ヘレボの贈り物

昨日、宅急便が届いた。
あけるとヘレボがぎっしり詰まっており、その上に宇宙からのメッセージカードが。

そういえば先日「ヘレボ(クリスマスローズ)要りますか」とメールを受け取っていた。もらえるものなら、とこちらも図々しく催促した。
しかし・・・これは思っていたものと全然違うゾ!

メールには
超ワケあり状態でよければ」とあったはずだ。その理由として
「根がガチガチ」
「地上部も小さい」
「元気いっぱいに雑草が混ざっていて危険」
などなど、クソミソに書かれてあり、あたかも持て余しているからもらってくれると助かる、みたいなノリだったのである。だからこそこちらも頂きやすかったのじゃないかよ。
しかし送られたヘレボはどう見ても訳ありじゃない!少なくともそうは見えない。雑草なんか生えてないし、地上部も小さくない。茎もしっかりしているし、新芽もたくさん出ている。
訳ありどころかむっちゃカワイイぞ!

きっと管理の仕方が丁寧だからだろう。その辺の園芸店のヘレボよりずっとしとやかである。
しかもヘレボだけじゃなく、
かきもち入ってた。
DSC_0609cccv (5)
笹で括られている。干されていたのだろうか。
郷の匂いが詰まった心温まる贈り物。すごすぎる。
しかし実は隣で奥さんが「ああっ!かきもちだ!」と言うまでなんだか分からなかった。今まで一度も食べたことがないし見たこともないのだ。
「油で揚げるんだよ」
マジか。
そういえば向田邦子の「阿修羅のごとく」(ドラマ)にそんなシーンがあった。正月に飾っていた鏡餅を割って油で揚げると恐ろしく硬い煎餅みたいなのが出来て、それを皆でガリガリ言わせながら食べる。
餅を揚げるのか。。へえ~。
絶対うまいだろうな。

ギフト、頂く度にもう春が来たみたいな気になる。箱を空けると、ポワンと暖かい丸いものが浮かんで出てくる。
そして送り主様たちの梱包の上手さ、繊細さ、几帳面さに感嘆する。僕より奥さんが驚く。僕は奥さんの手前あからさまに関心しないようにしている。
こんな小さなブログをきっかけに色々な地方の人から苗を頂いたりするようになるなんて夢にも思っていなかった。うちには人様に送って喜ばれるような苗が皆無なのが心苦しい。スギナだけはいっぱいあるが。
ヘレボは日陰の「第三の庭」に植えようと思います。
「花が咲くか分からない」と書かれてあったのだが、僕はヘレボの葉も好きなので、全然構わない。葉だけでもお洒落な植物である。

ああ・・かきもちが気になってしょうがない。奥さんに頼んで一刻も早く揚げてもらおう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2015.02.03 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム