小さい夏の寄せ植えと「味来」の収穫

今日は午後から休み。仕事がないのだ。いや、「仕事は作るもの」という社会人の掟に従えばいくらでも時間を潰す方法はある。例えばパソコンの環境を良くするとか顧客リストを整理するとか「テプラ」で全てのファイルの背表紙のラベルを作るとか・・・・である。要するに雑用だ。でも僕はなんちゃって社会人だから雑用より庭で汗だくになるほうを選ぶ。
今日は日差しは強いが気温がそんなに高くない。程よく風もある。晴れているのに午後一から庭に出ても髪の毛から煙が出ない日なんて滅多にない。絶好の仕事放棄日和だ。
いつものようにウォーミングアップも兼ねて除草。月曜日、内庭の菜園周りと花壇をきれいにしたので今日は通路。

この通路、花でいっぱいだから雑草の入り込む余地がないらしく、そんなに目立たないんだけど、よく見るとカラミンサの間からネコジャラシが出てたり、あまりに堂々としているため、あたかも「春に植えた宿根草かしら?」みたいになっているふてぶてしい雑草も中にはいる。そういうのを見つけて抜いていく。根っこから抜かないと意味がないので、花苗の間を掻き分けて雑草の根っこだけを抜くのだが、これが意外に難しい。間違って初雪カズラ抜いちゃった。。。すぐ埋め戻した(焦)
草を抜きつつ、二週間前に買ったのに台風やら仕事やらで植えられずじまいだった花苗たちを植えていった。

すぐ水を切らすので日陰に置いておいたのだが、それはそれで日照不足だったらしく、少し悪くなってしまった。まあ、根付けば元気になるだろう。
僕が通路で作業している間、奥さんは奥さんで寄せ植え作り。
白い陶器のジョウロ型の鉢を使って。

エキゾチックなどピンク色の葉っぱはヒポエステス(赤)、隣の斑入りの葉っぱがカラジウム、後ろでワサワサしているのがアジアンタム、縁から垂れ下がっているのがリシマキア。
このジョウロ型の鉢、確かコメリで500円で買ったのだが、インテリアなのか外用なのか決めかねて、ずっと玄関の棚の上で遊んでいたのだ。
どうせ同じ場所に置くなら何か植えられているほうがいいよね。


もうひとつ。
室内用にスパティフィラム。

この鉢は近所のスーパービバホームで200円で買ってきたパキスタン製の鉢だ。
スパティフィラムの葉っぱがパキスタンと合ってるわー。
奥さんお疲れ様でした。。

ヒゲがすっかり焦げてきたので、トウモロコシを数本収穫してみた。

今年は「味来」という品種。
肥料が少ないのか日当たりが悪いのか密植しすぎたのか・・・どれも小ぶりで残念な結果に終わった(一番大きいので↑このサイズ)。
でも、皮をむくとまぶしいほど。

このキラキラを見るだけで報われた気分に。。。小さくても自分で作った野菜はナンバーワン。

☆クリックしてもらえると励みになります☆


出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.07.23 | | 観葉植物・インテリア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム