園芸偏差値

今日は午後から仕事放棄!色々頑張った自分たちへのご褒美としてお休みにした。
なんて、実は苗を買いに行きたかっただけ!
まともにガーデニングできるのが土日しかないので、出来れば平日のうちに苗を買っておきたい。今日もやるべき仕事はあるにはあったが、午前中の間にキリのいいところまで仕上げて、思い切って外に出た。なんとなく電話が少なそうな予感がしたのだ。予想通り、自宅から僕のスマホに転送されてきた電話はたった一件だけだった。(自宅の電話に出ないとスマホに転送される)メールもなかった。
事務所にいても閑古鳥が鳴いていたというわけだ。

やっぱり苗を買うのは楽しい。
 
例によって爆買い。

アリッサム、ムラコイデス、ストック、パンジー、リーガーベゴニア、シャコバサボテンなど。。
前にも書いたと思うが、これからは初心に返って「胸キュンアホ庭」に戻ろうと思っている。「胸キュンアホ庭」とは園芸偏差値の低い庭のことである。
園芸偏差値とは何か。
簡単に言うと庭造りの上手さ、センス、意識の高さのことである。
不本意ながら定義付けすると、いま、もっとも洗練されていてお洒落とされているのは多年草中心のナチュラルガーデンである。園芸雑誌を開けばその手の庭と、その手の庭にふさわしいアイテムが掃いて捨てるほど紹介されているし、「お洒落な」と形容されるカフェ、飲食店、美容院、ブティックなどはみな店作りはナチュラル雑貨で統一、というのが主流である。何を持って「ナチュラル」とするのかは大いに議論の余地があるが、とにかく右を向いても左を向いても「ナチュラル系」の時代なのである。
悲しいかな、古今東西、世の流行は無数の単純な女性たちが作る。お馬鹿な女性たちの不幸の総和がすなわち流行である。
だから園芸偏差値の定義もバカ基準に沿うこととすると、園芸雑誌に取り上げられるような、バラや多年草や輸入雑貨をお洒落に散りばめた、(表面上は)ナチュラルで素朴な庭を涼しい顔で作れちゃうガーデナーこそ「園芸偏差値が高い」ということになる。企業やマスコミが作り上げたイリュージョンにほんの少しの疑問も持たず、それに憧れ、それとそっくりな庭を作れてしまうのだから確かに優等生なのだ。
反対に、決まった季節に決まった苗(主に1年草や球根)をホームセンター等で買って来ては植え、買って来ては植え、を繰り返し、四季の移ろいや庭全体の調和よりも目の前の華やかさを追い求める傾向にある人は残念ながら「園芸偏差値が低い」と言わなければならない。それなりに素敵な庭になっていたとしても、そんな恣意的で直情的な花の植え方は邪道だし、マリーゴールドやストックが満開の庭などこの「ナチュラル至上主義時代」には石ころほどの価値もないのである。

そういう訳で、もともと園芸偏差値の低い我が家の庭である、開き直って「もっともっと馬鹿な庭にしてやろうじゃねえか」というのが2016年の僕の目標なのである。
園芸を始めたばかりの頃は本当に家を包み込むようにして花を咲かせていた。もちろんほぼ全て1年草でだ。園芸店で見て「これいい!」と思えば価値も難易度も分からずとにかく植えて植えて植えまくった。お陰で近所でも有名な花屋敷になった。
この家に越してきた頃にはもうちょっと「知恵」がついて多年草や山野草も取り入れようと思い、今の形になった。緑が増え、花が減った。
雑な走り方だが、トラックを1周したのだ。
音楽で例えるなら、ボンジョヴィから洋楽を好きになって、グランジやヒップホップやジャズなども一通り聴いてみたけど結局やっぱりボンジョヴィに戻ってきた、という感じだ。

多年草の魅力は僕にも分かる。若い人にナチュラル系が受けるのも、ポール・スミザー的ナチュラルガ-デンが持てはやされるのも理解できる。
しかし僕は芝桜やネモフィラを何万株も植えて客を呼ぶフラワーパークが好きなのである。そこには多年草なんてないしバラもない。調和もへったくれもない。「ありえない光景」「絶対スマホを向けたくなる光景」が広がっていればそれでいいのだ。
ポール・スミザーの偏差値を100としたら「ひたちなか海浜公園」(ネモフィラ)や「羊山公園」(芝桜)の園芸偏差値なんかせいぜい20くらいだろう。ダリアとベゴニアで有名な「なばなの里」でも40くらいじゃなかろうか。
ナチュラルガーデン信奉者からしたらこれらのパークは恐らく下劣で低俗に映るはずだ。
でも楽しい。花がたくさん咲いているのは、見ていて気持ちがいい。
僕は見ていて楽しい庭にしたいのだ。自分も、他人も。
さりげない小道具の使い方なんかより、ネットで数千円で仕入れた園芸雑貨の希少性なんかより、身近な苗をクレヨンみたいに使った自由な庭にしたいのだ。
庭はキャンバスなのだから。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.11.06 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム