日陰の庭をレンガで明るくする

あまり日の当たらない東側のスペース。柿とキウイが微妙な距離感で植えられ、背後に味気ないブロック塀がそびえるこの場所は、しばらく悩みの種だった。キウイと柿の生い茂る葉のせいで昼でも暗く、湿っていて、ヤブ蚊の棲家になっていて、夏場の夜はブロック塀にたくさん「あの虫」が這っていた。そういう訳で、ぶっちゃけあまり行きたくない場所であった。
でも広い。無駄に広い。この空間、ただヤブ蚊の温床にだけしておくなんて勿体無い・・・。そう思ってこのデッドスペースを「第三の庭」と名づけて、「ちゃんとしよう」と決意したのが今年のはじめ。
まず草を抜き、キウイと柿木を剪定し、変な場所に植えられてあったアジサイやヤブランを掘り上げて別の場所に移した。

地面をならしたら、お次はこの陰気なデッドスペースを彩ってくれる草花探し。
読者の方から色々アドバイスを頂いて、てゆーか実際に苗とか送ってもらっちゃったりして・・・

色々植えたのが今年の3月初旬。。。

2ヶ月経って、今ではこんな感じに。。潜伏していたシランやユリが発芽してけっこう賑やかになった。

このままでもまあ・・・いいんだけど。
当初から決めていたのが、ここにレンガの通路を引くということ。。
今日、案の定超ヒマだったので、仕事放棄してレンガを敷いた。
70枚以上のレンガを買ってくるのも大変だったが、敷くのはもっと大変。。。
それでも3時間ほどで完了。

完全に土に埋め込むと土を被ってレンガの色や風合いが失われる気がしたので、「半埋め」の状態で踏み固めてある。
仕上げに水をかけ、さらに踏み固めた。


レンガを敷いたら、「スペース」から「庭」になった。

室内から網戸越しに眺める。にやにや。

もう暗くて陰気な場所ではなくなった。むしろ進んで様子を見に行きたい場所。
レンガの小径を敷いたお陰で、他の草花をどこに植栽したらいいかイメージがしやすくなった。今まではどこにどうレンガを敷くのか分からなかったので、無難な隅っこのほうにしか苗を植えられなかったのだ。
疲れたけど、やってよかった。なんかもう一つ新しい庭を持ったような気分。
これからアヤメが咲きユリが咲き、ジギタリスが咲き、アジサイが咲き、ますます明るくなっていくことだろう。
庭の楽しさ、ここにあり。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.05.08 | | 新居の庭造り

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム