国家より信用できる?グーグル、LINE

友人が最近自宅PCのOSを「ウィンドウズ8」から「10」に上げた。無料で移行できるサービルがあるらしく、それを利用したそうだ。結果的にやや重く(遅く)なったそうだが、それ以上に腹立たしいのが、何でもデータを共有させようとする「クラウドサービス」だという。
クラウドサービスとは、自宅のPCで保存したデータを、外出先のPCでも開いたり編集したりすることが出来るようになる仕組み(サービス)のこと。
実際のPC(自宅のPCなど)で編集した作業を、ソフトウェアにより作られた複数の仮想PCに保存することで、他のPCからでもそのデータをダウンロードできる。その仮想のPCのことを「クラウド」(雲のようにつかみ所がない)と呼ぶ。
要するに雲に一端保存して、別の場所で別のPCで取り出し、開くことが出来るというのだ。でもその「雲」がそもそも何なのか、どういう仕組みなのかがよくわからない。セキュリティは?バックアップは?
友人の憤りもそこにある。
「クラウドサービスを利用してもし情報が流出した場合、誰が責任を取るのか、どんな保障がなされるのか、利用しろ利用しろと言うだけで担保が何もない」
今後、会社の情報丸ごと「雲」に保存して、出張先や出先で社員がファイルを開けるようにする会社が増えるだろう。そこには顧客の個人情報や取引先企業の機密情報などが載っているかもしれない。
「ツイッター」や「フェイスブック」が登場したあたりから、顔や名前、住んでいる地域を曝すことに抵抗のない人が増えた。
誰かが堂々と本名と顔写真を載せてコメントしたり他人と楽しそうに「つながって」いるのを見て、伝染病のように「私も」「じゃあ俺も」と広がっていったのだ。
そんなものは本人の自己責任だから別に良い悪いをいうつもりはない。僕だって下の名前と変な顔と生息地域をブログに載せている。
でも僕はツイッターもフェイスブックもLINEもやっていない。
触ったことがないので想像だが、LINEなどではなかなか赤裸々なやり取りもなされているようで、何か事件が起きれば最近は必ずといっていいほどLINEの履歴が洗われる。
フェイスブックの国内利用者数は2400万人、ツイッターは1980万人、LINEにいたっては5200万人である。(いずれも14年現在)
フェイスブックは国民の5人に1人が、LINEは国民のほぼ半数が利用していることになる。これら全てに登録している人も相当数いるだろう。
そうやって多くの国民が何の疑いもなくグーグルやマイクロソフトや渋谷にある韓国系のIT企業(LINE)に個人情報をせっせと提供している。14年に韓国政府がLINEを使って情報を傍受していると報じられたが、お構いなしに今日も明日も日本中でありとあらゆる情報が「いち民間企業」へと吸い上げられていく。
そんな無防備な「垂れ流し生活」を送っていながら、「国民総背番号制反対!」「マイナンバー制反対!」などと言う人がいるのだから呆れ果てる。
国民総背番号制(マイナンバー)は個人の所得や税金、年金、保険料などを役所が一元管理するために2016年より設けられるサービスで、希望者には写真と番号の記載されたカードが配られる。基本的に公務員(もしくは嘱託の職員)以外はその情報を見ることは出来ない。
それでも一部の国民からは「国に管理されるのはイヤだ」「国家によるプライバシーへの介入だ」「情報漏えいしたらどうするんだ」と声が上がる。
なるほど、日本の公務員より、グーグルの社員のほうが信用できるという。通信の秘密を守る法律のない国の企業が運営するアプリのほうが信用できるというわけだ。国に管理はされたくないけど、単なる民間企業のグーグルには携帯番号だって教えちゃうよと。
役所が知りえる情報など知れたものである。確かに所得、納税額、保険料といった情報はセンシティブなものだ。悪用しようと思えば出来る。
しかし役人に子供の写真は差し出さない。親の電話番号もクラスメイトの名前も娘の行っている学校の名前も差し出さない。自分の住民票が必要だと言われて、世帯で取った住民票を出すと拒否されることもある。妻や娘の情報は不要だから極力出すなと。
国家はそんなことに興味はないのだ。
国家は携帯番号を入力しない限り次のステップに行けないような登録ページなど作らない。
そういうことに興味があるのは誰か。
僕が親なら子供にこう言う。
「クラスでお前だけがスマホも持ってなきゃLINEとやらもやってないと言うのだな?どうしてもやりたいならやっても構わないが、よく考えろ」
と。

ブログだって私生活を垂れ流しているじゃないか、と言う人もいるかもしれないが、僕がこのブログを書くために必要だったのは庭と名前とメルアドくらいで、しかも利用している間に友人や家族の電話番号が流出する心配もない。自分が書かなければ何も起こらない。何を出すか、どこまで出すか、何を隠すか、情報を自分でコントロール出来る。
しかしLINEやツイッター、フェイスブック関連の不祥事でよく目にするのは「出すつもりのないものが」「削除したはずなのに」といったものだ。ブログでは精神科医の香山リカみたいな一生表に出て来れないような赤っ恥を掻く気遣いはない。
またフェイスブックでは会いたくもない記憶にもない人間が自分を検索してニンマリしているとも聴く。別れた女や中学3年のとき好きだったH美の名前を検索して会いに行こうとしたり。

俺はそんなことより俺のブログでオクラを表彰したい。
結局今年の家庭菜園で一番安定して収穫できたのはオクラ君だった。過去形にしているけどまだ現役バリバリ。僕はキミを表彰したい。

ふと見るとこんな感じで数本実っているから。

キュウリもナスもトマトも生産終了気味のなか頑張ってくれているキミに感謝。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.21 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム