カオス・ガーデンへまっしぐら!?

今日も朝から降ったりやんだり。この調子じゃ来週まで庭の手入れはお預けだ。ふぅ~。。
9時に不動産屋さんのK氏と、大工のS氏が来られた。前にも書いたとおり、うちの大家さんとこの二人は幼なじみ。小学3年生だった3人の遊び場が、この家だった。
S氏は高校サッカーで決勝にまで進んだ経験を持つアスリート。プロのサッカー選手を目指しても良かったが、高校卒業後なぜか家業である大工を継いだ。今は地元・さいたまで少年サッカーの監督をしている。
そのS氏、事務所の床を踏んで2秒で「(原因は)畳床だね」。
「根太とか合板じゃないと思う。畳床がダメになってるよこれ」
色々話し合った結果、事務所の床は畳から板張りにチェンジすることになった。
「事務所仕様だから、どっちみち、畳の良さは出ないですしね」とK氏。
そうなのだ。現在、畳の上に防虫・防カビの敷き紙を敷いて、その上にタイルカーペットを敷き詰めてある。畳である必要性はゼロだ。
という訳で、近いうちに事務所のデスクやら棚やらプリンターやらを全部片付けて床を変えることになった。
たくさんのファイルが収納された、奥さんお手製の巨大な自立型のデスク兼書類棚を分解してもう一度組み立て直すのかと思うとやや気が重いが、長く住むつもりなら早めに快適な状態にしておいたほうが得である。不満を抱えながら我慢して家賃を払うのも不健康だ。
一方、トイレの問題はというと、水の勢いが弱く、流れるものがちゃんと流れない。ペーパーなど、一度流れても戻ってきてしまう。なのでもう1年近く1階のトイレでは大はしていない。
あと、水が流れっ放しになる。この前、朝起きたらトイレのドアから水の流れる音が聞こえて青くなった。一晩中水が流れていたようだ。レバーは定位置にあり、外見上は「止」になっているので、なぜ水が流れたままになっているのか分からない。レバーをがちゃがちゃ動かしたら水は止まった。
こんなトイレ、怖くて使えない。出張中に水が流れたままになっていたらそれこそ大変だ。
「じゃ、オーナーと相談してまたご連絡いたします」
ひととおり確認して、2人は去った。
そのあと少し仮眠して、イングリッシュマフィンを食べながら録画しておいたNHK「やさいの時間」を見た。
午後2時。窓の外では小雨がまだ降ったり止んだり。
この程度の雨なら雑草くらい抜けるだろうと思い、オーバーオールを羽織って外に出た。
今日を逃したらまた1週間何も出来ない。その間にも雑草は土を覆い、サツマイモのツルは暴れ狂い、野菜のゾンビと化した虫食いだらけのキュウリやトウモロコシが風に揺れる。
そういう庭を「カオス(混沌)・ガーデン」という。
・・・こんな調子じゃ「花・ガーデニング」カテゴリにいられなくなっちまう。

頑張って雑草を抜き、放置されていたトウモロコシは撤去した。

ほとんど実が成らず、痩せっぽちの株をそのままにしていたのだ。
畝からはみ出して通行の邪魔になっていたサツマイモのツルもカットした。
その作業をしていて確信したことがある。
絶対サツマイモ出来てねえ・・・。
出来ている気がしない。
大体サツマイモって細長い畝で作るんじゃないの?奥さん、キュウリの株元とかナスの隣とか、四角いスペースで作ってるけど、ただイタズラにツルを伸ばしてるだけでイモがどこでどう出来るか考えているとは思えない。これじゃツルを育ててるようなもんだ。
どうしても菜園を美しく維持できない。
ミニトマトもナスもパプリカも実が成っているのを見ても容易に収穫できない。収穫する気にもなれない時がある。汚いし、暗いし、虫もいそうで怖いし、葉っぱとか一杯茂って掻き分けつつ腕を伸ばすのが億劫である。蚊の攻撃もある。
時間が経てば経つほど、「やさいの時間」みたいな爽やかな収穫風景が不可能になってくる。
それがイヤだから、今回はいつもより株間をとって、ゆとりのある畑にしたのに、それでもこのザマである。(サツマイモなどを植えたから余計だ)
限られたスペースで色々な野菜を、それもずっと清潔感を保ちつつ作るにはどうしたらいいのか。何年もやってるのに全然上達しない。そんな自分に腹が立つ。
でもまあ、これから秋まき野菜のシーズン。
リベンジするいいチャンスと捉えよう。
ウチの庭で一番面積を使っているのが菜園だから、今年の秋~冬は恥ずかしくないような畑にしたい。もちろん、豊作目指して。

・・・って何作るの?
それはホームセンターの種コーナーで座り込みながら考えますwww。

雨に濡れるグラハム・トーマス。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.30 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム