■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
ギンギラギンに
福島と盛岡に出張だった。福島は寒かった。。
寒いのに外を歩く人、誰もコートを着てなかった!
福島から宮城を通り過ぎ岩手へ。。。
盛岡に近づくにつれて高速道路の道路脇に残雪が見え始め、市内に入るとけっこうちゃんと残ってた。

今年初めて見た雪。

夜は仙台。

どういうわけか冬に東北の仕事がよく入る。今年はないかと思っていたら土壇場になって盛岡の話が来て、帰りに仙台で一泊した。
そんなわけでほぼ毎年見ている定禅寺通りのライトアップ。
しかし金曜の夜だというのに今年は気のせいか人が少なく感じた。
国分町のとあるお店で知り合った見ず知らずの酔客も「ブンチョウ(国分町のこと)もすっかり人が減った」と嘆いていた。
女性と目が合っただけで赤面するくらい真面目な自分はこういうイケないお店が集まったエリアには縁のない人生を送ってきたのでブンチョウのビフォアを知らない。
そういうと酔客はオオゲサに手を振って
「いや、こんなの全然ですって。4~5年前は今日の倍か1・5倍はいましたよ。警察が取り締まり強化して怪しい店が消えたから、客も離れてったよね。それは川崎も同じで・・・」
どうやらここ数年、各地の風俗街で警察による派手な浄化作戦が行われているようだ。
そういえば夏頃、仙台でキャッチ(客引き)が大量発生しすぎて市民が迷惑しているとニュースになっていたっけ。
ちょうどその頃仙台に出張で、確かに昼間から駅前で客引きがウロウロしているのを見かけた。
よほど競争が激しいのだろう。
生き残りを賭けて昼間から駅前まではみ出してきてしまうキャッチとは、まるで山にエサがなくなっ里に下りてくる動物のようである。
しかしビフォアを知らない自分には年の瀬のハナキンの「ブンチョウ」はとんでもなく活況を呈しているように見えた。
人いきれで寒さも吹っ飛ぶくらいであった。
名古屋の栄町も広島の新天地も福岡の中洲も川崎の仲見世通も、自分にはギンギラギンである。
さりげなくないギンギラギンである。
歌舞伎町が一番輝きを感じない。
ブンチョウが新宿にあればいいのにと思う。。(-_-;)
そうすれば<本物の牛タン>がいつでも食える。

仙台の雑貨屋さんで見つけたナチュラル系のしめ縄。

飾りの花がドライフラワーになっている。
いかにもお正月!なお飾りに飽きたらこういうのもいいね。


☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ













行政書士 産業廃棄物 許可

未分類(日常、随筆) | 23:55:19
あせる
今日は宇都宮へ出張だった。仕事のあと餃子も食べずにトンボ帰りは少々寂しい気がしたが色々忙しいので仕方ない。
相変わらず年賀状も手付かず。買ってもいない。マジでヤバイ。
さすがに焦ってきた。
連休中になんとかしよう。。

庭のゼラニウム。揃って咲いてかわいい。

さっき知ったのだが、東京は16日に初霜・初氷を観測したそうだ。
道理で花壇のジニアが枯れていたわけだ。
これから本格的に庭から一年草たちが消えて行くと思うと寂しいがそれも季節の流れ。
冬の厳しさ・寂しさがあってこそ春の歓びも増す。
そういえば今日、宇都宮に行く途中で寄ったSAに寄せ植えがあった。
横から見たら普通のパンジーと葉牡丹の寄せ植えに見えたのだが、近くで見たらセンターに門松と南天がどどーんと飾ってあって笑った。
一般道はクリスマスムードでも高速道路上はもう正月である。

明日は大切なクライアントと有楽町でビジネス会食兼忘年会☆
遠慮しながらもさりげなくガッツリ頂きます!(^^)!

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ












産業廃棄物 許可 行政書士

未分類(日常、随筆) | 23:54:44
皮肉な話
札幌の爆発事故は同じビルのアパマンショプの店員が消臭スプレー120本あまりを廃棄するために穴開け作業をしていたのが原因だったそうな。
札幌市の「ゴミの出し方マニュアル」を読むと、確かにスプレー缶は穴を開けずに捨てろと書いてある。
しかしそれはあくまで一般家庭から出る「家庭ごみ」の話。
アパマンショプなどのような事業者から出るゴミは「事業系ごみ」といって一般家庭から出るゴミとは区別される。
「家庭ごみ」を収集する業者(ゴミ置き場に来てくれるゴミ収集屋さん)は、市と委託契約を交わすが、街の飲食店やオフィスなどから出るゴミを集める「事業系ごみ」 の収集運搬業者は、 それぞれのお店やテナントと契約する。
今回爆発を起こしたアパマンショップも被害に遭った居酒屋も、市内の民間業者と契約していたはずで、もしかしたらアパマンショップはその収集運搬業者に「穴を開けて中身を空にしておいてください」といわれていたのかもしれない。
「穴を開けて中身を空っぽにして捨てろ」というのは常識であったし、業者がそうお願いしていたとしても無理はない。
しかし、窓も開けずに120本ものスプレー缶に一度に穴を開けて部屋中にガスを充満させる阿呆がいるなんて誰も思わなかった。
おまけにそんな同僚を横目で見ながら湯沸かし器に火をつける阿呆がいるとも思わなかった。
それがこの惨劇の最大の原因である。
想・定・外。
バカとハサミはなんとやらである。
ただの消臭スプレーでも、使う人間と使いようによっては爆弾にもなるということだ。
アパマンが悪いと断罪する気はないが、非常識過ぎる。
しかし同時に、皮肉な話だとも思う。
中身を空にしてガスも抜いて捨てようとしていた、というアパマンの行為自体は真っ当であったからだ。
ただ、悲しいことにその従業員が阿呆だった。
そしてマジメ君だった。
僕だったら120本のスプレーを空にするなんて面倒臭いと思う。
面倒臭がって別の方法を考える。(中身が入ったまま処理できる業者を探すとか)
ある意味、正しくゴミを捨てようとして起きた事故だとも言える。

先月、大阪のホームセンターで起きた火災もそういう意味ではまったく同じ構造だ。
あれはボタン電池が発火原因だった。
今回と同じく、従業員が<廃棄するために>一箇所に集めていたところ発熱して火を出した。
廃棄予定の盗難防止タグのボタン電池を取り出して、むき出しの状態でポリ袋に複数入れていたら発火したという。
つまりプラスティック類と金属とを分別して捨てようとしていた訳である。
正しく捨てようとしたがために起きた事故だ。
ボタン電池を裸で一箇所に集めておくと発火するなんて誰も知らない。従業員はもちろん店長も知らなかっただろう。
良かれと思ってやったことが裏目に出た。

両方の事故とも死者が出ていないのが不幸中の幸いだが、改めて「ゴミ」の難しさを思い知らされた。



☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ








未分類(日常、随筆) | 23:55:39
譲られストレス
今日はまた一段と寒さが増して、駅のホームに立っていると電車が来るのが待ち遠しくて仕方がなかった。
雨が降れば雪に変わったに違いない。

今年はリーガーベゴニアがよく咲いてくれる。

今年は・・・というかいつもは最初に買って来た状態から成長しないで、気付くと消えている。。(-_-;)
買った苗が良かったのか、それとも植え方が良かったのか。。
でも1株はいつものようにやっぱり萎んで茎だけになったけど。
何気に難しい。

アリッサムのハンギングも順調にモコモコに。


今日、優先席に座っていたら老夫婦が乗ってきた。
旦那さんのほうが明らかに足が悪そうで杖はついてるわ奥さんに支えられてるわでほとんど条件反射的に立ち上がって「どうぞ」と席を譲った。
それから老夫婦に背を向けるようにして反対側のシートの前に立った。
めったにしないことをした。自分はあまり席を譲らない人間である。
優先席付近だから周りは高齢者ばかりであった。
3駅くらい過ぎた頃だろうか、吊革につかまって立っていた自分の前の席の白髪の老人がふいに立ち上がって自分の後ろの女性の肩をツンツン叩いた。そして言った。
「どうぞ!」
「え」
「どうぞ!」
「いや、、大丈夫です」
微妙なタイミングに微妙な距離の人から突然席を譲られそうになって面食らったその女性は困惑げに遠慮した。
その女性も若くはない。が、70代前半くらいでふくよかで髪は所々三輪明宏みたいな黄色のメッシュを入れているような人である。
譲ろうとしている男性のほうが明らかに上なのである。
「どうぞ!」
男性が4回くらい言ってやっと三輪明宏も折れた。
「じゃ・・じゃあ。。すいません」
緊張で汗が吹き出たらしく、三輪明宏は譲られて席に着くなりハンカチで額をポンポン叩いた。
見ているこっちもなぜか緊張した。
自分の隣に陣取ったその老紳士は吊革に揺られながらさも満足げであった。
多分自分が席を譲ったのを見て触発されたに違いなかった。
何かがこのジイサンの中で噴き出したのだ、、と自分は老紳士を見やりながら思って、なんとなく三輪明宏に申し訳ない気さえした。
「あの、もう結構ですからどうぞ」
としばらくして三輪明宏が申し訳なさそうにその老紳士に席を譲ろうとすると、その老紳士は制止するようにパーの手を三輪明宏の眼前に向けて快活に答えた。
「次で降りますから!」
「はあ。。そうですか、、では」
車内が少し、し~んとした。
この一連の小さなドラマもあと少しで終わるのかという訳の分からない安堵感が車両の隅っこにいる10人くらいの乗客を包んだ。
果たして電車は速度を落とし、アナウンスが駅名を告げた。
三輪明宏が待ってましたというように腰を浮かして「ありがとうございました、どうも」とペコペコと頭を下げた。
三輪明宏の隣に座って一部始終見ていたらしい老婦人も無関係なのに三輪明宏と一緒に頭を下げた。
すると老紳士はさっきと全く同じ調子で言った。
「いや!次なんです!」
ドアが閉まった。
三輪明宏は何ともいいようのない顔で、またシートに腰を下ろし、額にハンカチを押し付けた。

そこにいる誰もが胸のうちで叫んだ。
「次で降りるゆーたやん!」

席を譲る相手を見定めること、譲ったら出来るだけその人に気を遣わせないようその場から離れること。
これが電車で席を譲るときの鉄則である。
と自分は思っている。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









産業廃棄物の許可が欲しい!

未分類(日常、随筆) | 23:20:35
無意味な公募
今年もまた清水寺の森清範貫主が筆を振るった。
巨大な色紙に記された漢字は「災」。
04年以来2度目だそうだ。
災害の多い一年だったからだろうが、ストレートすぎてちょっと引いた。
「今年の漢字」は別に森清範さんが独断で決めているわけではなく、公募で選ばれる。北海道や大阪の地震、夏の豪雨災害などから国民の多くが「災」の多い年だったと思ったのであろう。
公募といえば東京都もオリンピックのボランティアのネーミングを公募に掛けている。
といっても東京都が決めた候補の中から選べという形である。
その候補が凄い。

<大会スタッフなどのボランティア>
・フィールドキャスト
・ゲームズアンカー
・ゲームズフォース
・シャイニングブルー
<街のボランティア>
・シティキャスト
・シティアンカー
・シティーフォース
・シャイニングブルー・トーキョー

ボランティアに名前を付けるということ自体にあまり意味を感じないが、百歩譲ってそれはいいとしても、この8つの候補の中から選べというのは酷である。
全部カタカナでしかも分かりにくい。
「アンカー」とか「フォース」とか響きは格好いいか知らないが、格好良すぎて逆に巨大怪獣か何かを退治するために組織されたチームのような大袈裟さが漂う。
「シャイニングブルー」は武藤敬司の新しい必殺技かと思ったし、「シャイニングブルー・トーキョー」にいたってはホテルの名前にしか聞こえない。もしくは武藤敬司が経営するホテルの名前。
このカタカタ偏愛の出所はどう考えてもユリコ様のセンス。
一つくらい日本語の名前があってもいいだろうに、感性が1992年くらいで止まっている。

先週、JR東日本が新駅の駅名として発表した『高輪ゲートウェイ駅』にも笑わせられた。
あれも一応公募だったらしいがその名前の票数はたったの36票。
全体で1万3228件の駅名が寄せられたうちのたったの36票の駅名が選ばれた。
え?JR東日本て中国なの?
と誰もが思った。
すると「高輪ゲートウェイ」の撤回を求める署名がたった数日で15000人分も集まった。
当たり前だ。
それに対してJR東日本は「『高輪ゲートウェイ』を支持する人も多い。撤回の予定はない」と強気の対応。
「投票数」なんて知ったこっちゃない。一番多いものに決めるなんて言ってねえだろーが!ということなのだろう。
なら最初から公募などするなと言いたい。
ネットではゲートウェイがダサすぎるならこれでどうだと
高輪門
を提案した投稿にイイネ!が殺到している。
(ただし、門の字がカタカタのゲートウェイをバラバラにして組み立てなおしてある。ブラックユーモア)


ユリコ様やJR東日本のお偉方のような日本を恥じる教育しかけ受けてこなかった世代の人には理解できないだろが、今の人は安っぽいカタカナよりシックな漢字のほうがクールだと思う傾向にあるのである。
多分普通に表記は漢字で「高輪門」にして読みだけを「ゲートウェイ」と読ませるようにしたら、少しは反対の声も収まるのではなかろうか。。

庭ではユズが色づき始めた。

そして今日、車をスタッドレスタイヤに履き替えにカーステーションに行った。
2時間待ち!
先週の暖冬暖冬言われてたときに行っておけばよかった。。。
関東でも初雪か、と予報が出たせいで殺到したみたいである。。。
でもまあ、無事に履き替えられたのでよかった。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

未分類(日常、随筆) | 23:58:26
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ