大根、里芋の収穫&グリーントマト美味すぎ

地球の頬をひっぱたいたような晴天。

今日は午前中はジムで汗を流し、午後から庭に出た。ジムも庭も2週間ぶりくらい。
やりたいこと、やらねばならないことが山積みの庭。
冬なので草むしりをしなくていいのが助かる。
まず手始めに、山奥の園芸店で奥さんが値切りに値切って買い叩いた風見鶏ならぬ風見鹿さんをどこに飾るか。。。
二人で「持つ人」「見る人」を交代交代でやりながら場所を決めていった。

場所は決まったが、どうやってこの3~4キロはあるであろうブロンズの代物を土に固定するか。。
とりあえず先送り~。

やりたかったことその1、ゆずの収穫。
もう「ゆずジャム」しか頭になく、さっさと収穫してさっさと作ってもらおうと思って全部収穫した。

そしたら奥さんに「何で全部獲っちゃうの」と怒られた。
「ゆずジャム」
「まだ私作るモードじゃないんだけどぉ。それにまだ少し青くない?」
渋られた。

確かに過去記事見たら去年は1月12日に収穫してた。。(涙)
でも大半はちゃんと黄色いよ。
反対に、青くても収穫出来ちゃうのがコチラ。グリーントマト。

グリーントマトなんて言うとそういう品種みたいだけど違う。単なる<時差ボケか何かで11月になってから急に実り始めて赤くなり損なったドジなトマトたち>。
これがフライにすると美味しいそうで、うさぎさんが作り方を教えてくれたのでやってみることにした。食レポは記事の最後に・・・。

やらなきゃいけなかったことその1、大根の収穫。
出張に出る前から「もう収穫できるよね」と話し合っていた一番大きい大根。(もう肩が土から出ていた)
これを奥さんに抜いてもらった。

ずぽっ。。

キター!☆・・・曲がってるけど大きいからいいよー。

やらなきゃいけなかったことその2、里芋(セレベス)の収穫。

とりあえず様子見的に2株だけ掘り起こした。
結果。

セレベスは親イモも食べられるんだって。(上が親芋、下が子芋)そのせいか、子芋がちょっと少ない気がする。。でもあと4株植わってるし、二人で過ごすお正月のおせちには充分。


さてさて、こちらが僕が男の太腕で作った「フライド・グリーン・トマト」。

ちなみにサニーレタスも畑から。
揚げながら味見で一口食べた。最初は少し酸っぱく感じたのに、二個三個と食べ続けるうちに不思議な感動が口の中に広がるようになった。
奥さんは最初の一口から感動していた。
「ナスにそっくりじゃない?ナスだよこれ。それかナスと赤いトマトの中間」
「ケチャップかけて食ってみ、ハッシュポテトだよ。そっくり」
「ジャガイモもトマトもナス科だからかなー」
うさぎさんのブログでは塩をかけて頂く、とあったが、途中から僕はケチャップをかけて食べた。パンに挟んで食べたらこれがハッシュ・ポテトそっくりなのだ。(考えてみればトマトにトマトをかけているようなものなのだが・・・)
奥さんは塩派で青いトマト本来の味を味わっていた。
「考えさせられちゃうなー」とさも感慨深そうに言う。
「こんなもの食べられないと思っていたのに、火を通せば食べられちゃうんだからさー」
「売ってないしね。置いても売れねえだろうし」
「グリーントマトのカレーなんてどうよ?」
「お願いしま~す。あ、ゆずジャムもね」
「しつこい」

うさぎさん、素敵な料理を教えていただきありがとうございました☆ m(__)m
本当に食えるの??と半信半疑でしたが・・・確かに何個でもイケちゃいますね。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.12.05 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム