カートにうるさい男

最寄り駅の中にスーパーが入っている。仕事中や帰宅途中に立ち寄って弁当やら野菜やら牛乳やら、そのとき思い出した必要なものを買う。
少量しか買わないときでも僕はカートを使う。書類カバンを持っていることが多いからだ。片手にカバンを持ちながら買い物カゴに商品を入れて歩くのは非常にわずらわしい。カートなら取っ手のところにぶら下げたり、カゴに置いたり出来る。
しかしこの店のカートがどれもポンコツときている。
ついこのあいだ、奥さんとこの店に入った。なんとなしに一番手前のカートを引っ張って中に入った。使用2秒で欠陥車だと分かる。
勝手に右斜め前に旋回しようとする。
どうしても右斜め前に行きたがる。回りたがる。
ちょいと押して手を離す。
右斜め前に旋回した。
「パパ!このカート自動的に右斜め前に旋回するよ!」
冷蔵ケースにぶつかる寸前で奥さんがカートを押さえた。
「前輪が回ってないわよ。違うの持ってくる」
奥さんがその欠陥車を引っ張って行った。
違うカートを押して奥さんが戻ってきた。
涼しい顔で押しているからマトモなカートなんだろう。そのまま買い物を済まして、レジを通り、僕はカートを置き場に片付けに行った。その時初めてそのカートに触った。
するとどうだ、ハンドルがぶるぶる震えカートが嗚咽し始めるではないか。でもずっとじゃない。少し走ると止む。そしてまた小刻みに震える。
その時の音を文字にするとこんな感じだ。
ghcgbsg2el'」「‘‘lsdmsd\+*dccf!
「こいつは一体・・・」
「実は最初のやつよりもっとヒドかったの・・・」
白状するように奥さんが言った。

もちろんこの店だけではない。ポンコツカートはどこにでもあり、あなたを待ち構えている。
ポンコツカートにも色々なポンコツ具合があり、僕が知る限りおよそ以下のような「症状」が見られる。
①一定方向にだけやたらと進みたがる(操縦が効かない)
②一定間隔で「しゃっくり」をする。もしくはガタガタ震え出す。(何も踏んでいないのに一定間隔でカックンする又は震える)
③空なのに超重い。
④一定間隔で「ひっ」という。
⑤グリップがベタベタもしくは破けている。

心霊現象に近いものもあるが本当なんだからしょうがない。
そしてこれら全ての特徴を備えたカートがうちの最寄り駅のスーパーに勢揃いしている。いわばオールスター軍団だ。
上記の症状の原因として、僕が観察した限りで考えられるのは・・・
①タイヤに消しゴムのカスみたいな意味不明の物体がむっちゃ付着している。
②タイヤに髪の毛がむっちゃ巻き付いている。
③どれかひとつのタイヤが死んで訳わかんないことになっている。
④タイヤ全部が訳わかんないことになっている。
⑤店自体が訳わかんなくなっている。

当然だが、新しいお店ではあまりポンコツカートに当たらない。
例えばここ数年でさいたま人のハートをかっさらった「OK」(オーケー)という食品スーパーがあるのだが、「OK」でポンコツカートに当たることはまずない。「OK」は「ナショナルブランド重視」「なるべく食品添加物不使用」という<意識の高さ>が売りの上品なスーパーであるから「ポンコツカート」にも敏感なのかもしれない。

僕はこの世界からポンコツカートをZEROにしたいと思っている。
ポンコツカートZ・E・R・O宣言だ。
僕は食料品を買うのが好きである。スーパーが好きである。出張で地方に行けば必ず地元のスーパーに入る。九州の人が「OK」を知らないように、埼玉では聞いたこともないスーパーに入ったりするのが好きである。群馬なら「フレッセイ」、栃木、福島なら「リオンドール」、愛知なら「スーパー三心」「ジェームス」、京都なら「マツモト」、新潟なら「ヒラセイ」、広島だったら「ユアーズ」・・・・。
それも旅の楽しみのひとつ。
商品を見るのが好きだし買い物をしている人を見るのも好きだ。スーパーのBGMが好きだ。
だからこそ快適に買い物がしたい。
最近はコインを入れないと使えないカートが増えてきているが、100円硬貨を入れて切り離したあとにポンコツと分かったときのあの悔しさ。次のカートを取った人がスイスイ行く後姿を見るときの切なさ。ガタガタ言ってるカートを何食わぬ顔で押しているママさんの横顔に向かって「どうしてなの?」とささやきたくなるフラストレーション。「どうして平気なの?」
カートをめぐるあらゆる不条理から開放されたいと思うのは僕だけではあるまい。

ああ、地方のスーパー思い出したら旅したくなってきた・・・・。
きっと皆さんともどこかのスーパーですれ違っていることでしょう、ポンコツカートを押しながら・・・。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.26 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム