人のテーマとして記憶している人も多いと思う。トップのミカニアからのぞくリース枠の「Vの字」が、ネックレスをした女性の胸元に見えたのでこの名が浮かんだ。また、ゴージャスでいながら気品を残すムラサキオモトの大人びた感じ、赤・白二色のポインセチアのコントラストが、情緒不安定なロビンソン夫人を彷彿とさせる。
ところで、このリースを作っている最中に、通りがかりの男の子がうちのコスモスを見て「きれいだ」と言うのが聞こえた。道路の脇に種をまいて放ったらかしにしておいただけなのだが、そういえば前にも小学生くらいの小僧どもがうちの庭を見て何か言っているのを聞いた。別に耳をそばだてて待っているわけではないが、庭にいれば聞こえてくる。
同じ年ごろの女子もよく通りかかるが、女子は何も言わない。女子のほうが反応するような気がするが、スルーである。多分年頃の女の子は花は見るものではなく、男からもらうものだと思っているのかもしれない。それとも、自分を「花」だと思っているから、自分以外のきれいなものに関心がないのだろうか。「花より団子」を「花より男子」ともじった少女漫画があるが、案外そんなものなのかもしれない。
男の子は単に、きれいなものが好きなんだろう。花でも、女でも。
だから「高嶺の花」を手に入れようとする。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


shop_here.jpg


100円で出来るリース | 19:46:34
ロックなリースの寄せ植え~GUNS N' ROSES~

先日紹介した「百円のリース」を使って、今回は男臭いリースの寄せ植えに挑戦した。言うなれば、ロック野郎の、ロック野郎による、ロック野郎のためのリース!



作品名:Welcome to the jungle

昨日、銀色に塗装したおもちゃの鉄砲の使い道はこれだったのだ。
全くの門外漢の人のために言っておくと、真正面に書いてある通り、これはガンズ・アンド・ローゼズというバンドをイメージしたリースである。ミニバラは説明不要として、両サイドの黒竜でハードロックのうるささを、ミカニアでイジー・ストラドリンのルーズさを、シロタエギクで「ユーズ・ユア・イリュージョン」以降の金属的な音楽性を表現!!・・・したつもり。個人的には上出来。特に百円ショップで買ったおもちゃのピストル。ラッカーでスプレーしただけでモデルガン並の光沢を放つようになったのは驚天動地。

愛用のベースとミニアンプと。



ちなみに、バンドネームの入ったプレートはステンシルで。

①気に入ったフォントをコピー用紙などにプリントアウトして、貼って剥がせるスプレーのりを吹きかける。のりが乾くまで少し待って、任意の場所に貼りつけたらカッターなどで文字を切り抜く。



②30センチくらい離してシュッシュと数回に分けてスプレーする。(近距離から一気に吹くとにじむので注意)
スプレーしたら乾くまで待つ。(1時間も待てばOK)



③ゆっくり丁寧にはがすと、はい、出来上がり。



こんなぼろぼろの木じゃなくて、もっとちゃんとした木やボードに「Welcome」とか「Merry Xmas」とかスプレーして玄関にぶら下げるのもいいかもしれない。

園芸店でミニバラを見て「あ、ガンズのリース作ろう!」とひらめきに任せてやったのだが、実際作ってみて気付いた。意外にガンズって園芸と相性がいいぞと。
でもよく考えればそのはずで、ガンズは今でこそ「ヘヴィー・メタル」「インダストリアル・ロック」のイメージが濃くなってしまったけれど、当初はブルースを基礎とした泥臭いロックンロール・バンドだったのだ。骸骨のジャケットとは裏腹に、その出で立ちはカウボーイハットにスカーフ、皮のブーツといった、まんまカントリー・スタイルで、特にボーカルのアクセル・ローズなどは、畑の隅に置いてあるオンボロのトラクターに寄りかかってタバコをふかしていてもおかしくないような、そんな田舎臭い雰囲気があった。サウンド自体も、柔らかかった。
だから園芸のような有機的な分野とも調和するのだろう。

今までの人生のかなりの時間をロックに費やしてきたガーデナーの一人として、これからも引き続き「ロック」と「園芸」をフュージョンさせた寄せ植えやリースを制作していこうと思う。

↓こういう人たちだっているわけだし・・・。






クリックしてもらえると励みになります!
guns_ba






100円で出来るリース | 21:51:32
前のページ 次のページ