狭間の時期に苗を買う。

今日は早起きしてちょっと遠くの町まで苗を買いに行った。
お昼時だったせいもあるが、最初に行った店は客は僕と奥さんだけ、いつも必ずレジ奥に座っている店主の姿もない。無人のレジで扇風機がカタカタ首を回していた。普段は人気店なのだが、さすがにサウナ状態のビニールハウスで苗を選ぼうという客は少ないらしい。客は買ったら帰ればいいが、オーナーは風通しの悪い壁際のカウンターで来るか来ないかの客を待っていなければならないのだから大変だ。
苗を選んでいるうちに店主が戻ってきた。
狭間の季節だからピカピカした苗は少ない。大半がくたびれた苗である。それは百も承知で来ているから別にガッカリしない。むしろ値段が安くなってお得である。ダリアのように、今は枯れかけていても秋前にぐぐっと「復活」する苗だってある。そういう可能性を感じる苗を選ぶ。
それにしてもハウスの中は暑い。店主も頭が朦朧としていたのだろう。奥さんが言うには60円のインパチェンスを80円と打ち間違えていたとか。何も言うまい。
二軒目では「何でも買っちゃえ☆モード」であまり考えずに買い物自体を楽しんだ。
熟考のうえ注意して買ったって失敗するときはするので、キホンは「これやりたい」「これなんかよくない?」で買う。買ってから調べる。そして「日陰はNG」とか「木化する」とか事実を突きつけられて焦る。
それが俺流園芸。愚か者の園芸。
無理に植えても根付いちゃうこともあるし、やっぱり無理だったか・・・ってこともある。
だがそれでいいのだ。言葉は悪いが、僕は苗も消耗品と割り切っている。
楽しむための道具。家を飾るための道具。もちろん故意に粗末に扱うことはしないし、駄目だったときはそれなりにショックだ。悪いことをしたとも思う。
でも、園芸なんてそうやって経験を積んで行くしかないのも事実。なんでも買って、なんでもやってみるのが一番だと僕は思っている。
今回も何の情報もないまま買ってきた苗がいくつかある。左の黒いのとか。その手前の斑入りのピンピン伸びてるのとか。。

初めて買った苗、前にも植えていたが枯れてしまったのでやり直したい苗、大きい苗、小さい苗、色々買った。
ハイビスカスもあきらめて新しいの買いました。もう待ってても出てこないからな。。今度は赤です。

奥さんはオリエンタル系のユリの球根を買っていた。(里芋じゃないよ)
14球も入って500円だったそう。その代わり全部白色の花が咲く。
この季節にユリの球根?と思ったが、やはり「保管せずにすぐに埋めろ」と書いてあったらしく、家に帰ってきてから必死こいて植えていた。14球植えるのは大変だったろう。
そのほかインパチェンス、カリブラコアなど。最初の店で買った少し傷んだ苗。

インパチェンスって冬前まで咲いてた気がするんだけど、どうだったっけ?ま、いいか。
って・・買った苗の紹介ばかりしていてもしょうがないから、変な場所に植えたゴーヤの実でも紹介しよ。
 
どこでも実が成るんだな、スゴイ。(既に季節外れになりかけているが)

こちらは奥さんの里芋畑。

最初は「発芽しない発芽しない。私はいつも失敗ばかり。そういう星の下に生まれたんだわ」と散々喚いてたくせに、フタをあけてみりゃ一番スマートに育ってるじゃねえか
それでもまだ「どうせ小さいのしか出来ない」とか「背が小さい」とか言っている。
あっそ、じゃあ掘り起こして撤去しちゃうね~。
なんてね。

苗を買うと、これまで仕事やら酷暑やらで抑えられていた園芸欲が湧いてくる。気がする。でも明日からまた仕事。
そうだった。。
苗をたくさん買うと、休日が待ち遠しくなるんだった。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (56)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.08.24 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム