千畳敷カールに行ってみた

月曜日は、長野県の伊那に出張だった。近くに「千畳敷カール」があると奥さんが言うのでそのつもりで準備して出張に出向いた。標高2600メートルの高さまでロープウェイで登らねばならないので、ウィンドブレーカーを買った。
千畳敷カールの「カール」とは、ドイツ語で「圏谷」(けんこく)を意味するそうだ。圏谷とは、氷河が成長とともに山肌を削り、スプーンでえぐったような半円形の窪地になった谷のこと。それが畳千畳分の広さもあることから千畳敷カールと名づけられた。
さて、観光目的の一般車両では麓のバスターミナルまでしか行けない。そこからバスでロープウェイの「しらび平駅」まで登るのだが・・・
すれ違いなど到底出来ない細いくねくね道が続く。そこを運転手が神業的なハンドルさばきで超えてゆく。急カーブを曲がるたびにひっくり返るんじゃないかと思うほどだ。曲がり終えると「おおおお」と歓声が上がる。

USJのアトラクションに勝るとも劣らないスリリングなドライヴィンでお腹いっぱい。多分カールよりこっちの方がおもろい。

ロープウェイの駅で待っていたのはロープウェイ「難民」の皆さん。バスを降りたらロープウェイの整理券をもらい、「難民」の仲間入り。

次の登りのロープウェイまで1時間10分待ちとか。。。こんな辺境の地にこんなに人が集まるとは思わなかった。
ベンチに座ってひたすら待つ。この「しらび台駅」でも既に標高1662メートルある。太陽に近い分日差しが強烈で、持ってきたジャンパーを頭からかぶり、目を閉じた。
ウトウトしかけたところで奥さんの携帯が鳴った。こんな場所でも普通に仕事の電話がかかってくるというのがなんかスゴイ。

こちらは帰りのバスを待つ人たち。目に入る9割が高齢者。若い人はクラブツーリズムとかの添乗員かロープウェイのスタッフ。。。


やっと自分たちの番号が呼ばれてロープウェイの乗り場へ。。
きたきた。。。あれに乗るのか~。(ワクワク)


うわ・・・・。

すし詰めの光景に引く。
ここが中国だったらとっくにロープが切れて土に埋められてるな。
でもラッシュ時の埼京線よりはずっとマシ。

ひとたび宙に舞ってしまえば眼下の景色に息を呑む。

標高2000メートルの世界では今が紅葉狩のシーズン。



7分間の贅沢な空中散歩を味わい、千畳敷カールに到着。。
気温、5度。
さて、雄大な自然に抱かれるとしようか・・・と思ったら奥さんが帰りのロープウェイの整理券がどうのと言い始めた。同じロープウェイで乗ってきた人たちは皆さっさと遊歩道へと散っていった。
係員に整理券について訊ねると、今の段階では配らないが時間の問題だという。これからどんどん人が増えるだろうからもうすぐ配るだろう、と。時刻はちょうど1時を過ぎたあたり。
ロープウェイは整理券がないと列に並ぶことも出来ない。
「出来れば散策に出かける前に整理券をゲットしたいのだけど」と奥さん。
「1時間ほど歩いて戻ってきたらすぐに列に並んで乗車、というのがベストじゃない?」
「それが可能ならね」
確かにこの観光客の多さでは、帰りのロープウェイに乗るために何分待たされるか分かったものではない。
しかし10分ほどその場で係員の様子を窺っていたが配る様子がない。
スーパーで店員が半額シールを張るのを今か今かと待っているのと同じ心境。
ちなみに僕は高校時代イオンで半額シールを貼っていた。閉店間際のパンコーナーでオバチャンたちに押しつぶされそうになりながら値引きシールを貼っていた。
「渡す気配ないぜ」
「そうね」
・・・諦めて歩き始めた。
200メートルほど来たところで背中から拡声器の声で「整理券をお配りいたします」と聞こえた。さっと踵を返して岩の地面を忍者のように駆けていった。
係員に詰め寄るように老人たちがぐるりと囲んでいる。その間に割って入って腕を伸ばした。
かくして2枚のロープウェイ整理券を手に入れ、後顧の憂いなく心行くまで大自然の雄大さに触れることが出来ましたとさ。
遭難してもヘリからすぐ見つけられそうな派手なダサダサジャンパーを着て。

カール内は樹木がほとんど植わっていないので紅葉もほぼない。

言ってしまえばただの岩壁なんだが、じゃあこうゆう場所が他にあるかと言われれば、多分そんなにないだろうと。。

ここまでの道のりが(待ち時間など)けっこうタフだったので、感動も大きい。
無理してでも来てよかった。

帰り、ロープウェイ乗り場前の時刻表を見てビックリ。あのまま整理券をもらわずに戻ってきていたら、今整理券を受け取って、16時18分まで出発を待っていなければならなかった。。
いま2時15分だから約2時間待ち。

自分たちは奥さんの機転と僕のダッシュのお陰で一番早いロープウェイに乗ることが出来た。このあと大阪へ向かう予定だったので、時間の節約が出来てよかった。

ビジネストリップとは言え、たまにはこういう「ザ・観光」もいいものだと思った。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.10.07 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム