トドとクジラとヘイジュード

九十九里浜にトドが現れた。動物のトドである。北海道ではちょくちょく見られるが房総半島にトドが現れるのは極めて珍しいという。実家が近いのでつい見入ってしまった。
トドはしばらく浜でゴロゴロしたり、遠い目で沖を見つめたりしていたが、ここは千葉。シーワールドの職員が駆けつけ、保護された。
シーワールドによると口に釣り針の刺さった跡があり気がかりだという。得体の知れない密猟船にも領海を自由に使わせてあげている国だから、不届き者にいじめられて逃げてきたか。
子供の頃、「矢鴨事件」というのがあった。ボウガンの矢が首に刺さった鴨が発見され、誰がこんなヒドイことを・・と、たいそう話題になった。その鴨がまた元気に泳いだり餌を食べたり「フツー」にしているものだから逆に哀れを誘ったものだ。
数年前には多摩川にアザラシが現れて「タマちゃんブーム」が巻き起こった。中にはグッズを販売したりする業者もいたが、基本的には大人も子供も遠巻きに写真を撮ったり声を掛けたりするだけだった。日本中が癒された。
日本人は優しい。
動物が大好きである。
ホームセンターに行くとペット専用のカートがあって、愛犬・愛猫と一緒に買い物が出来るようになっている。ペットOKのホテルも増えた。ウサギと戯れられるラビット喫茶なんてものまである。

その日本人が「鯨を食べる」というだけで動物虐待国家として世界中から白い目で見られている。なぜなら鯨は絶滅の危機に瀕しており、そもそも人間が食べるものではないからだそうだ。
ノルウェー人は9世紀から捕鯨をしている。食べもする。アメリカは戦後、石油が台頭するまでの2百年あまり鯨を殺しまくって鯨油を抽出し、肉は捨てていた。鯨なんぞランプの燃料としか見ていなかったからだ。
そのアメリカが目をつけたのが日本の海だった。日本近海には鯨がたくさん集まる漁場があった。幕末の日本近海には毎年700隻あまりの外国船がやって来たが、その3分の2がアメリカの船だったといわれる。アメリカは日本近海で鯨を獲り、当時各国の捕鯨船が集まる主力基地だったハワイ(サンドウィッチ島)を経由して、ボストンに帰航すれば儲かると踏んだ。そのためには日本に漁場を明け渡してもらわねばならない。
メルヴィルの『白鯨』にこんな一節がある。
「あの二重にかんぬきをかけた国、日本が外国に門戸を開くことがあれば、その功績は捕鯨船にのみ帰せられるべきだろう。事実、日本の開国は目前に迫っている。」
「白鯨」出版から二年後、ペリーとかいう男が日本を脅しに来た。

それから時は流れて70年代末、ポール・マッカートニーというイギリス人が言った。
「人間の友、鯨を食べる日本人は人肉喰い野郎だ!」
今では海上テロ集団『シー・シェパード』の支援者であることを隠しもしない彼が少し前、来日した。半被を着て空港のロビーに姿を表した彼を日本人は温かく出迎え、泣きながら「ヘイ・ジュード」を大合唱した。数十億というギャラを稼いでかつてのアイドルは帰って行った。
そしたら1年もしないうちにまた来た。
金に困るわけはないからよほどやり残したことがあるんだろうと思っていたらウィルス性の炎症とかで全公演がキャンセルになった。
日本人はやさしいからウィルス性の炎症と信じてポールの復活を祈り続けた。
しかし目撃証言などから新事実が出てきた。
病気ではない、ただの二日酔いだと。
日本に到着した翌日、彼はリハーサルをばっくれて六本木で「夜の遊び」に興じていたと。そのあと料亭に行き、ベジタリアンのくせに生の魚を食って酒を飲み、具合が悪くなったと。
もしかしたら知恵の回るホステスが耳元でささやいたのかもしれない。
「ポール、それクジラの肉だって知ってる?」

トドでもアザラシでもポールマッカートニーでも、遠巻きに見つめて祈ってあげる優しい日本人が僕は好きだ。
だが19世紀のアメリカよろしく日本近海を自分の庭のように荒らし回る密漁船まで見守ってやる必要はない。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.11.05 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム