通路の花のセットバック、ペンステモンの株分け

今日は通路のセットバック作業をした。セットバックというのは道路拡張工事などで住宅をもともと建っていた場所より後ろに退げることを言うが、うちでは通路の花たちを住宅に見立ててそう呼んでいる。
キホン、背丈が大きくなる草花は背後に植えているつもりなのだが、ガウラのようにろくに調べもせずにコンクリート際に植えてしまったもの、シロタエギクのように想定以上に巨大化してしまったもの、ヒメツルソバやワイヤープランツのように溢れ出てしまったものなど色々あって、それらにちょっとどいて頂く。
イメージとしては「爆発系」の植物には下図の点線より後ろに退がって頂いて、

空いたコンクリート際のアリーナ席に背の低い1年草などをジャンジャン植えて行きましょう☆という作戦。
手始めに今日はガウラとその隣のペンステモンさんのお引越し。

ペンステモンは別に「爆発系」ではない。僕が前に植えすぎたのである。
ガウラは剪定しても剪定しても前のめりに茂ってくる困ったさん。他のお宅ではどうか知らないがうちでは爆発しっぱなし。
根っこごとガッポリ掘り上げて・・・

ペンステモンは3つに株分けした。

何も調べずに勢いでやったのに「秋が株分けの適期」だって!よかったー。

ガウラは強剪定した。

ちょっと心配な堀り上げ方だったかも・・・。
「この程度で枯れるタマじゃねえだろ」と心の声でエール送りながら植え替えておいた。
始めたのが遅かったので、終わった頃には日が暮れかかっていた。

暗くて不鮮明な画像で申し訳ないがこんな感じになった。

ペンステモンは小さく分けたので方々に散らした。
前の空いている部分にはもちろんパンジーやジュリアン、アリッサム、ハボタンなどなど冬苗を植えていく予定。そもそもそのために焦ってセットバック作業をしたようなもの。これから激しく花苗を買う予定なので、植える場所を確保しておく必要があったのだ。
あっという間に3連休も終わってしまった。。
明日からまた仕事。
仕事の忙しさもヒートアップしているのだけど、庭の忙しさも負けてはいない。そのうち霜が降りれば一気に色々な花が駄目になる。ベゴニアが、コリウスが、ユーフォルビアが、サルビアが・・・彼らがいなくなった穴を埋める冬苗の補充と植え替えを考えると目がまわる。冬仕様のハンギングもたくさん作ってぶら下げたいし。
通路にばかり花を使って、玄関周りや内庭が寂しいので、冬はもっと庭全体を華やかにしたい。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (56)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.10.12 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム