ユリの咲く庭

晴れたり降ったり曇ったり、かと思ったら降ったり・・。雨が多いと水をやる手間が省けてラクはラクなんだけど。
庭も、花より緑の方が多くなってきて、ちょっと暗くなったかな。

だから奥さんが忍ばせておいたユリの球根が次々と開花してくれたのは、庭に明るさを取り戻す意味で、グッドタイミング。

全部同じ薄いピンク色だったけど、あちこちで咲いているのでそれぞれ表情があって面白い。

京都だったかどこかの植物園を散策しているときに、うっそうと樹木が茂る中に、ポツンと、ポツンと咲いていた山百合。その素朴で飾らない山百合の姿に影響されて、奥さんはわざと変な場所に球根を埋め込んだ。

でもまあ、素直に咲いてくれてよかったね。


通路ではグラジオラスがこっそり咲いていた。この表現が合っているかどうか分からないが、僕の中ではグラジオラスは「エロカッコイイ」花である。

ラテン語の「グラディウス」(短剣)を語源にする花だけあってそのシャープな葉っぱは男性的。でも花は柔らかく可憐で、要するに両性的である。
グラジオラスは通路にけっこうたくさん埋めたと思うので、これからどう咲くか楽しみ。

通路も色んな植物の葉が繁茂してきて何がなんだか・・・って感じになってきた。

そんな通路の中でも、このスポットが特にお気に入り。サルビアとコリウスのビビッドな葉の色と、シロタエギクの白のコントラストが夏らしくて。

オルレアもすっかり「お疲れさま」な姿になりまして。

思えば読者の方から、この状態の種を封筒に入れて送っていただいたのだった。最初は本当に育つかちょっと自信がなかったんだけど、9月に撒いて10月には発芽して、冬の寒さにも負けずにすくすくと大きくなった。この春~初夏は通路でも庭でも大活躍だった。
もう、こぼれ種で勝手に世代交代しそうだけど、念のため種を採取しとこう。
余ったらこっそり母の家の庭に撒きまくるか。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2015.06.26 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム