強すぎる花たち

昨日は通路のセットバックもした。コンクリの部分までせり出していた花たちを切ったり仕立て直したりして通行しやすくした。

この通路では主にリシマキア、ヒメツルソバ、ワイヤープランツ、ポーチュラカ、グレコマなどをグラウンドカバーに使っていて、中でも一番生育旺盛なのがヒメツルソバで、放っておくと土の部分が全部ヒメツルソバになってしまう。

花が咲けばかわいいが、葉の色も形もドクダミに似ているので少し陰気である。反対にグレコマは腑も入るし爽やかな葉の色をしている。

ワイヤープランツとチェリーセージを刈り込んだらこんな広いスペースが現れた。
ここに、和洋両方のフジバカマを植えた。
噂ではむっちゃ根が張って周囲の草花の脅威になる、ということなので、鉢植えにして、

そのまま地面に埋め込んだ。

これなら根っこの暴走をある程度抑えられるだろう。
今日、近所を歩いていたら盛大にユーパトリウムを咲かせているお宅を発見した。
確かに横に縦にかなりの大きさで・・・(ツツジくらいあった)、見事であった。その花がユーパトリウムであると分かった自分にも満足だった。やはり自分で植えると憶える。

実はうちにはこういうものも植わっていて、こいつだけはどうにもならない。

ムラサキシキブ。
正直邪魔である。手前に洋ナシ&ナシのコンビが、奥にはピエール・ド・ロンサールを植えており、さらに画像右手前は畑で、ここは作業中、頻繁に通る場所である。だからここで大きくなられるとちょっと邪魔。
何度か撤去しようとした。
冬、ノコギリで地上部を極限まで地面と同じ高さくらいになるように切りまくり、さらに株のぐるりをスコップで掘り下げ、スコップの先を根っこの間に挟んでテコの原理でぐっぐっと根っこごと押し上げようとしたがビクともしない。土の中の根っこも切ったがダメージを与えることすら出来なかった。戦闘力高すぎ。
牛にでも引っ張ってもらいたいと思ったものだ。
「これに観賞価値なんかあるのかよ」とずーっと思っていたのだが、最近、実が出来ることを知った。

生きているのだなと思った。
少し悪い気がした。

クリックしてもらえると励みになります


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.09.24 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム