地元の園芸店~hananoki~

今日はアフターファイブに近所の園芸店hananoki(ハナノキ)に行ってきた。
雨にやられて跡形もなく消え去ったキャベツ3株、白菜1株の苗を植え直すためである。
いつものように車で近くまで来たら、あるはずの店舗がない。それこそうちのキャベツみたいに跡形もなく、更地が広がっているではないか。
・・・と思ったら売り場面積を大幅に縮小しての「リニューアル・オープン」だって。そういうのリニューアルって言うのかっ?

ハナノキは地元でも人気のお店。この界隈でガーデニングを楽しむ人は大概ここで苗や肥料を調達している。僕も今日のように急に何かが必要になったときよく来る。花苗はあまり買わないが(高いので)、鉢底石とか化成肥料とか、ちょっとした園芸資材を切らしたときなど便利である。
関東圏以外の人に分かるかどうか微妙だが、ハナノキは「ドン・キホーテ」グループのホームセンターである「ドイト」の園芸専門店。
品揃えも豊富で、質も悪くない。

植木売り場は肥料売り場と合体したようだ。


ちなみにこの間まではこの砂利の部分にも売り場が広がっていた。

入り口脇に植木売り場があって、モデルガーデンみたいな感じのディスプレイの脇に花苗の台が並んでいたと思う。
そう考えるとだいぶ面積が削られているが、以前と比べてそう変わりない・・。と思えてしまうのが不思議だ。
無事苗も買えたし、ニンニクの球根、パンジーの種も。

リニューアルというだけあって、売れ残り(と思しき)の園芸雑貨がワゴンセールになっていた。

目ざとい奥さんは肘まであるロング園芸手袋を100円でゲット。ちょうど新調しようと思っていたところだったそうで、ラッキーだった。

しかも装着すると意外にお洒落で。定価398円だって。安い?高い?

hananokiのあとは「時が止まる場所」(百均)へ行って、

こんなものを探しに探してやっと見つけた。ラスト一個だった。

なんと呼べばいいのかな。「長い口の水やり」「高校の実験室にあった蒸留水入ってた容器、みたいな口の水やり」。
なんでもいい。
こいつに水をやるのに使いたいのだ。

どうしても水をやり忘れるので、上の多肉がちょっと悪くなってきている。コップやジョーロではすこぶるやりにくい。でも上の水やりなら口が長いのでピンポイントで気付いたときにサっと出来そう。
また木曜日あたりから天気が悪くなるそうなので出来れば明日の朝、キャベツと白菜を植え直したい。

クリックしてもらえると励みになります


よければこっちもお願いします(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 花・園芸ブログへ

関連記事

2015.09.15 | | 園芸店めぐり

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム