多気町(三重県)の園芸店

先週の出張では島根から鳥取へ、そして大阪、そのあと大津(滋賀)、三重県の熊野、そして松阪⇒埼玉という今思い返してもかなりのハードスケジュールだった。
熊野では海辺のホテルに泊まった。
夕食時、窓の外で海風に揺れる花に気が付いた。

「マンデビラじゃない?」
「この季節に?造花かな」

翌朝の朝食時、同じテーブルに着いた。
マンデビラだと確信した。本物の。

熊野は紀伊半島の南のほうだからもともと暖かいのかも知れないが、12月にこんなに見事に咲いてくれるものなの??そんならウチでもお願いしますって感じだ。ウチの通路にもマンデビラが1株植わっている(もしくはいた)けど、冬に咲いているのを見たことはない。日当たりが悪すぎるからかな。

さて、同じ日、熊野での仕事を終え、最後の出張地・松阪へ向かった。
その途中、三重県多気町を通りかかったとき、このお店を見つけた。

迷うことなくハンドルを切り、駐車。
少しだけ時間があったのだ。

ジャズの流れる店内を進むと、意外に奥行きがあって、広い。

宿根草や庭木、果樹もしっかり置いてある。

品揃えも豊富だし、苗の状態もいい。

パンジー・ビオラ一株39円キター☆

花がちゃんと咲いている所が良心的である。39円のパンジーなんていったら普通はデロンデロンに徒長した株か、葉っぱの黄色くなった株が普通である。それにこんなに早く値引きしない。そういうのが出回るのは大抵1月下旬以降だ。
しかも・・・
もちろん、税込みです。

なかなかどうして親切なお店なのだ。

店内は切花やリース、それから園芸雑貨。

最近、ハンギングをやるならカゴや鉢にもこだわらないと駄目なんだということに気付いた。

駄目って言うか、そっちの方がきっと楽しいだろうと。
ハンギングや鉢花を飾る楽しみって、やっぱり素敵な鉢やカゴを探してコーデするところにもあるんだろうと思う。「どんな花をどう植えるか」にばかり気を取られて、「何に植えるか」という点について無頓着だった。
鉢を見る楽しみ、もあるのに。
昔はけっこうこだわっていたんだけど、だんだん惰性で「ダイソーでいいんじゃね?」みたいになっている。。。
 
別にダイソーの半月型ココマットとハンギング枠でも用は足りる。遠くからだと百均と分からないし、葉が茂っちまえばもっと分からないし。。。
でもただぶら下げるだけなんて勿体無い。せっかくいい寄せ植えを作っても鉢が残念だと全体が残念に見えちゃうからね。
まあ、こういう棚にある鉢を定価で買える身分ではまだないので、とりあえずダイソーのハンギング枠をスプレーで着色するところから始めよっかな。。。

多肉コーナー。



あーっ!マンデビラ!

関東に出回ってるのとなんか違う。。気がする。こんな茎太くないぞ。こっちで売ってるの、いかにもツル性でござんす、みたいにもっとフニャフニャしてるし。
調べたら「夏ものがたり」って、愛知県の会社が販売元になっている品種だった。。
まあ、特に耐寒性が強いというわけではないらしいんだけど。。
熊野のホテルで咲いてたのはこれに違いない・・・。
今買っても室内に直行だから買わなかったけど、次、東海地方に来たら絶対買ってこよう。
(とか言って買って帰ってきたら地元の園芸店にシレッと置いてあったりするんだよコレが)

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.12.11 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム