大きいバケツに寄せ植え&イレシネマジ半端ねえ

このあいだホームセンターで100円で叩き売られていた緑色のバケツ。縁台の上に置いておいたら雨に打たれて汚れちゃって、汚れついでに穴開けて・・・
寄せ植えを作った☆

使った苗はベゴニア、ペンタス、斑入りのトウガラシ、トレニア、ニチニチソウ、それからずーっとエアコンカバーの上に置いてあったアイビーゼラニウムを鉢から上げて植え替えた。
ご記憶の方もいると思うが、この家に越してくる前は自宅とは別にアパートの一室を事務所として借りていた。例によって築640年くらいのオンボロアパートだったが、いつでもどこでも花を飾らなければ気が済まない自己チュー園芸夫婦の僕たちはそのアパートでも頑張った。
そのアパートでの園芸&DIY活動は「カフェ風事務所を作る」カテゴリに集めてあるので参照して欲しいが、このアイビーゼラニウムはその頃買ったものの生き残りだ。
初夏、あらかじめ自宅の庭でプランターに植えておいたものを事務所まで持っていき、ブロック塀に金具をセットし、金具に板を走らせ、寄りかかっただけで割れそうな頼りない窓からクソ重いプランターを出してセットしたのだ。
たった3年前の話だが我ながら「そこまで花飾りたいか!」ってツッコミたくなる。ま、今でも似たようなことしてるケドね。
だってお花でその空間を変身させるとなると、どこからか力が湧いてくるんですもの。

なんかごちゃごちゃしてよく分からないけど、それぞれにもっと花がつけばゴージャスになると思う。

ところで、先月、ハンギングや寄せ植えに使ったイレシネという植物。

銅色の茎と葉がシックで、グリーンとホワイト中心の夏の寄せ植えのアクセントにピッタリ☆とか思って使いまくったんだけど。。

すっげー茂る。

リースにも寄せ植えにもハンギングにも、まるで万能調味料のごとくあっちにヒト匙、こっちにひとつまみ、と使ったのだが、これが学級崩壊の元凶になりそうな協調性のないヤツで、放っておいたら自分だけもさもさ茂り、「イレシネとイレシネの寄せ植え」みたいになった。
でもそんなじゃじゃ馬にもかかわらず、ルックスはお上品のまま。ペチュニアみたいに茎がムキムキになったり下葉が醜く枯れて行ったりしない。リシマキアやサツマイモの茎と同じで伸びた茎から根っこが出て活着するタイプ。こりゃ寄せ植えよりグラウンドカバーに使うべき苗だ。
グラウンドカバーもいいけど、ちょうどフクシアが枯れてハンギングがひとつぶら下がったまま遊んでいる。
そこに丸ごとに植え替えた。

単品で。。空中でなら好きなだけ伸びてくれていいから。

ハンギングといえば、小屋の庇にぶら下げているアイビーゼラニウム。

最近、葉が白くなってきて、まだらになった。それがとてもキレイである。

明日からまた仕事。休んだり働いたりの中途半端なお盆休みだったから逆になんか吹っ切れる。大人買いしてきた苗もほぼ全部植えられたし、2015年後半戦も頑張っていきましょう☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (56)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.16 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム