さっと庭に出られる棚を作る

庭に出るとき、僕はいつも洗面所で作業着に着替える。作業着といってもオーバーオールもしくはチノパンと、上から羽織る長袖のシャツだ。そして引き出しから汗拭きタオルを二枚取り出し、一枚はバンダナみたいに頭に巻き、一枚は首に巻く。そしてスニーカーで玄関から出て、勝手口までぐるりと回り、そこでゴム長に履き替える。玄関前にゴム長はみっともないので、勝手口に置いてあるためだ。ここまでで3~4分。もう一度玄関に戻って靴箱脇の棚に入れてある蚊取り線香を取り出し、点火、セット。5分。
夏場はこんな感じで「出動」する。
これが消防隊だったら失格だろう。消防隊は通報を受けてから5分で現場に到着することを目標に掲げている。そしてその5分の中には隊員が防火服を着用し車に乗り込む時間も含まれている。隊員が着替えて車に乗り込むまでの時間はたったの1分。それが目標である。
「お花のレスキュー隊」を自認する僕の奥さんもこれに習って1分で庭に出られるようにしたい!と言い出した。
要するに着替えやら虫除けやら、「完全装備」になるまでに時間がかかりすぎて面倒臭いし脱いだ物を掛けたりする場所もないから作るわ!という話である。
確かにそれは一理ある。麦わら帽子を被りたくても置く場所がない。オーバーオールも出来ればどこかに引っ掛けておきたい。
というわけで作業開始。
設置場所は台所にある勝手口。もうここを庭作業専用の出入り口にする。

写真では切れているが右側にカウンターがあり、リビングへと続いている。仕切りがないのでエアコンを入れておけば台所もまあまあ涼しい。洗面所や二階の寝室で着替えるよりずっとイイ。

色は赤である。レスキュー隊だからではなく、うちの台所とリビングの基調カラーが赤なので。
 
1×4材を格子状に連ねたパーツを壁に立てかけ、さらに下部に棚のような物をジョイント。これは格子を「自立」させるためである。
借家ゆえ壁にネジ一本打ち込めないので、こうやって自分で立たせるしかない。奥さんはよくこの手法を用いる。僕の部屋の棚もそうである。
もちろん棚は棚として使用する。

さらにもう一個棚を。これはスノコを赤く塗ったもの。

ありゃ・・・塗り残しがあるな。でも下から見えないからOK!

フックも付けて。

棚は頭の上に設置。ここに帽子を置く。
らしくなってきた。

自立しているものの、地震で倒れないように突っ張り棒も使う。
これで突っ張り棒が外れない限り倒れてはこない。

しかもこの突っ張り棒、転倒防止のためだけでなく、
棚をもうひとつセットするのにも使えるという。一石二鳥。

シュロ縄で吊ってあるだけだけど、いい感じ。

「はい、ここからはあなたの出番」
とむちゃ振りされた僕のパートは、突っ張り棒を隠すこと。
とうとうこいつを使うときが来たか!

群馬の道の駅「ららん藤岡」で一束100円で購入したプラスティックのアイビー!
絶対値札の貼り間違いだったけどシレっとレジ通って買って来たはいいがイマイチ使い道がなくて部屋の片隅に立てかけたままになっていたアイビー。

造花を仕立てるのなんて初めてだ。。。お店のレイアウトやってる気分。
ハサミで切って突っ張り棒に絡ませてゆく。所々麻ヒモで括って。。。
本物より気遣うわ。

こんな感じで。。。

完成~~☆

上着、オーバーオール、タオル、帽子、虫除けグッズ・・・庭に出るのに必要なものは全てここに置くことにする。そうすればドアを開けて長靴に履き替えればもう「完全装備」。ドアを開けたら1分で草をむしれる。水をやれる。

ハートのエアープランツ、ここに飾ることにした。合ってたから。


さっそく奥さん、水やりに飛び出していきましたとさ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (4)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.08.02 | | DIY(園芸雑貨・家具)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム