福島のカフェにて。

おととい、福島に出張だった。

稲穂はもちろん、街路樹もさいたまより少しだけ紅味を帯びて見えた。

空いた時間に福島市内の園芸店をハシゴ。

パンジー、余裕の68円。しかも株がでかい。

よっぽど買って帰ろうかと思ったが植える時間がねー。(T_T)
同じお店に面白いディスプレイ(?)があった。

丸い大きな鉢に支柱を立ててネットを張り、オベリスク風に風船かずらを仕立ててあったのだ。
風船かずらというとゴーヤのようにカーテン状にするか、そのままフェンス等に絡ませるのがベターだが、こういう飾り方もあるんだね。

来年、真似しよ。(置くとこないけど。。)

昼は福島市内のカフェ「MILK little garden room」というお店で。

こういうカワイイお店に入るとつくづく、
「ウチ、ダメだな!」って思う。

つい自分の家と比べて頭の中がごぉぉぉぉぉ!ってなる。
思索の砂嵐であり、劣等感という名の滝壷が放つ音でもある。
まあ、お店はお店、居宅は居宅。
ここのオーナーさんの部屋だってむちゃ散らかってるかもしれない。脱ぎっぱなしの靴下とか転がってるかもしれない。超地元のスーパーのレジ袋がゴミ箱の縁からベロンってなってるかもしれない。
そうでも思わないと同じ人間と思えないのである。
もっと頑張らないと。

僕はベーグルセットを頼んだ。


奥さんはたらこスパゲティ。

ケーキ・ドリンク付き。

いや違った、でかいケーキとドリンク付き。
この店の素晴らしいところは出てくる料理がどれも普通より「ちょっと大きめ」「じゃっかん多め」なところ。
都会風のお洒落な内装なのにサービス旺盛で気取ってない。むしろ田舎盛り。
玄人ぶったレストランに入ると、よく「ちょっと少ない」パスタが出てくることがある。やけに皿が大きく見えるようなやつだ。
おなじ「ちょっと」でも、少ない場合は異様に腹が立つ。いや、少ないだけならまだいいのだ、それで味がやたらと薄かったり具がシメジだけだったりするから腹が立つのである。
逆に「キモチ多め」でしかも味が美味しいと「リピ決定」になる。
かように人の胃袋は釈迦より正直で鬼より怖い。
飲食店経営は技術云々以前にメンタルの強さと度胸がないと続かないと思う。
おまけに今の時代、クチコミサイトの運営から点数を上げて欲しけりゃあれをしろこれをしろと脅迫まがいの要求まで突きつけられるとか。

出張で意外に面倒なのが「どこで何を食べるか」。。。
これまで福島に来るたびに通っていたステーキ屋さんが潰れてしまったので、新しい行きつけのお店が見つかって嬉しい。

また台風で雨降りオータム続くのかな。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.10.06 | | トラックバック(0) | 行ってみた

半端な時期の旧古河庭園

東京都北区にある、旧古河庭園へ行った。

ジョサイア・コンドルによる洋館と、春には満開のバラが咲き誇る庭園があることで有名な「東京の隠れた名所」である。

学生時代、よくこの辺をウロウロしていたので以前にも来たことがあるが、その頃は頭の中は女の尻とロックと女の尻でいっぱいのアホだったからバラはおろか植物一般に興味なし。なぜか大名庭園は好きだったが(都内にはたくさん大名庭園があるのだ)、それは雰囲気が好きなだけであってそこに植えられている個々の樹木や草花など気にも留めなかった。
しかし今は違う。
少なくとも学生時代より植物には詳しくなったつもりである。
今の目で見たらどう映るだろう?という興味もあってやってきた。
偶然、今日は「都民の日」とかで入場無料だったのはラッキーだった。
埼玉県民だけどね!

チラホラ返り咲いたバラもあって、ちょっと得した気分。

やっぱ少しは花も見たいよね。

古河庭園の特徴はバラの洋風庭園の下に回遊式の日本庭園もあるところだ。

中途半端な時期に来てしまったが、紅葉シーズンにまた来よう。きっとすごく綺麗だろう。

歩いていたら、

足元、すごい数のドングリ!ドングリだらけ!

と夫婦で騒いでいたら
「ドングリじゃないよ」と声がした。
振り返るとひとりの60代くらいの女性が背中を曲げて地面を漁っている。
「シイの実だって」
と教えてくれた。
「食べられる、ドングリみたいなエグみがないんだ。私もさっき人に教えてもらったんさ」
彼女は歯で殻を割るとペッと吐いて、中の白いやわらかい実の部分を口に入れた。喋りながらそれを繰り返す。何度もペッペッと唾を吐く。このおばさんは「私も埼玉。川越の向こう側から来た」と言っていた。都民の日ばんざい。
視線を上に向けると巨木がこちらを見下ろしている。シイの木かしらん。

一つ拾って皮をむいて、食べた。

たしかに、食べられる。食感はピーナツに似ている。

そんなこんなでけっこう楽しめた。(無料で)

ひとつガーデナーらしい感想を言うと、バラの植え方が退屈である。

シンメトリックな西洋庭園なんてこんなものだと言えばそうだが、一列に整列させるより株元にコンパニオンプランツを植えるなどしてもっと花壇らしくしたほうが温かみが出るだろう。

事務的なバラは見るほうも事務的になる。
こんな感想は学生時代にはまず持ち得なかっただろうと思うと
何やってんだ俺
と、思わぬでもない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.10.01 | | 行ってみた

長野の爆安苗。

今朝はホテルでお目覚め。

今日は丸一日、信州にいた。
カーテン越しに見えた青空も雲も山の稜線も、あまりにくっきりしすぎていて現実のものとは思えなかった。絵か、CGのようだ。
伊那市の風景。

こんな青空を見るのは何日ぶりだろうか。

見ていると心臓の裏側まで乾きそうな空。収穫を待つ、黄金色に輝く稲穂。
この、無造作にとんでもない旅情を部外者に与えるところが長野の特徴である。

首都圏からそう離れてもいないのに、すごく遠くまで来た気がするのだ。

長野に来た時は、スケジュールが許す限り必ず善光寺さんに参ることにしている。

まったりとした、やさしい時間の流れる寺である。


こういう所にも参った。綿半というスーパー兼ホームセンター。

外の園芸コーナーを物色していたら、
セーンテッドゼラニウムが

28円とかで・・・

いくら非耐寒性だからって下げすぎだろと笑っていたら
僕の好きなユーホルビアがあった。

47円だった・・・・。(普通、安くても120円くらいする。高い店だと198円くらい)
そのぶん投げっぷりに惚れた。

6株で300円ちょうど。

今日はラッキーデイだ。
ルンルン気分で野沢菜とつぶあんのおやきを頬張りながら高速のICに滑り込んだ。
とさ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.09.27 | | 行ってみた

三重とウミガメとみかん

仕事で三重まで行ってきた。伊勢神宮に行って、それから熊野方面へ。
泊まった宿の部屋からはこの景色。

この宿、実はリピなのだが、そのときは冬で、こんなに海がキレイだったとは知らなかった。
勘弁してくれよ。
もう9月、さすがに泳いでいる人はいないけど、仕事放ったらかして飛び込みたくなる。
テラスには鉢植えのマンデビラ。

来年の夏はここで泳ぐ。決定。
チェックアウト時に受付の人にいつまで泳げるのか訊いたら、別に今でも泳ごうと思えば泳げますよ、クラゲもそんなにいないし、とのこと。
「そういえば昨日、そこでウミガメが泳いでましたよ」
多摩川だの荒川だのにアザラシが出ただけでニュースになる場所から来た人間からすると、なんというワイルドアースな日常。
「てか、何で関東人ってそんな泳ぎたがるん?」
ホテルをあとにし、仕事で顔を合わせた地元の人にあきれられた。
「東京サマーランドに1万人って、どゆこと?」
そういうニュースを見たのだろう。
「しかしここの海は海水浴にもってこいですね。浜辺に人っこ一人いませんが」
「昔は凄かった。特急列車が臨時停車するくらいやった。今はあかん。全然」
「何でですか」
「親が子供を連れて来ん。焼けるのがイヤとか言うて」
「へえー」

そこからさらに南へ走ってたまたま入った道の駅。
なんと・・・(驚)。

むちゃ人懐こいよ。

いやこれならマジで甲羅に乗って竜宮城まで連れてもらえそう。酸素ボンベ背負ってれば。

車を止めて、無人の浜辺に降りた。

こんな場所でたそがれる、キザな時間があったっていい。
たまには。

お土産にみかんを買ってきた。通りかかった御浜町という所は「年中みかんのとれる町」をキャッチコピーにしているのだ。
左が露地物で、右がハウス栽培。直売所のおばちゃんによると、露地みかんは今年最初の出荷分で、正真正銘の初物だそう。

左の露地みかんは「みかんらしい味がするヨ、それが好きな人もいる」と言っていたが。。。


青いし、要するにスっぱいんだろいうなーと思っていたら、これが甘くて、びっくりするほど美味しい。
ハウスのみかんも「甘いだけ」でなく、水っぽくもなく、整った、果物本来の甘さ。エレガントなみかん。
スーパーの安物のみかんじゃ飽き足らなくなるかも。。。。

 ☆クリックしてもらえると励みになります☆ 
banner (47)

 よければこっちもお願いします 。 

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.09.03 | | 行ってみた

8デイズ・あ・ウィーク

実は先週はまるまる一週間、出張である地方へ行っていた。
もったいぶって「アタック25」の最後のクイズ風に紹介すると。。。

初日はここで一泊。

すっごい都会でびっくらこいた!


2日目。
↓「ロマンシング~」といえば・・・?

スクエニと共同で町おこし中!

3日目。
地震の傷跡が街のところどころにまだ少し。

全国の「城マニア」の人たちがたくさん写真を送ってくれたので、石の位置などはかなり正確に分かるそう。


4日目。
すべての仕事を無事終え、観光モードへ。

世界遺産。


最後はここ!


「クッキングパパ」の舞台!(知るかー)

いや、でも分かったっしょ?

さてと、帰るか。。。

ってこの距離。
実はこのあと滋賀(大津)でも仕事があり、そのあとちょっと戻って京都の奥さんの実家へお邪魔したのだった。
そして旅の疲れを癒すどころか庭の草むしりを買って出て無駄に消耗www。

「なんであんたこんなことしてんの?どうせあのひと(義母のこと)気付かへんで」と奥さん。
ちなみにこの日の京都の気温は35度。
(それでも埼玉より涼しいと感じてしまう自分が悲しかった)
「いいのいいの、自己満足だから。そこに雑草がある限り俺はむしるわ!」
外出先から戻ってきた義母はさすがに気付いてくれた。
内心ホッ。
にっぽんの夏、ざっそうの夏。 (=´ー`)ノ
あ、ここでブログ更新しようと思ってたけど義母の家はネットがないし、スマホからテザリングでつなげようと試みるもうまくいかず、結局お休みすることになったのでした。m(__)m

とまあ、そんなこんなで埼玉に帰ってきたのが今朝(日曜日)の朝4時。
一週間ぶりに見た庭の様子はと言うと・・・・
ガビーン。


やめれー。

ちょっと放っておくと自然が暴れだす。やれやれ・・・。

九州は素晴らしかった。もっといたかった。。
もちろん園芸店めぐりもしたのでそれらはまた今度!

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

2016.08.07 | | トラックバック(0) | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム