ウヨ記事

政治や時事問題の記事を書こうとすると、よく奥さんに「またウヨ記事?」と言われる。「右翼的な記事」の略だ。もちろん右翼的な記事などただの一度も書いたことはないし、僕自身自分を右翼的だと思ったこともない。妻による夫への完全な中傷だ。だが中にはそういう風に受け止める人もいるだろうことくらいは想像が付く。
10年も前からネットで言いたいことを言ってきた。
自分のホームページでメディア批判や政治・時事問題に関するコラムを書き、ラジオもやっていた。そのサイトは2、3度炎上した。自分の意見を率直に言うと、ときどき自分の首を絞めたがっている人たちに囲まれるのだ、ということを身をもって学んだ。
だから今さら「過激」「ネウヨ」なんて言われてもなんとも思わない。まあ、読者プレゼントでもばら撒けばそういう人のハートもつかめるかも知れないが、そこまでして他人に愛されたいとは思わない。
そのくらいの客観性というか「慎ましさ」は持ち合わせている。
ところで。。
昨日、朝日新聞が会見を開いた。
福島第一原発の作業員が所長の命令を無視して逃げ出したとする記事が誤報であったことを東電作業員と朝日の読者に詫びるためである。ついでに従軍慰安婦記事に関する一連のごたごたを詫びた。広告掲載を拒否された週刊誌、朝日関係者、それから池上彰に詫びた。国民への詫びはない。
社長は「これでカンベンしてくれ」とばかりに隣に座る編集局長の首を差し出して自分は「辞める辞める」というだけでいつと言わない。いつかのどこかの空き缶総理大臣と同じ精神構造のようだ。
見ていてつくづく思った。
どうして左翼というのはこう独善的なのかと。
社長は今でもあの慰安婦検証記事には「自信を持っている」とのたまい、その後放送された「報道ステーション」では、強制連行や慰安婦狩りはなかったとしても、戦時下において女性の権利が侵害されたという問題は残る。などと、軍が関与して強制連行したか否かの問題から「女性の権利」の問題にすり替えてみせる。
兵士の月給の何倍という報酬目当てで自ら志願して慰安婦になった女性も、悪徳業者にだまされて売られてしまった女性もすべて、「戦争」という悲劇によって人権を迫害されたのだから、その戦争を始めた日本には責任があるではないか?というのが今後の朝日のスタンスだそうだ。古舘がそう言っていた。
どんな屁理屈でもいい、どんなずさんな取材方法でもいい、とにかく日本の戦争責任を永久に追及し続ける。それによってアジア(中国・韓国)との「和解」を成し遂げる-。
それが朝日新聞の使命らしい。
頭がおかしいのではない。それが「正義」だと信じ込んでいるだけなのだ。それが日本のためになるとホンキで信じているのだ、彼らは。
だからちょっとでも戦時中の日本を美化したり、通説を反証したりすると「歴史修正主義」などと吠え立て、「偏狭なナショナリズム」が日本に蔓延しつつあるなどと怯えてみせる。
上にも書いたが、僕は自分を右翼的だと思ったことはない。だが、恐らく朝日側の人間からすると僕などは戦争大好き、ひとたび銃剣を手にしたら目の色変えて人を殺しまくり、涙を流して日の丸に敬礼するような、好戦的で帰属願望の強い人間に見えるに違いない。
しかし僕は日の丸はデザインとして好きではないし、君が代なんかかったるくて歌う気になれない。(別にあれらが国旗・国歌であっても一向に構わないのだが)あと、靖国神社に行ってみたけどぶっちゃけ何も感じなかった。
ただ、世界中が日本を見習えばきっともっと平和に、衛生的に、豊かになるのになと思っているし、この国に生まれてよかたっと思っている。そしてそう思える国にしてくれた先人たちに感謝している。もちろんA級戦犯といわれる人たちにも。
それだけだ。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2014.09.12 | | 時事問題

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム