「家」と「庭」

昨日、大掃除をした。窓を拭き、クエン酸で電気ポットの水垢を取り、換気扇をピカピカにした。レンジ周りの油はキャンドゥで買ってきた「セスキ炭酸ソーダ」が役に立った。水に薄めたセスキをスプレーするだけで、しつこい油も簡単に落ちる。
隣から奥さんが『ショップチャンネル』の声色で訊いてくる。
「ねえマーク、そんな簡単な方法で本当にこのしつこい油汚れが落ちてしまうの?」
「ジェニファー、『百聞は一見にしかず』って言うだろ?嘘だと思って見てごらん、このセスキ炭酸ソーダを使えば・・・・ほら」
ギトギトの油膜がセスキと反応して滴り落ちる。そこをスポンジでふき取る。
いやマジで、よく落ちる。おすすめ。
今年一年頑張ってくれた菜園も、落ち葉を広い、耕しなおし、キレイに。

お飾りも買ってきた。

事務所の神棚に鏡餅と庭の柚子を供えた。お神酒もあったほうがいいかな。

1年分の埃や汚れをキレイに落として、カラダはくたびれたが心は清々しい。
この家に越してきて最初の一年が無事過ぎようとしている。
事務所を「つくる」ことから始まり、荒れ放題だった庭を開墾して畑にし、自家製腐葉土を作り、通路に植栽し、穴の空いたブロック塀の補修をしたり、看板を立てたり・・・色々あったが、やっぱり僕の家作りの中心は「庭」だ。
家を選ぶとき、「庭なんかおまけみたいなもの」という人もいるだろうが、僕たちは逆だった。まず「庭があること」を絶対条件に探してこの家にたどり着いた。
不動産屋を通さず、住所の当たりつけてこの家をこっそり「偵察」に来た。真夏だった。
もちろん何も植わっていない通路を上がり、閉じていた門戸からおそるおそる中を覗いた。そのとき一陣の風が自分の体を通り抜けていった。雑草ボーボー、家の中もどんな状況は分からなかったが、呼ばれている、と思った。
「家庭」とは「家」と「庭」と書く。
と、古い園芸雑誌に書いてあった。
ありふれた言葉なようだが、目からうろこだった。胸を突かれた。
庭があって、初めて家になる。
庭のない家は家じゃない、という意味ではない。
僕は、「庭」とは、イコール「楽しむこと」と解釈している。楽しいことをする空間。
マンションやアパートには本物の庭はないかもしれないが、そこに自分の「楽しみの世界」があればそれがその人の「庭」になる。その「庭」を広げるために本を読み、人とつながり、腕を磨き、発信する。そうやって「楽しい」を掘り下げる。独りで、夫婦で、子供と一緒に、家族みんなで。「豊かさ」とはそういうものだ。
だから言うなれば「楽しみ」のない家など家ではない。そう思う。

あ、セスキ炭酸ソーダに感動することも「楽しみ」のひとつね。マジ生活豊かになったわ。
そんなわけで、皆さんも良い年をお迎え下さい。
2015年も「庭にいます」をよろしくお願いします!☆

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.12.31 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム