足利フラワーパーク

月曜日は仕事を5時に切り上げ、足利フラワーパークへイルミネーションを観に行った。コメントで読者の方に教えてもらった場所だ。
日が暮れる寸前まで小雨がぱらついていた足利。雨がやむのを見越して高速を飛ばしてきた。仕事放り出してイルミとかどんだけ暇な事務所だよと思われるかもしれないが、土日は絶対混むと思った。行くならあまり天気の良くないド平日と決めていた。
それでも駐車場で一服していると車が次から次へとやってくる。ほとんどが栃木ナンバーだが、「関東3大イルミネーション」に数えられるだけあってその誘引力はさすがだ。

足利フラワーパークが他のイルミと一味違うのは、音(サウンド)と光をシンクロさせている点だ。
入ってすぐの山の斜面では、爆音で「オーバー・ザ・レインボー」がかかり、ずっと見ていると雷様が出てきて雷の音をゴロゴロ言わせたり、汽車が飛んできて「ポッポー」と汽笛を響かせたりする。

コンセプトは「フラワーファンタジー」らしい。
手は込んでいるのだが、光で描いた図柄がどれもちょっと子供じみていて、デートには向かない気もする。
中国大陸を中心に描かれた地球にも意義あり。

もちろんロマンチックなイルミもたくさんある。
水面に映りこんだピラミッド。



藤棚に青色LEDを無数にぶら下げた光の棚。ここは超幻想的。

これはこのパークのシンボル、藤の大木。。

藤の季節にはこの大木を見るために全国からたくさんの人が訪れるとか。。

パーク最奥部に、「花色占いコーナー」というちょっと切ないコーナーがある。ボタンを押すと花の形をしたイルミがルーレットで点滅し、花の色が緑なら「やすらぎ」、黄色なら「笑顔」、ピンクなら「愛情」、青なら「希望」で、そのカップルの未来を占うという。
思春期の女子高生じゃあるまいしイイ大人がやることじゃない。シャクな恋の夢など全部黒く塗りつぶせと言いたいところだがこっちは妻とデートで来ているからそういうイベントはむしろウェルカムだ。
スイッチオン!
ピピピピピピピッピピ・・・・
ピ・・ピ・・ピ・・(音は鳴りません)
ドキドキ(やすらぎとかありえないよな、ドキドキ 希望も微妙だし・・・)ドキドキ
花の色がピンクに点灯した。
愛情。
自分を抑えることが出来なかった。
どういうポーズをとったか覚えていないがとにかく喜びをあらわにしてしまった。
妻:「機械にも分かるんだっ、
私たちのこと!

小さく叫んだつもりだろうが後ろに立っていたカップルには聞こえただろう。ちなみにそのカップルは黄色だった。
「笑顔」だ。

勝った。

さて、、フラワーパークだから園芸店も併設されている。

イルミネーションを背後に苗を見るのは初めてだ。
夜も素晴らしいのだが、歩けば歩くほど昼間の顔も見たくなる。園内にはバラの苗も数え切れないくらい植えられているし、暗くてよく分からないがけっこう花が咲いているのだ。この季節に。↑の園芸店もちゃんと見たい。
昼に来ればまた違った発見、刺激を得られそうな気がした。
半券を持って来れば「リピ割」してくれるそうだから、また来よう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.12.02 | | 行ってみた

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム