■プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■検索フォーム

■リンク
消えた「たしなみ」
日本は右傾化している、と言われて久しい。
右傾化というのは大衆が保守的な考え方に傾いていくことである。
では保守とは何か。
古きを重んずること、自国の歴史や伝統文化に誇りを持つこと、国土を守ろうとすること、進歩的・革新的な風潮や考えに逆らうこと、・・などなどである。
そしてネットが広まってからは<既存マスコミ(主に新聞・テレビ)を疑うか否か>が保守かリベラルかを見分ける最も分かりやすいリトマス試験紙となった。
ネットのお陰で朝日や毎日が何食わぬ顔で垂れ流していた過去の偏向・売国・虚偽報道がじわじわ国民の知るところとなり、動画サイトではキー局の朝のワイドショーがいかに民主党寄りに作られているか、NHKがいかに中国や在日朝鮮人に「忖度」して来たか、などなど、客観的に分析検証され、「偏向報道」という言葉が巷やお茶の間でも当たり前のように使われるようになった。
左翼のユートピア、新聞・テレビの死だ。
そこからさらに5年ほど経った。
朝のワイドショーも新聞もだいぶ大人しくなった。
いま、韓国がレーダー照射したのに開き直って日本を罵っている。
もしこれが20年前だったら、「日本に全く非がないといえますか?」といった韓国に理解を示すアホなコメンテーターの声で朝からムカムカしながらトーストをかじっていたはずだ。
ネット登場以前は、それが文化人の「たしなみ」だった。
作家、作曲家、歌手、芸能人、司会者、評論家、大学教授果ては漫画家まで・・・マスコミに登場する「文化人」とされる人は大抵みな左寄りだった。
戦争には負けたが経済では勝った先進国の余裕で、「謝ればいいじゃない」「お金で解決出来るならそうすればいいじゃない」「実際戦争したんだし、あちらさんにも迷惑はかけたんだから」
そういう立ち位置というかマインドで国際問題を語ることを好んだ。
そのスタンスが最も「馬鹿に見られない」と信じられていたからである。
「毅然として言うべきことは言うべき」「一歩も譲るな」
なんて言説は一発で「右翼」扱いされた。
それが00年代前半までの日本だ。
そういう風潮にムカムカしてもそれを吐き出す場がなかった。
なくてさらにムカムカした。
そう考えるとだいぶ変わった。
今は逆だ。
「謝ればいいじゃない」「あちらさんにも迷惑はかけたんだから」・・・こういうスタンスこそ一番頭の悪い人の言う言葉とされている。
もう誰も韓国の味方をしない。
少なくともテレビをつけていて韓国に理解を示したり、日本が悪いという人はてんで見かけなくなった。
それを朝日新聞などは「息苦しい時代」などと時々ぼやいたりしているが、言論の自由が保障されているのだから言いたければ言えばいいのである。
しかし国際問題に限って言えば、日本国が絶対悪いケースというのは滅多にない。
日本が約束を守らなかった、日本が嘘をついた、日本が他国を出し抜こうとした、日本が騙した、日本が歴史を歪曲した・・・・
ないない。(-_-;)
むしろそういわれるくらいの外交手腕が欲しいくらいの国である。
だから外交や国際政治、歴史認識問題などに限って言えば、偏向報道したくてもしようがない、というのが現実だろう。昔はそれでも裏も取らずにムードだけであることないこと印象操作の道具にしてきたが、今だとすぐに検証され拡散され、問題にされる。
だから出来ない。
マスコミは自分たちを権力のチェック機関だとうそぶいてきたが、そのマスコミをチェックする機関はずっとなかった。
だから好き勝手にやれた。
今はネット(というかネットユーザー)がマスコミのチェック機関になっている。
素晴らしいことである。
DSC_0333x983 (13)
いま、日本人の嫌韓感情はピークに達している。
次の選挙で韓国との断交を掲げた政党は躍進するんじゃないかと思うくらいだ。
韓国を守る日本人はもういない。いても表に出て来れない。
どうなることやら。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ









大阪で産廃の許可を取るなら!

未分類(日常、随筆) | 23:15:43
雪のくに
夜に着いた。

秋田県横手市。
仕事とはいえなかなかスリリングな道中であった。
岩手の北上まではほとんど雪景色らしい雪景色はなかったのに、秋田道で内陸に入り横手に近づくにつれてどんどん道路脇の景色が白くなっていく。しまいにはボタ雪が眼前に吹き乱れ道は片側1車線に。わだちを伝って手に汗握りながら走ること40分。ようやく横手ICから一般道へ出た。
ホテルで一泊し、翌朝仕事を済ませて街を走った。

雪の量がメガ。

「除雪費用だけで年間10億円くらいかかります」と役所の人。
今年は暖かかったので雪が降り始めるのも遅く、12月はそれほど降らなかったが1月に入ってからドカンと来たそうだ。
「帳尻を合わせてきましたねえ(笑)」
と役所の中でも長靴のその人は笑った。

話は変わるが横手は焼きそばで有名な町である。
最近流行のB級グルメとして全国的に注目されるようになった。
半熟タマゴが乗っている。

カレーみたいに福神漬けも添えてある。
甘めのソースと半熟の黄身に太麺を絡めて食べる。
美味。

市役所となりの「かまくら館」でかまくらにも入れた。
横手は焼きそば以上にかまくらが有名なのだが、街にかまくらが並ぶのは2月から。
しかしこの「かまくら館」では実物を体験できるコーナーがある。

分厚いドアを2つ抜けて入るとそこはマイナス10℃の冷蔵室。
マジで5分持たなかった。。。。(-_-;)
かまくらもさることながらその寒さを体感しに行って欲しいものだが、行くなら真夏に行きたい場所!

そんなこんなで昼過ぎには横手を後にした。

本当はもっと長く滞在したいのだが、明日も明後日も明々後日も仕事なので早めに帰る。
次の出張も控えてるし。。ふぅー・・・(-_-;)

あと358日頑張ろ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ



未分類(日常、随筆) | 23:54:34
ある意味凄いビュッフェ
今日は朝から暖かくお出かけ日和。
午後、ドライブがてらお台場のヒルトンホテルへ行った。
なぜそこに行ったのかは完全に気まぐれである。景色のいい場所でコーヒーが飲めればそれでよかった。
ぷらっと行って席が取れるとは思えなかったので家を出る前に電話しておいた。
そしたら「その時間だとスウィーツビュッフェもお楽しみ頂けますが」と言われた。
行ってから考えると答えた。
首都高をぶらぶら走って1時間で着いた。途中、板橋JCで工事渋滞があったが全体的に車が少ない。
いざカフェに着いて席に案内されると、窓から離れた何でもない席。
東京湾と高層ビル群とレインボーブリッジが見られるロケーションのはずだったのだが見えるのは人の頭と壁だけである。
無理もない、1時間前に電話で席だけ取ってもらった分際で景色が見たいなんてのはワガママである。座ってコーヒーが飲めるだけでもありがたいと思え。
コーヒーを出されて、もしビュッフェもされるならあと20分ほどお待ち下さい、その間に考えとけやボケと言われたがこんな席でスィーツビュッフェもないから出来れば窓に近い席に移動したいと頼んだ。
窓際は予約席だがもし空いてたら融通してやるよという温かいお言葉が返ってきたので奥さんとコーヒーを啜りながら待っていたらそれまでいた客が全員帰り始め、自分たちだけになった。
入れ替え性らしい。
暮れ行く窓の外の空と自分たちだけのホールにガチャガチャ食器を片付ける音が響き渡った。
あらかた片付け終わって次の時間の客たちがぽろぽろ席に着き始めた頃、さっきの店員が来て「どうぞこちらへ☆」と、景色の見える席に案内してくれた。
非常に嬉しかったので厚く礼を言った。
それでビュッフェも楽しむことに決めた。

本当言うとスィーツビュッフェという以外に何の情報も得ていなかった。
奥のほうで若い娘さんたちがスマホで一生懸命写真を撮り始めた。
インスタ映えする何かがあるらしかった。
店員さんも自分たちにしきりに撮れ撮れ薦める。とれとれ市場かっ。
行ってみるとなんてことはない、ちょっとした飾り付けであった。

BGMもA-HAとかバナナラマとかの80年代トップテンヒッツだし、どうやらPOPな80年代風ビュッフェというコンセプトらしい。
素材はストロベリー中心で、イチゴを楽しむ形である。

初めてのスィーツビュッフェ。
美味しく頂いていると店員さんが来て言った。
「お時間は17時半までですのでごゆっくりおくつろぎ下さい」
時計を見る。いま17時である。
ビュッフェが開始されたのが16時45分だから制限時間45分!である。
「え、45分間??」と聞いたら店員さんが申し訳なさそうに頷いた。
「すいません。・・・なので・・クイックで」
クイックという単語をすごい久しぶりに聞いた。
「クイックか・・・」
「クイックよ」
さらに衝撃なのは最初のお皿を食べ終わってもう一度料理のコーナーに行くとさっきまでなかったカレーとペンネとから揚げとサラダとサンドイッチと焼きたてパンが追加されていたことだ!
途中からスィーツバイキングじゃなくなるという!
人間誰だって甘いもののあとにはちょっと塩辛いものも食べたくなる。
当然、みんなそこに集まる。
残り時間は20分。。。
中にはまだテーブルにケーキを残しつつカレーを山盛り持って行く女子もいる。
元を取るためイチゴをがっつり持って行く者もいる。
((ビュッフェとは己の人間性を剥き出しにして挑む闘いなのよ))と、どこからか声が聞こえてきそうであった。
自分も惣菜を盛った。
さっきまでケーキもりもりだった胃袋が今は揚げ物とカレーと焼き立てパンのトリプルアクセルでもう何がなんだか分からないビュッフェなのである。
5時25分になった。
最初にあまり盛らなかった自分たちはなんとか惣菜も食べ終え、最後に比較的ゆったり果物&コーヒーでしめることが出来た。
周りを見るとどう考えても残り5分では食べきれまいという物量の人がたくさんいた。
店員さんが「そろそろお帰りの支度をお願いします」と言って回るも、それにささっと従う人は少数であった。しかし別段不服そうでもないし驚きの声も聞こえない。
みんな予め知っていたのかもしれない。

気付くと日も暮れて夕景色が夜景に変わった。

コーヒーを飲めればいいやと思って行ったのにまさか晩飯までまかなえるとは思わなかった。
変なビュッフェだったがなんだかんだ言って楽しいビュッフェだった。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ







産業廃棄物 許可 行政書士

未分類(日常、随筆) | 21:51:15
新年
皆さん新年明けましておめでとうございます。
庭にいますとか言いながら庭にいないブログですが今年もよろしくお願いしますm(__)m
年末は義理の姪夫婦主催の<結婚記念お食事会>に出席するため27日に仕事納をして、28日には関東を出ていた。
出席者のスケジュール調整が難航して12月29日という厳しい日取りになった。
正直「参ったな・・・」と思ったが可愛い姪の晴れ舞台に出ないわけには行かない。
会場が埼玉から数百キロ離れた南紀白浜だとしても!
ちなみに結婚式ではない。
式はしなかったので、両家の親族が顔を合わせる機会がなく、それじゃあ、ということでこういう形で一同会することになったわけである。
そんな訳で自分の<結婚式出たことない記録>がまた更新された。
でも両家の親が手紙を読んだりケーキカットがあったり、記念写真を撮ったりしたから、結婚式みたいなものに違いない。
年の瀬に新婚の2人の幸せエネルギーをおすそ分けして貰い、すぐ新年。
なんで29日やねん?と思ったが、よく考えるとお目出度い感が連続するのでいいかも。


南紀白浜といえばアドベンチャーワールド!
ってことで、翌30日は年内休まず働く動物たちの姿に感動。

今年8月に生まれた赤ちゃんパンダのサイヒン。

上野のパンダなんか知らんわ。関西じゃサイヒンしかニュースにならんわ。
・・・ということで年末にもかかわらずサイヒン見たさにこの列!

まじで上野の赤ちゃんパンダなんか誰も名前知らんと思う。

自分はカバにエサをやった。

京都の奥さんの実家で平成最後の大晦日を過ごし、元旦の夜に京都を出た。
Uターンラッシュが2日からと言われていたので真夜中のラン。
どうにか渋滞に遭わずに無事帰ってこれた。
年末の大掃除も庭の手入れもしていなかったので、明日頑張ってカブと大根の収穫とバラの剪定、通路のお掃除などなどしないと。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ











産業廃棄物 許可 行政書士

未分類(日常、随筆) | 20:56:09
やっと
今日はやっとこさ年賀状をプリントした。
この仕事を始めたころは数十枚だった顧客宛の年賀状も今では数百枚になり、ちょっと感慨に耽ってしまった。
その反面、ガーデニングのほうはかなり疎かになっている。

いつもなら園芸店に行きたくてウズウズワナワナするところだが、今年はそんな気にならないくらい忙しい。
もっとも、通路の復活くらい丸1~2日あればなんとかなる。
お正月休みのあいだに一気にお手入れしよう。
植えてすぐ雪が積もったりしてやるせない気持ちになりそうだから、植栽はほどほどに。
玄関周りをハンギングやプランターで冬のキラキラ空間にするのがいいかな。

パンジーのハンギング。

1ヶ月前、なんか徒長気味だったのでザックリ切り戻したらこんもり咲くようになった。
切り戻したら形よく花数も多く咲くってホントだったんだね、信じてなかった(笑)
通路はアレだけど、玄関周りのハンギングには週に2回ほど液体肥料をあげている。
ここ2年くらいは「そんなんなくても咲くし」とただ水だけで済ましていたのだけど、玄関周りを明るくしたいのでまた意識的に液肥を使い始めた。
その効果もあったと思う。やっぱり液肥は使うべきだね。

28日まで営業してるけど、実質的な仕事収めは明日。
健康で何事もなく年を越せればそれで充分。

☆ いつも応援ありがとうございます ☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ













行政書士 産業廃棄物 許可

未分類(日常、随筆) | 23:57:43
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ