街の中のヘリクリサム

午後、秋空の横浜。改札を抜けて風とすれ違った。

たまたま快速電車で、予定より数十分早く着いた。13:00。約束の時間まで30分。中途半端に空いた時間。何度も来ているのに行きつけの店もないから気の向くまま歩き出そう。
疲れているのか季節のせいか何だか地に足が着かない感じ。ぼんやりしている。カバンをぽいと投げてその辺に座りこんで物思いに耽っていたい。
公園の植え込みも、なんだか今日は眩しすぎる。

結局今年は残暑がなかった。8月の末からもう寒かった。二回しか袖を通さなかった夏服が押し入れの奥にしまわれようとしている。でもいいのだ。どうせそんな服は来年も2回しか着ないのだ。

ふらふら歩いていたら市役所の裏に出た。
駐車ゲート脇の植え込みが気になった。

やけに美しい。このコントラストはなんだろう?

ヤブランと、たぶんヘリクリサムだ。

夏のまま、無造作に伸びているだけなのだろうけどいい感じ。
真夏だったらきっと目で涼を取れたろう。
ヘリクリサム、以前育てたことがあったけど、どうしたんだっけ?

ちなみに「ヘリクリサム」だけで調べると「花かんざし」の画像も出てくる。英名では「カレープラント」とも言うらしい。画像のツル性のヘリクリサムは正式名・ヘリクリサム・ペティオラレという。
花かんざしもカレープランツも育てたことがある。カレープラントは本当にカレーのニオイがして面白かった。花かんざしはもうすぐお店に出回る時期かな。花がカサカサしてカワイイ。
どうやらキク科の「ムギワラギク属」を「ヘリクリサム」と呼ぶらしい。

偶然出会った寄せ植えに興奮して少し空腹を覚えた。でもあと15分しかない。
仕方ないからコンビニで缶コーヒーとゆで卵を買い、街路樹の向こうに海がチラと見えたからそこまで歩いてベンチに腰掛けた。

学生の頃、ある企業の就職説明会に参加したとき、この辺に来た記憶がある。今思えば自分は本気で就職する気などなく、ただ話を聞きに来た冷やかし野朗であった。そのときもこうやって座ってクリームパンなど頬張りながら海を見ていた。
コーヒーとゆで卵1個で概ね満足してしまい、結局、仕事のあともどこにも寄らず帰りの電車に滑り込んだ。
仕事が忙しくあまりキモチにゆとりがない。これではいけない。
横浜で乗り換えた電車。がらがらだった。ボックス席の窓側に座りたかったのに座部にシミがあったので反対側の窓際に座ろうとしたらおじいさんがやってきて機敏な動きで座られてしまった。ちぇっ。仕方なく通路側に座って本を開いた。本を読みながら時々顔を上げて窓枠に頬杖をついて流れる景色を眺めたりしたかったのに。
眠ってしまった。
なんだかうまくいかない。
ガーデニングしてないからかな。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (47)

よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.09.30 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム