マスコミはぶっ潰してOK!

自民党若手議員の勉強会でマスコミを批判するような発言があったとかでニュースになっている。
最初に僕が目にした記事は、「百田氏発言、『沖縄2紙潰せ』」
という見出しのもの。
勉強会に講師として招かれた作家の百田尚樹氏が、「沖縄の2つの地元紙は潰さないといけない」と発言したという。
それから少し時間が経って、百田氏から「あれは冗談だった」という釈明があり、百田氏以外の出席者からも問題発言があったことが明かされ、その勉強会の代表を務めていた自民党・木原議員が更迭、1年間の役職停止が決定した。
しかし実は百田氏の発言は勉強会終了後、議員との雑談の中で飛び出した言葉であり、本番中に壇上で声を張り上げていたわけではない。にもかかわらず朝日は「百田氏発言、『沖縄紙つぶせ』」という見出しをつけ、あたかも同氏が青筋立てて熱弁をふるっていたかのような印象を読者に与えた。
ちなみに僕が最初に読んだ朝日の記事ではその沖縄の2紙が「沖縄タイムズ」と「琉球新報」だという記載もなければ、この2紙がどういう特徴を持った新聞かといった説明もなく、どういった(前後の)文脈でその発言が出たのかも書かれていなかった。
大事なことは報道せずに自分たちがあたかも後ろからバットで殴られた被害者かのように振舞う・・・いつものやり方。
琉球新報も沖縄タイムスも戦後、米軍統治下に米軍の広報紙として作られた新聞で、反日・反戦・平和を軸にした左派系新聞である。尖閣問題については当事者でありながら領有権を主張するでもなく、むしろ中国寄りの記事を載せるなどその奴隷根性は朝日、毎日、東京新聞の上を行く。もちろん安倍政権にも批判的な立場をとっており、「沖縄タイムス」は今回の件を「権力による言論統制だ」と社説で厳しく糾している。
ネットで社説や記事を読めば、この2つの新聞が偏向報道なんて言葉が空しく聞こえるくらい、「中立・公正」から逸脱した新聞社であることがすぐ分かる。
もちろん、だから潰していいという話ではない。百田氏も本気でそんなことは考えていない。問題のある新聞社であるのは確かだ、と言いたいのである。
自民党若手の問題発言というのも、「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番だ、文化人が経団連に働きかけて欲しい」という至極真っ当な意見で、何が問題なのかサッパリわからない。
議員でありながらマスコミを懲らしめようなどと思うこと自体がそもそも問題だ、と言いたいのだろうが、僕から言わせれば、今まで散々国民を惑わし、洗脳し、世論をミスリードし、捏造し、人を傷つけ、悲しませ、おまけに嘘八百の記事から隣国との間に修復不可能な「溝」を作ったマスゴミに情状酌量の余地などないから、むしろ今まで懲らしめられずにやってこれただけでも有難いと思え、という感じだ。
しかしこういう問題が起こると、必ず「メディアは権力のチェック機関。それが権力によって圧力をかけられ萎縮してしまうと、国民に真実が伝わらない。だからその独立性は担保されるべき」みたいな知ったかぶったキレイゴトを訳知り顔で吐く阿呆が出てくる。
こういう達観したような空疎な言葉をテレビカメラの前で恥ずかしげもなく吐く人間が一番信用出来ない。
僕は日本のマスゴミなんか片っ端からぶっ潰しておKだと思っている。テレビ、ラジオ、新聞・・・いったん全部ぶっ潰して、ゼロから作り直したら絶対もっとマトモな国になると確信している。
もし僕がこの国の王様になったら、一番最初に手をつけたいのがそれである。
マスコミの解体。
そしてどうするかといえば、「在京キー局」などというアホな言葉が死語になるように、テレビ局を乱立させる。乱立するような法制度を整備し、規制を緩和し、多チャンネル社会にする。国民に電波を開放し、公共の電波を使った報道、発信事業が、一部の自分をエリートだと錯覚している「たわけ」どもだけの特権ではない時代にする。
これを実現すればこの国の民度は間違いなく上がる。
少なくとも今の「キー局独占状態」より平和に近付く。戦争から遠ざかる。
大東亜戦争下、イケイケドンドンで一億玉砕を煽りまくったのは朝日新聞を筆頭とする新聞各社だということを忘れてはならない。
日本のように情報が統制されている、少チャンネル、少選択肢社会というのは、国民が洗脳されやすく、集団化しやすいのだ。
小泉劇場、民主党の圧勝そして完膚なきまでの惨敗、「雰囲気だけの改革」「なんとなく都構想」だった橋下徹へのほとんど盲目的といっていい支持、嫌日とも知らずに大歓迎したキャロライン・ケネディ・フィーバー・・・
胸に手を当てて思い出して欲しい。我々日本人がいかに熱しやすく冷めやすく、直情的で非論理的か。そしてこれらの「お祭り」のほぼ全てが、メディアによって先導されていたことを。
もともと従順な国民性のうえに右へ倣えの報道機関しかない今の状況こそ、実は9条を変えるより、集団的自衛権を行使するよりずっとずっと、「戦争をする国」に近いのだ。
朝日や毎日は安倍首相が戦争したくてウズウズしているファシストに見えるのか知らないが、僕からすればお前らの方がずっとファシストに近いぜ。
国谷裕子という女性キャスターがいる。
彼女はかつて番組内で「(我々メディアに身を置くものは)視聴者をしっかりハンドリングし・・・」というようなことを言った。衝撃的だったのでハッキリ覚えている。
彼女は自分が視聴者国民を「ハンドリング」(誘導・操作)すべきだと思っているのである。視聴者国民をどこかへ導こうというのだ。
とりあえず安倍首相は「しっかりと国民をハンドリングし」などとは言わない。
「国民の皆様方ひとりひとりに届くよう、しっかりご説明させていただく」という非常にへりくだった言い方である。
そもそも自分が国民の「上」にいると思っていないからだ。安倍首相の中では国民は上とか下にいるものではなく、「守るべきもの」である。これは全ての政治家に共通していなくてはならない「意識」だが、多分、地震の直後に塩を買い占めた小沢一郎とか鳩山を騙してまで総理の椅子にしがみついた菅直人とかにはない感覚だろう。こういう、政治家(リーダー)としての資質を備えた人が首相だと思うと非常に心強い。
とにかく、マスコミ関係者なんてそんなものだ。
視聴者より自分のほうが「上」。とんだ勘違いだ。一体いつ誰があんたに僕たちがどう判断すべきか委ねた?せいぜい自分の旦那でもハンドリングしていやがれ。
こういう支配欲、権力欲の強い人種がいる限り、絶対に戦争はなくならない。そしてこのような、人の上にいないと落ち着かないようなセコイ連中が集まる場所が、マスコミなのである。
セコイ人間に限って権力に弱く、大きな力に押されて、デカイ声で国民を動かそうとする。
マスコミは権力のチェック機関を自負しているが、マスコミのチェック機関はない。
こっちの方がずっと危険だと思いませんか。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.06.28 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム