新宿花散歩2

今週は仕事ラッシュでスタッフ全員が忙しかった。今日も1人が宇都宮へ、僕は午前は浦和、昼過ぎから新宿へ回り、日が暮れるまで外でお仕事。
昨日からまた雨がぶり返してきている関東。片手に傘を持ちながら2キロくらいある書類カバンを持ってビル街を歩くのはなかなかいい運動になる。
普段は南口から出る新宿だが、今日は時間に余裕があったので「サザンテラス口」から出てみた。サザンテラスって何よ?とずっと気になっていたのだ。でもなんてことはない、高島屋がそびえ立っているだけだった。夢のない街だ。
ちょうどランチタイムで、僕は暇を潰したかった。12・13階にレストラン街があるというからちょうどやって来たエレベーターに乗り込んだ。エレベーターの中は年配の女性たちの消費欲と香水のニオイでムンムンしていた。
12階で降りると窓ガラスの外に庭が見えた。
屋上庭園。
雨は止んでいたがこんな所をウロついているのは僕だけだった。
無理もない、恐ろしく退屈な庭なのだ。

大人の落ち着いた雰囲気であるのは分かる。花を見て楽しむ、というより背景として溶け込むようにしてあるのだろう。
それにしたってちょっと無難すぎる。つかみ所がない。役所みたいだ。
地面はローズマリーで覆われ、所々にラベンダー、ミントなどのハーブ類、あとは常緑低木と樹木。

高島屋のテラスガーデンを任されているくらいだからこれを設計した人はきっと名のある人なんだろう。
でも悪いが街中こんな庭ばかりになったら息が詰まるね。

一応、寄せ植えらしき鉢が並んでいたが、

爆発したデュランタ・ライムにシンパシー感じなくもないが・・・。

デパートなんだからもうちょっと頑張ったら?と思ってしまう。その辺の公共施設でももうちょっとちゃんとしてるぞ。
1階に花屋さん入ってたからやってもらったらどうかね。。。

肝心のランチだが、どこも行列でとても入れなかった。

空いてたとしても1人で来る場所じゃない。見回せば観光客、久しぶりに会ったママ友たち、接待、趣味のサークルの集まり・・・そんな感じの人たちばかり。
エスカレーターで1階まで降り、外に出たらなぜか東口の街中に放り出されて・・・どうなってんの??(ドラクエの「旅の扉」みたいだった)
1時を回った。さすがに何か食べたい。でも飲食店自体が少ない。あっても居酒屋かラーメン屋、あとはどこにでもあるチェーン店である。
疲れる。探すのに疲れる。同じところをグルグル回っている気がする。
思わず立ち止まって天を仰ぐ。
もう諦めてカフェのサンドイッチで済ませようかと思ってふと横を見るとビアホールのようなレストランのような・・・とにかくランチをやっているお店があった。

助かった~。ここなら1時間はゆっくり時間が潰せそう。セットでアイスコーヒーも付いてきたし。

外でランチするときは必ず文庫本を読みながら食べる。ささやかな幸福な時間。これがしたくて彷徨っていたようなものだ。(だからラーメン屋とかファストフードはNGなのだ)
言葉も食べものである。
良い作品・・・たとえば谷崎や川端や三島の日本語は食べると肌がツヤツヤするんじゃないかと思うし、中上健次やドストエフスキーなんかはスタミナがつきそうな気がする。
食べながら読むのはお行儀が悪いかもしれないが、食べながら食べていると思って見逃してもらいたい。

ランチのあと、仕事も無事済み、さらにもうひと仕事。
日が暮れる頃には雨も完全に上がり、シルバーウィークが始まる。
でも僕は明日も1日仕事。顧客と打ち合わせ。
パンジーの種まきてえええ。
霞んだ夕日に叫びまちたとさ。

クリックしてもらえると励みになります


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.09.18 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム