愛知(高浜市)の園芸店

飛騨高山で一泊して、午後から名古屋でお仕事。

夕方、高浜市にある「グリーンランド・フジウラ」というお店に立ち寄った。

高浜市は愛知県の中部、知多半島の付け根に位置する小さな町。県内で二番目に人口が少ないことと、窯業が盛んな町として知られ、「三州瓦」という瓦が特産品だそう。

翌日は静岡の磐田市で仕事だったので名古屋から磐田までの間にある園芸店を探していたのだ。

外観から想起するイメージそのままの店内で、いきなり持ってかれる。
愛知の「あのお店」に通ずる雑然とした雰囲気。。

入ってすぐ引き寄せられたのがこの箱。。

ガンプラかキンケシでも入ってそうなニオイぷんぷんだよ。
この時点で並みの園芸店ではないことが分かる。

ライオンだし。

挿せるし。

買いだろ。

抱きしめて持って帰るしかねえ。(1個50円だし)
土に挿せるタイプと自立するタイプの二種類あった。
他にもウシさん、小人、ウサギさんなどがあったけどライオンが一番可愛かった。

いきなりハートを鷲づかみにされた訳だが、肝心の花苗コーナーは・・・

う~ん。。まあ、普通よりちょっと残念ってくらい。
品揃えは豊富だし値段も良心的、苗の質も値段相応って感じで。。
ただ値札以外のPOPが皆無なのでそこは減点だ。入荷したケースをどかんと置き並べているだけではビギナーには何が何だか分からない。寄せ植えやハンギングの見本(ディスプレイ)もなく、事務的で無味乾燥とした売り場になってしまっている。
清潔感も乏しい。雑貨コーナーなどはかなり埃っぽいので女性の場合はあんまりヒラヒラした服で来ないほうがいいだろう。(お洒落な人は特に)

このお店は花苗よりも観葉植物のほうが充実していた。広いハウス内の半分ほどが観葉で埋められている。

僕は園芸店でこういう大きい観葉植物を買ったことがないので、ちょっと憧れでもある。事務所や居間や玄関に背の高さくらいの観葉を置けたら素敵だろうな。


多肉コーナー。もう多肉コーナーのない店の方が珍しくなったね。

やっぱり名札がないと何が何だか・・・・。

「多肉」とヒトコトに言ってもきっとそれぞれ性質なり個性なりがあるに違いないが、いつもごちゃ混ぜに置いてあるのは何故なんだろう。実は見た目が違っても性質(伸び方や耐寒性、水遣りの頻度など)とかみんな同じなのかな。
今度多肉の本でも借りてきて調べてみよ。

こちらは木立性ベゴニア。
シュウカイドウってこんな感じかなーと思いながら見ていた。


雑貨コーナーにあった素焼きの鉢。

縁のところが波模様にデザインされている。これはレアだ。さすが焼き物の町。
3つ買おうと思ってレジに持っていったら「5つで250円に出来ますけど」とお姉さんに言われた。無論、2つ追加した。
いい店だと思った。

そんな訳で、いまうちの玄関にはこのお店で買ったライオン君と素焼きの鉢が置いてある。


色を塗ったらどうなるだろう。

いまの通路の様子。

ちょっと忙しくて何も出来ない日が続きそう。。。レイズドをクリスマス仕様に変身させる計画も進まず・・・。残念。(先週チューリップ埋めて置いてよかった)
ブログ更新するのもやっとって感じ。。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.11.28 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム