押し花ネイルに挑戦!~身近な草花で~(前)

3週間ほど前から奥さんが庭の花を「採取」して何かやっていた。閉じたタウンページに本を積み重ねて床に置いていたので押し花らしいことは分かったのだが、テーブルの上にマニキュアが出ている。聞けば「押し花ネイル」だという。
庭に植わっている身近な草花で自分の指をデコレートするというのだ。
「そんなこと出来るの」
「・・・と、思う。・・・からやってみる」
普通はネイルパーツとして加工された押し花を買うか、「押し花シール」なるものを買って爪に貼るらしい。ま、確かに庭に花があるんだから買おうとは思わないね。
「でも私「女子力」ないから変なのしか出来ないと思う」
「いいんだよ、そもそも男は女の指になんか興味ないから」
「アンタだけでしょ」
「いや。男は女がマニキュア塗ってる姿が嫌いなんだ」
「だからアンタだけでしょ」
「爪の長い女も嫌いだ。世界中の男が同意すると思うけどね。男が奥さんや恋人に『ネイルサロン行け』なんて言わないだろ?『痩せろ』とは言うけど。ネイルアートは究極の女の自己満足なんだ」
「ケンカ売ってる?」
この辺で口にチャックして僕は退散しよう。
だからこれは奥さんの自己満足記事だと思って欲しい。写真もほぼ全て奥さんがスマホで撮影した。文章は僕だが、押し花ネイルづくりに関して僕はノータッチである。
さて、奥さんが自分の指に保存しようとした草花は以下のとおり。







カタバミってほぼ雑草じゃ・・・。

こうやって集めた花びらを押し花にする。

このとき便利なのがこれ!
奥さんが発明した「小さいもの何でもピックアップでき~る棒」(長っ!)

デッサン用のねり消しを割り箸の先に装着しただけの優れもの!

実際、女性の爪って以外に狭いらしくて、爪に可愛く乗せられるような花びらとなると、当然かなり小さいものになる。ブットレア、ヤブラン、ペンタス、ランタナを選んだのもそれが理由のひとつ。ひとつひとつの花弁が小さいのだ。
それらをつかんで押し花にするんだからピンセットを使うことになる。しかしどうもやりにくいらしい。押し花にするにはつかんだ花びらを逆さまにしなければならず、それがピンセットだと上手く出来ないんだって。
でもこの「小さいもの何でもピックアップでき~る棒」にかかれば
ホレッ☆

つかむというよりくっつける感じ。ストレスフリーでラクラク置ける。ちなみに下に敷いてあるのはティッシュペーパー。

花をセットできたらタウンページを閉じて重石を載せて4~5日待つ。

今は押し花も進化していて、もっとキレイに出来るやり方やキットなどが出ているそうだが、「私、昔ながらのやり方しか知らないから」。
これでやる。
押し花が出来た。(押し花びらというべきか)
あのブットレアがこんな可愛く変身するとは・・・・!

次回はこれらを使って押し花ネイルします☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.22 | | 奥さんのアイデア雑貨

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム