売れないアルバムとU2の誤算

興味深いニュース記事を読んだ。今の日本の音楽マーケットに関することだ。
「嵐66万枚、2位は1万1千枚」
その記事によれば今月13~20日のオリコンチャートで1位を記録したのはスリップノットの新作で、一週間後の20~27日のランキングでは嵐のニューアルバムが1位になり、2位が「名探偵コナン」のサントラだった。
興味深いのが、嵐が66万枚売って1位を獲得したのに対し、その前の週に1位を獲ったスリップノットはたったの1万8千枚だったと。(ちなみに今週2位の「コナン」は1万1千枚)
スリップノットというのはアメリカのハードコア・メタルバンド。スプラッター映画よろしくのルックスと心臓を鷲掴みにするような音楽性で、00年代中頃に一世を風靡した。オリコンなどとは無縁だった彼らが「1位になった」と最初に聞いたときは「やるなあ」と感心したが、まさか1万8千枚だったとは思わなかった。
こうなると当然のように、こんな疑問の声が。
「1万8千枚でも1位になれちゃう音楽市場ってどうなの?」
誰だってそう思う。
90年代の「小室ブーム」から00年代半ばのモー娘、オレンジレンジ、浜崎、平井堅などに至る「Jポップバカ売れ時代」を知っている人からすると、ぶっちゃけ嵐の66万枚だって大したものには見えないだろう。洋楽・邦楽総じてアルバムが売れない時代なのだ。だからちょっと売れた、というだけですぐ1位になれてしまう。
これは日本に限らずアメリカでも同じである。アメリカは1991年から1週間ごとに全米で販売されているアルバムの「週間売上枚数」を集計しているのだが、今年9月にはとうとうそれが400万枚を下回り、過去最低を更新した。
2014年上半期の全米アルバムランキングを見ると、100万枚以上の売上を記録したのは「アナと雪の女王」のサントラのみで、2位のビヨンセでさえ70.2万枚である。(今後売上が伸びる可能性もあるが)
100万枚以上レコードが売れることを「ミリオンセラー」というが、この単語も近い将来死語になるかもしれない。実際、アメリカの「ゴールドディスク」は88年までは100万枚以上売ったアーティストにのみ贈られていたが、現在では半分の50万枚でOKということになっている。
こうした背景にはもちろん音楽のデジタル化、ネット環境の充実がある。
アップル社が「アイポッド」を発売し、スティーブ・ジョブズにたらしこまれたU2が広告塔として「アルバムの時代は終わった」と宣言して以来、音楽は「内容」から「容量」で計られるものになった。CDになった時点で音楽は既にデジタル化されていたわけだが、インターネットが普及するまで誰もそれが「何バイト」なのかなんて分からなかったし、分割して何千曲もポケットに持ち歩くなんて発想もなかった。
リスナーが「音楽=データ」と自然に認識し、ジャケットも解説も歌詞カードもない、丸裸の音楽に「満足」出来るようになったとき、初めて音楽は本当に「デジタル化」したといえる。
そしてそういう時代を「是」とし、先手を打ったのがジョブズでありアップル社だった。
そのアップルがまたU2を担いで音楽シーンに風穴を開けようとした。
音楽の無料化である。
先月、U2はニューアルバム「ソングス・オブ・イノセンス」を無料配信した。といってもItunesユーザーにのみだが、アルバム丸ごと無料で配信というのは僕が知る限り彼らが初めてだ。
この「大盤振る舞い」には賛否両論(いやどちらかというと非難の方が多いが)が巻き起こった。
「U2は自分勝手」「恥を知れ」・・・オジーオズボーン夫妻
なぜ「自分勝手」かというと、U2のような大御所がアルバムを無料にすると、ますます誰もアルバムを買わなくなり、これから活動しようとする新人の芽を摘むことになるからだ。
「彼らには金が支払われている。でも、他の連中はどうだ?」・・・プリンス
つまり、ボノはあたかもこの「無料配信」を何か革命的な、慈善行為のように見せながら、その実アップル社から多額の契約金を得ている。他のアーティストはそんな姑息で腹黒いことはしてませんよと。
一般ユーザーからも苦情が相次いだ。
僕はItunesを持っていないから分からないが、なんでもダウンロードした覚えがないのに「プレイリスト」に勝手に加えられていて、「欲しくもないのに勝手に送りつけるのはやめろ!」「勝手に使ったメモリー分返せ」という苦情がアップルに殺到したという。
結果、U2は謝罪に追い込まれた。
ボノは公式facebook内の動画でこう釈明した。
「おっと……それはごめんなさい。美しいアイデアを思いついて、調子に乗っていた。アーティストはそういう傾向がある。ちょっとした誇大妄想や、ほんの少しの気前のよさ、少しの自己宣伝、そして、数年間、人生を注ぎ込んだ音楽が聞いてもらえないかもしれないという大きな不安が。たくさんの雑音があり、我々はそれを乗り越えるために、自分自身も雑音になってしまったようだ」

タダより怖いものはない。
中には「U2って誰だよ?何だよ?」「ウゼーだけ」という若者も多数いるらしく、さすがのボノも今回ばかりは少しヘコんだようだ。
「売れないなら無料でいいじゃん」とボノが思っていたかどうかは不明だが、こういう試みに走った背景には、間違いなく上述したようなアルバムの売れ行き不振があると思う。
しかしこの一連の騒動に希望があるとしたら、それは「U2って何だよ?」と言えちゃう若者がいるということだろう。
古き良きアルバムの時代を終わらせた当の彼らが、デジタル音楽空間で育った子供たちにウザがられる。
こういうキッズが、案外新しい概念で音楽シーンを牽引したりする。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.10.30 | | 音楽

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム