80年代リバイバルについて

今日は仕事で霞ヶ関にいた。歩いていると突然猛烈な勢いで雨が。。

10分前にスマホに入れてある天気アプリが「霞ヶ関付近に雨雲が接近中です」と教えてくれていたが、まさか本当に降るとは思ってなかった。
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」の一場面を思い出す。
主人公マーティとガールフレンドのジェニファーが未来旅行から戻ってきたドクに連れられて2015年のヒル・バレーに降り立つとそこはドシャブリの雨。「下りろったってこんなドシャブリでどこいくの」と、せかすドクにマーティが言うと、ドクは未来の腕時計らしきものに目を落とし、ひとこと。
「もう止む」。
すると本当に雨が止んで青空が見えてくる。
子供ながらに、「確かに外にいながらにして雨の降る時間と止む時間が分ったら便利だなあ」と思って観ていたものだが、知らず知らずのうちに現実が映画に追いついている。アイウォッチ等のウェアラブル端末なんてまさにドクが持っていた時計みたいなものだし。
また、「バック~2」で描かれた2015年には「80'sカフェ」というお店が出てくる。BGMからファッション、化粧、髪型、内装までを80年代テイストに仕立てた「80年代カフェ」だ。映画が公開されたのは89年だが、2015年の世界では80年代は「オールディーズ」扱いで、ノスタルジーの対象になっている、という設定だ。
いまは2017年だが、周りを見回してみるとこれまた「バック~2」が「予言」したとおり、巷には「80年代」が溢れている。
待ち行く女の子達を見ていればよく分かる。
太めの眉に真っ赤な口紅、裾を折り返したデニムにサロペット、そしてアイアンメイデンやデフレパード、ガンズ・アンド・ローゼズといった80年代を風靡した「ヘヴィメタ勢」のエゲツナイ「メタルTシャツ」を何食わぬ顔で着こなしている子も増殖中である。
テレビや週刊誌でもなぜか「バブルってどんな時代だったんですか」的な特集が最近はやたらと目に付く。厳密に言えばバブル=80年代ではないが、僕も含めてその時代を知らない世代の人間にとっては「80年代=楽しい、浮かれている」というイメージが強い。
リバイバルというのは、過去のある時代の表面を「こんな感じかな」と掬い取って、「いま」の基準と混ぜ合わせることで広がるものである。
どんなに80年代回帰が流行っても「肩パット」だけはついぞ見かけないのは、現代人の基準からしたらアレは「NG」だからであろう。
そうやって取捨選択して使えそうなものだけを拾って、現代人の「許容範囲」に落としてゆく。それがリバイバル・ファッションのキホンである。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」からだいぶ話が飛躍してしまった。
雨はほんの1時間で止んだ。

雨が止むと急に気温が下がって、涼しいくらいになった。

仕事のあと、地下鉄丸の内線で池袋へ行ったらそこいら中に氷が落ちている。形も均一で、まるでケースから砕いた氷をジャコーっと掬い取ってわざわざ置いたみたいに氷が置いてある。最近よく駅前などでやっている納涼イベントか何かかと思ったら違った。
帰宅後ニュースをつけたら目を疑うようなヒョウの映像。池袋だった。
夏の空は突拍子もないことをする。
新しい折りたたみ傘を買おう。今持っているのはチャチすぎるのだ。
出来れば80年代に戻って買いたい。
絶対そっちのほうが丈夫なのが手に入るから。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物の許可 行政書士

2017.07.18 | | 未分類(日常、随筆)

庭とYシャツとお馬鹿

新しいアイロン台を買った。

それまで使っていたのがこれ。

僕の子供の頃から母が使っていたアイロン台だから、1万年くらい前のものである。なぜウチにあるのか謎だが、とにかくあるのだから使おうということでずっと使い続けてきた。折りたたみの脚がついていて、使うときは脚を立てて使う。
といっても、これまでの僕の人生、パシッとしたシャツがなきゃ困るようなシーンは数えるほどしかなかったので、押入れの奥に立てかけたまま、忘れるでもなし必要な時にだけ使う・・・という感じだった。
しかしここ数年、ただのロック馬鹿でも人並みに働くようになってから状況が変わってきた。
日常的にYシャツを着る生活になって、Yシャツの数も増えた。形態安定のものからそうでないものまで、ディスカウントストアの袋入りの安物からオーダーシャツまで、気づけば10枚以上になっていた。
値段が高いものほど綿100%だったりするので形態安定でなくなる。
自分でアイロンをかけないといけない。
それで最近アイロンを買い、↑の1万年前のアイロン台を引っ張り出してアイロンがけをするようになった・・・というわけ。
しかし1万年前のアイロン台はベース型なうえに小さい。
全然上手くできない。
表のシワを伸ばして裏返すと裏側にまったく新しいシワが出来ている。それをまたせっせと伸ばして裏返すとまた見たこともないシワが出来ている。
無間地獄-・・・。そんな言葉が脳裏によぎる。
しかもどう押さえていてもシャツが動く。めくれる。右利きなのに気づくと左手でアイロンを持っている。気づくとまた右手に。左手に。
シワを消し、新たなシワを作り、アイロンを右に左に持ち替えて足をしびれさせるだけのロンリーワルツ。焦りと絶望でこめかみに汗の玉が出来た。母は一体どうやってアイロンをかけていたのだ。と畏敬の念すら覚えた。
Yシャツが言うことを聞かない動物に見えてくる。
暴れまくる動物を風呂に入れようとする新米飼育員の気分。
悔しいのと徒労感で泣きそうになりながら45分、正座の姿勢でかけ続け、どうにか丸めて広げた紙くずみたいなシャツを「着れる状態」にまで復活させた。
翌日、僕はそのシャツを着て奥さんの前に立ち、言った。
「新しいアイロン台、買わなきゃダメだ」
自分でアイロンをかけたことに気づいて欲しかったのだが、奥さんは僕の着ているシャツを一瞥して「ほんまやね」という顔をしただけであった。
俺がアイロンをかけたことに気づいていない・・・っ。
オマエの目にはこのシャツはアイロンがけをしたようには見えないということなのかっ。
じゃっかん「どや顔」だった僕の顔がクシャクシャになったのは言うまでもない。
ちなみに奥さんにやってもらうという選択肢もあるにはあるのだが、奥さんも仕事が忙しいので頼む気はない。
俺ひとりでカタをつけたい。

まあとにかく、そんなこんなで新しいアイロン台が来た。
今度のは正方形で、しかも大きい。脚がついていないので床に置いてかける。
さっそくやってみた。

てんで上手くいかない。
「シワを伸ばしたいときは押さえて引っ張りながらかける」というが、これが至難の業である。
しかし、諦めかけた頃、膝を使う方法を発見した。
腕の場合で言うと、袖を膝で抑えて肩の部分を左手で押さえてピンと張り、空いた右手でアイロンを・・・という2点留め攻撃でやったら今までで一番きれいにシワが取れた。同じ容量で正面と背中もかけ直し、まあまあの仕上がりになった。
床置きのアイロン台だからこそ出来る技だ。
お先真っ暗の気分だったから、光が見えたわ。この調子でアイロンがけの腕を磨いていきたい。
そうすれば「アイロンが面倒だから形態安定じゃないのはちょっと・・・」と思わずに、好きなシャツが買える。

明日は庭のお手入れしよう。

畑に追肥して、50円で買ったサルビアも植えないと。
熱中症に注意しながらね。


☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





産業廃棄物の許可 行政書士

2017.07.08 | | 未分類(日常、随筆)

あっつい日。

さすがにエアコン入れた。スイッチ入れたら外で室外機が「カカカカカカカ」ってすっげーうっせー。見に行ったらファンにアイビーが絡まってた(笑)

日中、近所を2キロほど歩いたが、汗がナイアガラの滝のように流れた。
暑くなると野菜が育つのも早くなる。

昨日まで小指ほどの大きさだったキウリがちょっと見ないともうジャイアントになっていたりする。
今年は大玉トマトも実つきがよく、珍しくちゃんと赤くなる。

すでに4つ収穫した。
一昨年だったか、数え切れないほど実が成ったのはいいがいつまで経っても赤くならず、結局大半を廃棄せざるを得ないという残念なこともあった。
今年はどうやらいけそうだ。
植えている場所がいいのかもしれない。

こちらは密植オクラ。

奥さんが「オクラは密植でもけっこう出来るらしいわよ」というので、あまり間引かずに一箇所に2~3株で放置した。オクラは大好物なのでたくさん出来るに越したことはない。間引くたびに「もったいない」と思っていたところだ。
少し不安だったが今日見たらちゃんと実が成っていた。

オクラも成長が早いので、こまめに収穫しないとね。
でかくなりすぎると種ばっかりのオクラになって、それこそ「お蔵入り」になる。
・・・・座布団千枚おくれ。

トウモロコシも穂が出てきた。

穂が出たって喜べないのがトウモロコシ。
勝負はここから。
といって、何か出来ることがあるわけじゃないんだけど。。せいぜい追肥して見守るしかない。

今夜は熱帯夜だろうな。

いま知ったんだけど、今日のさいたま市の最高気温は35℃だったらしい。。
千葉32℃、東京・神奈川33℃、「日本のサバンナ」グンマーの前橋でさえ33℃だったらしいから、関東ではさいたまだけ異様に暑かったってことだ。
ところで今日、お中元第一号が届いた。
ペットボトルの甘酒だった。「飲む点滴」といわれるほど元気になれる!とな。
外出前に思わず一杯飲んでしまった。
届いたばかりの品に手が伸びるほど、やばい暑さだったのだ。
飲みながら、今年もまたお中元を出しそびれていることに思い当たり、違う汗が出た。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ





産業廃棄物の許可なら

2017.07.03 | | 未分類(日常、随筆)

1日5000歩

1日5000歩以上歩くことを目標にしている。

自宅が職場だと通勤がないから一歩も家から出ずに一日が終わる・・・なんてこともザラで、当然、運動不足になる。そのくせ人並み以上に食いしん坊だから油断するとすぐ体重計恐怖症に陥る。
1日5000歩というのは普通の人には大した歩数ではない。
距離的にはせいぜい3kmくらいで、毎日駅まで歩き、乗り換え、学校や職場に行って帰って・・・という人なら誰でも恐らく無意識に達成している数字である。
しかしその誰でも当たり前に出来ていることがなかなか難しい。
家の周りを一周したくらいではダメ。最寄駅を超えて回り道をして戻ってきても足りない。

土曜日、所沢のゆり園に行った記事を書いたが、駐車場から歩き、園を一周して帰ってきてもたったの2946歩であった。
ところが、である。
昨日、奥さんの買い物に付き合って地元のディスカウントストアに行った。
2時間ほどウロウロしたろうか。
結果、4349歩!
昨日はほぼそこにしか行ってないから、ディスカウントストアで靴下見たり洗剤選んだり食料品売り場で「スジャータ」探して徘徊していただけでそんなに歩いていたってことだ。
スーパーでの買い物もまんざら馬鹿にできない。
もっとも、ただ歩数を稼いでいるだけでいわゆる「ウォーキング」というのとは違うけど。
まあ、それでも運動は運動である。

ちなみに今日は5779歩だった。歩いて地元の個人店のお店へランチに行き、ついでに仕事の用事も済ませてきたのがよかった。
万歩計はないので、歩数はスマホが数えてくれている。
でも消費カロリーまでは出してくれないので、そこまで分るちゃんとした万歩計を買いたい。

明日は来客あり。
最近、毎日何かしら仕事がくる。。その割りに実入りは少ないが・・・。景気がいいのか悪いのか。(T_T)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







<PR> 産業廃棄物の許可なら! <PR>

2017.06.19 | | 未分類(日常、随筆)

福島の日

今日は福島でお仕事だった。

幸い天気にも恵まれ日中は蒸し暑さを感じるほど。
福島市内での仕事を終え、ランチを求めてウロウロ。

最近はよほど時間がないとき以外、なるべくコンビニやチェーン店で済まさないようにしている。
その街を知るには、歩くことが一番大切である。
10分でも15分でも歩いた街と、車で素通りしただけの街では印象もだいぶ違うし、なにより街と自分との「距離感」が全然違う。
そしてその次に大事なのは、その街を「使う」ということだ。
ちょっとした買い物や食事、待ち合わせをするだけで、それまで見知らぬ場所だったそこが、なんとなく自分とつながったような気がする。
職場や学校があるのでイヤイヤ毎日通っているとか、人に無理やり連れて来られたとか、そんな受動的な使い方ではなく、能動的に「使う」。
たとえ通い慣れた同じ道、同じ住宅街、同じ駅でも、自分が「使われている」「早く帰りたいな」という意識で歩くのと、自分が「使っている」「来たいから来た」という意識で歩くのとでは、全然違う印象を抱くものである。気持ちよさも雲泥の差だ。
個人的には福島は何度か泊まったこともあるし、以前レンタサイクルで市内を走り回ったこともあるから知らない街ではないのだけど、それでも歩くと違う。
街の「いま」が見える。感じられる。

街の呼吸と一緒に息を吸い、街の鼓動に乗って歩いて汗をかく。
ほんの束の間でも。

20分ほどウロウロして、どうにか某居酒屋にて和食ランチにありついた。

「歩く」「食べる」。
これが最高だね。

午後は車で福島から南相馬へ。
ナビにどれだけ目的地を入れてもとんでもない迂回ルートしか表示しなくて、なんでだなんでだと思っていたら、そうだと思い当たった。
このナビ、2012年製だ。
原発事故でこの辺一体が封鎖されていた頃にデータ入力された機種である。なので、それを反映して当時封鎖されていた道路はルートを探知しないようになっているのだ。
参ったな。
でもググったら飯舘村を突っ切るルートがあり、そっちのほうが断然早い。
給油のため立ち寄ったガソリンスタンドでお兄さんにスマホの画面を見せて聞いた。
「このルートってもう走れるの」
「走れますよ!」
ちなみにこのお兄さんは無料でウォッシャー液を補充してくれた。スッカラカンだったから超助かった。。アリガタヤ(T_T)

飯舘村はもう避難指示が解除されていて「おかえりなさい」とか「ただいま」といった文字の書かれた看板が目に付いた。走るたびに思うが、本当にのどかで美しい村である。
南相馬での仕事のあとは国道6号で双葉町、大熊町、楢葉町と走ったが、この辺りはまだ帰宅困難区域で、国道6号から左右に曲がる道は全てバリケード封鎖されている。
地震のすぐあとに一度来て、その後も数回走っているが、相変わらず道路沿いのコナカもコメリもローソンもドコモショップもパチンコ屋も、あの日のままの状態で時間を止め、雑木や雑草に埋もれて古色蒼然としていた。
民主党政権でなかったら水蒸気爆発も起こらずここまで被害は広がらなかった。そう思うと本当に悔やまれる。
間違った選択をすると、ここまでの惨劇・不幸・悲劇を生むのだという教訓にするほかない。
だから東京都民が小池百合子なんぞを信用しているのを見ると怖気が走るのである。
気は確かか?と。
なぜ大衆というのはこうも物忘れが激しいのだろう。
なぜ何も学ばないのだろう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ






<PR>解体工事業の登録するなら!<PR>

2017.06.16 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム