八王子の園芸店

今日は山梨県の都留へ出張だった。山梨と埼玉は隣県である、といっても埼玉県民さえピンと来ないだろうが事実である。秩父の山奥で接している。だから秩父には武田信玄ゆかりの神社があったりする。今では関東をぐるりと結ぶ圏央道も開通し、首都高を介さずに往き来できるようになったのでますますお近付きになった。

山梨県民は内弁慶だと以前甲府の顧客に聞いたことがある。車の運転に顕著で、県外ではよそよそしい安全運転だったのが、山梨に入ったとたんに「おらおら運転」に豹変するというのだ。
「排他的、というかね、そういう部分もありますよ」とは今日都留で会った60代男性の言である。
甲府を中心とする西側の国中(くになか)地方と、富士吉田や河口湖、大月などの東側の郡内(ぐんない)地方で多少文化やイントネーションが違うらしく、両者間には溝があるとかいないとか。国中の男とは結婚させないとか、そういう話だろうか。
帰りは八王子の園芸店に立ち寄った。(八王子は東京の西にある街で、山梨に近い)
グリーン・ギャラリー・ガーデンズというお店。
ホームページを見る限りお高くとまったナチュラル志向の店っぽかったのであまり期待していなかったが、何を志向していようと客のことを考えた店作りになっていれば時間を忘れることが出来る。ということを教えられた。


品揃え、清潔感、ディスプレイ、どれも文句なし。
価格は高めだがそれを忘れさせる素敵な空間作りがなされていて、その優等生っぽさがいかにも東京である。
 
抜かりがないというか、何もかも心得ている感じ。悪く言えばおりこうさん過ぎてサプライズがない、独自性がない、「私だけの」感が乏しいかな。。悪く言えば、ね。
でもこういうディスプレイは親切で、「いいね!」って感じだ。 
日陰の庭、宿根草、おまけに草丈でも分類してくれていて、日陰の庭に何を植えていいか分からずちょっと持て余し気味の僕には嬉しい。
 
値札にも初心者ガーデナーのことを考えた工夫が。

宿根なんて気取ったものは扱わずにやっすい一年草を中心に売っている個人店ならどんな陳列でも汚くても文句はないよ、安いんだから。でも気取っているくせにお客に不親切な店が多い中、このお店はお客が買いやすいように工夫していて、好感が持てた。こういうの、いちいち丸つけるのだって地味に大変だと思うよ。でもその一手間がリピーターを生むのだ。

多肉は180円でした。でもちょっと小さめ。


そうそう、ここはアクアペットも扱っているのだ。

メダカ、金魚、フナ?鯉、熱帯魚(もあった気がする)など色んな種類の魚を見ることが出来る。
 
金魚やメダカと花苗を一緒に売っている店はよくあるけど、ここは多分もともと本業が金魚だったっぽいので片手間感がない。
屋内の雑貨・資材売り場も広く、中部地方の園芸店に負けないくらい品物がズラリ。


 
雑貨はほぼ全てナチュラル系かアンティーク風の商品だったので段々「ハイハイ」って感じになるんだけど、雰囲気がいいのでなんかワクワクしてくる。買う気もないのに。m(__)m
この辺りはよく走るので、また気が向いたら来よう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.11.12 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム