グラハム開花&ポインセチアの冬越し

朝起きたら、グラハム先生が咲いてた。

2度目の挑戦でやっと花を拝めた。
4年前、最初に植えたときは「おーい」ってくらいみるみる小さくなっていったが、今回はその逆。みるみる大きくなって気付いたらいくつも蕾がついてた。
人によっては最初の年は今後の生育の為に蕾をもぎって花を咲かせなくする人もいるそうだが、うちは咲かせる方向で。・・・だって花見たいもん。
サマースノー、アンジェラも日ごとに花の数が増えるのでこの空間、毎日が発見。見ていて飽きない。


まあ、ついこのあいだまでこれだからね↓↓、この場所。

それがなんということでしょう。

白い花はオルレア。読者の方から種を頂いて、軽いノリで「アンジェラの周りでいいんじゃね?」とばら撒いたら、白&ピンクのコントラストがカチっと。実際どんな花がどんな風に咲くかよく分かってなかったので、これは嬉しい偶然だった。

第三の庭では、昨日まで咲いてなかったアヤメが咲いた☆

こちらは冬越ししたリーガーベゴニア。

地上部はすっかり枯れ果てて、捨てようかなと思ってよく見たらほんのちょっとだけ新芽らしきものが出ていたので放っておいたら、こんなに葉っぱが育って。。
冬越しした植物ってなんともいえない勇気をくれる。
「コレは無理だろ」と思っていた苗の場合は特に。
この植物なんだか分かりますか??
 
去年のクリスマスに買ったポインセチア。
二階の寝室に置いておいたら冬越ししたらしい。。。
こちらは去年の夏に買ったハイビスカス。

同じように二階に置いておいたら冬越しした。既に蕾もチラホラ。
ハイビスカスは過去にも経験あるが、ポインセチアは驚き。以外にタフだ。

所変わって通路というか門扉周辺。
郵便ポストの下でとんでもないカーペット状態になっているのはコンボルブルス。

なにげに花咲いてる。。

はじめてポット苗で買ったときとか、(値段高めだし)寄せ植えに使う際にも結構丁重に扱ってた記憶があるんだけど・・・今じゃ普通に踏んでます。。
しかしこれがコンボルブルスの真の姿なんだな。

今日は珍しく日曜の午前中という時間帯にこうしてブログを更新している。
青空の遠く上空からプロペラ音が聞こえてくる5月の部屋。陽だまりは既に夏。
洗濯物が揺れている。
このあとまた庭に出る。
いい季節。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (45)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.05.10 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム