床の話~手抜きリフォームは誰のせい?~

朝9時40分。雨。庭作業は出来そうにない。
インターホンが鳴り、入居時に床のリフォ-ムをした業者が「現状確認」に来た。
10時と言ったのに20分も早く来た。
20分遅れるよりはマシだが20分早く来ても誰にも褒められないことくらい社会人なら誰でも分かる。僕は食パンをかじり、奥さんは床に掃除機をかけている最中だった。
「ちょっと早く来てしまいすみません」言いながら廊下に上がり、足の先で感触を確かめるように歩き出す。
入居1年半で床がヘコムような工事をした会社だから最初から信用はしていなかったが、案の定、どこかキョトンとしている。
一番へこみが激しい階段の前でカラダを上下にゆすっても、「なるほど」「おお」というだけで別段驚く様子もない。
それどころか「木造の家ですからね、季節によっては」とか「歩く人の体重にもよる」とか言い出す始末。
8畳間の事務所にいたっては全体的に床がブヨブヨしており、場所によってはトランポリンみたいな弾力を感じる場所もあるが、彼はここでも首をかしげ「え?どこですか?」とトボケる。僕には彼の立っている場所がしなっているのがよく見えたので、彼と交代して床を踏んで見せた。
「これでもヘコンでないように見えますか」
「床というより、畳床のせいかもしれませんね」
畳床(たたみどこ)が原因。
それはK氏にも以前聞かされていた。
畳床というのは、畳の「芯」のこと。一般的な畳は、ポリスチレンフォーム板という緩衝材のような素材で出来た板を藁もしくは木材のチップを圧縮した板で挟み、その上に畳表を縫い付けてある。

その畳のコアである「畳床」がヘタっていると、床がブヨつくことがあるという。
確かに・・・築30年である。畳床がポリエチレンボードかどうかも怪しい。
それなら畳を新品に換えてくれればよかったではないか。リフォームの時に「この畳はマズイ」と思わなかったのか。
「お見積もりの関係で、「表替えだけでいい」ということになったんだと思います。私はその時いなかったのでよく分かりませんが」
業者の言い分はこうだ。
最初はもう少し色々手を入れるつもりで、その見積もりをオーナー(大家)に出した。その一番最初の見積もりは事務所に帰ればある。でもどういう経緯でそうなったか知らないが、最終的にこの和室は「表替え」だけでいいことになった。
「ここは事務所として使用するから床はしっかり直して欲しい」とあれほど口すっぱく言っておいたにもかかわらず・・・・。
要するに畳を新品に換えるとなると金がかかるから、大家さんの判断で表替えだけでいいことになったのではないか?というのが彼の主張だ。
10時ぴったりにK氏が来た。
そのことを伝えるとK氏はやや気色ばんで「それはありえないと思います」と言った。「この家のオーナーはそういう男ではないので」
K氏よりこの家のオーナーを知る者はいないが、この業者はそんなことは知らない。
「自分、リフォーム当時毎日のようにオーナーと会って進捗を報告していたんですが、そんな見積書は見たことがないんですよ」
とK氏。
「もしオーナーも知らないところで勝手に作業が省かれていたとするとハン・・・」
犯罪と言いかけたのかK氏は一瞬口を止めて
「トラブルになりますので・・・とゆーか現になってますけども」と言いかえた。

廊下の床も8畳間(事務所)の床も同じ業者なので、もし責任の所在がこの業者にあるとなったら、<補償>という形でこの業者が工事をやり直す。もちろん無償で。
しかし業者は「とにかく開けてみないと何も分かりません」と言い続ける。
「廊下の床にしても、洗面所から水が漏れて合板が腐っているのかもしれないし、根太とか基礎の問題だとしたらうちの責任ではない」と。
もしこの業者の過失でなく、大家さんの負担で床を直すことになったら、次は別の業者を呼んで欲しい。
この手抜きリフォームの責任の所在がどこにあるのか。
仲介したA社の担当者の独断によるのか、それとも本当に大家さんがケチったのか、それとも下請リフォーム業者の大工がいい加減だったのか・・・・
明日はこの家で遊んだ「ずっこけ3人組」の一人で大工になったS氏が、K氏と一緒に来てくれることになっている。
「もしあの業者が<補償>をせず、他の業者を使うことになったら、Sに全てやってもらうようにしますから」帰り際にK氏が言ってくれた。それはありがたい。スクラムを組んだ元同級生チームになら何だって任せられる。プロの目はうちの床をどう見るか。
ちなみにS氏は大工であると同時に配管工でもある。
実は当初は床ではなく配管の関係で彼を呼んでもらったのである。
1階のトイレが調子が悪いのである。
おまけにそのトイレの床も抜けそうになっている。大工でもあり配管も出来るS氏ならいっぺんにどうにか出来る、という訳だ。
しかし廊下と和室の床問題がこじれそうなので、「いっそ全部S氏で・・・」という話になりそう・・・・。僕と奥さん、そしてK氏もオーナーも、実はそれがベストだと思っている。オーナーとしても、もしお金出すことになったら、変な業者に出すより友達に出すほうがイイに決まっている。
注文の多い借主だなあ。。。と大家さんには思われているかもしれないけれど、ワガママ言ってる訳じゃないのだ。
一階のトイレなんかアレだよ・・・
書けば誰でも同情してくれると思うけどあまりに上品な話なので書けません。

それより庭に出られないのが残念でならない。。。
やれやれ。来週なんかもっと忙しくなりそうだってのに・・・・。雑草もサツマイモのヘタも放置となると・・・怖いなあ。
やけに寒いしさ・・・。熱波の次は「日照不足」ときた。
誰だよ気象庁のグラフまで引っ張り出して暑すぎる!こんな国じゃ花もろくに育たないと言い続けてたの。
俺だよ!

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.29 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム