ビックリ!な野菜苗の植え方

昨日の祝日は野菜苗の植栽をした。
公約した通り、今年の家庭菜園は「井原式」で行く。井原とは以前紹介した(コチラ)「家庭菜園ビックリ教室」の著者、井原豊氏のことである。苦土石灰を使うな、野菜苗は植えたら水をやるな、など、まさに常識外れの「俺流野菜作り」を貫く井原氏に感化され、我が家でも彼の教えに(可能な限り)忠実に野菜を作ってみようと思っている。

コメリで種と苗を買ってきた。

ニンジン、エダマメ、ナス、きゅうり、トマト(大玉・ミニ両方)、ピーマン、パプリカ(赤)、トウモロコシ、オクラ、トウモロコシ、サトイモ、サツマイモ。
この中で初挑戦なのがパプリカ。あと強いて言えばトウモロコシの「味来」。ずっとハニーバンダムとピーターコーンだったのだが、ブロ友さんに熱く薦められたのでやってみる。
ハッキリ言ってこんなに買っても植える場所は限られている。毎年やっている定番の夏野菜はともかくサツマイモは無理がある。
ここは大草原の小さな家じゃない、さいたまの住宅街だ。サツマイモなんかどこでやるんだ?と散々奥さんを糾したが、「袋で育てている人だっている」と、ツルの束を握ったまま売り場から動かない。
結局奥さんの(食い)意地に根負けして買ってきた。

僕がうるさいのでメジャーで広さを測り、実現可能な配置を考える奥さん。(井原式では本当は畑の畝は南北ではなく東西に向けた方がベターと書いてあるが庭の景観上それはイヤだったので、南北で)

ある程度の配置を決めて、僕が元肥を施す。
井原式では、苦土石灰は使わず、過リン酸石灰を使う。といっても苦土石灰の代わりに土に降りかけて混ぜ込んで2週間放置・・・というのではなく、鶏ふん、牛糞、油かすといった元肥の上に乗せたり、畝全体にすきこんだりする。
普通、石灰というと畑の土を「消毒」「中和」するために使う、というイメージだが、井原式に「中和」という概念はない。土が酸性からアルカリ性になればなるほど病気が出やすくなるからだ。苦土石灰など使うくらいなら酸性土壌にしているほうがマシという考え。
どの野菜にも鶏ふん、過リン酸石灰を使う。トウモロコシなんかこの二つだけで肥料はOK。
なす、きゅうりはこれに加えてチッソ分を多くするので油かすを入れる。
分量は適当。1平方メートル当りとか1反当りとか言われても訳わかんないし。。(算数できない)
そんな感じで苦労してそれぞれの野菜に合った元肥を施し終えてから、重大なことに気付いた。
去年秋ジャガを植えた場所にトマトを植えようとしていたのだ。
NO---!
なんでジャガイモとトマトが同じ「ナス科」なんだよ!全然ちゃうやろ!なんて言っても始まらない。神様が決めたこと。
すったもんだの末、こんな配置になった。(結局サツマイモは説明するのが面倒な庭の片隅でやるそうだ)
トウモロコシは写真右端のジャガイモの向こう側でやる予定。

さて、「ビックリ教室」で一番ビックリするといっても過言ではないのがトマトの植え付けだ。
①畑は踏みしめて硬くしておく。トマトは売り場で一番ひょろひょろの苗を買ってきて、寝かせて植えろ。

②そして踏んづけろ。

③植えたら水をやるな。

半信半疑のまま言われるまま。。。
 
 
水、超あげたくなるんだけど。。。我慢。(水をあげないのはトマトだけでなく他の野菜も同じ)
あとは放置。

まんまと失敗したら笑ってください。
でも今のところ、井原式でやったジャガイモの生育がすごくいい。苦土石灰を使わず、過リン酸石灰、硫安、塩化カリウムなどを使う。(うちは塩化カリウム入れ忘れた、買ってきたから追肥で入れるか・・・)
どんな菜園になるか乞うご期待!

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.04.30 | | 家庭菜園

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム