庭の掃除

日曜日、午前中から庭に出て作業。まず干からびたひまわりを撤去し、その足下で群生していたサルビアも全部抜いた。乱れてアフロヘアーみたいになっていたユーフォルビアも剪定し、木化していたマーガレットも新芽の出そうなところまで切り戻した。大分スッキリしたが、花壇にはもう、葉が枯れるのを待って植えっ放しにしているグラジオラスだけしかなくなってしまった・・・。

ところで、抜いたひまわりの茎。勿体ないので、うちでは同じ長さに切って並べ、シュロ縄でくくり・・・・

  

・・・柵に括り付けることにしている↓

   

これは、うちのようなチープな格子フェンスでも自由にハンギングバスケットを掛けられるようにするために、うちの奥さんが考え出した奥の手。こうすることでジグザグにバスケットを掛けられるので、上だけ賑やかで下がスカスカにならずに済む。夏場はここにひまわりを植えるのでハンギングは下ろしているが、ひまわりが終わったら、そのひまわりに今度はハンギングをかけるというリサイクル。
↓は去年の冬の写真。ブロック塀に遮られて、冬場は花壇には全くと言っていいほど日が当たらないので、ハンギングに頼るしかない。


         

最初は、すぐに腐ってボロボロになるんじゃないかと思っていたが、一年間雨ざらしでも折れることはなかった。これといって虫は湧かないが、すぐに取り付けずに、土の上や縁台の上などに放置しておくとナメ君が寄ってくるので注意。

裏庭ではミョウガが出来ていた。早い。


  

↓同じく裏庭。ヤブランの花が咲いた。てか花咲くんだ、これ。

           

というのもこのヤブラン、実は数ヶ月前、近所のゴミ置き場で拾ったものなのだ。近所の人が処分したのだろう、「ヤブランです。ご自由にどうぞ」と書かれた紙と一緒に、路上に置いてあった。捨てネコならぬ、捨てヤブラン。葉っぱはボサボサで、その時はただのゴミにしか見えなかったのだが、園芸を始めたばかりで「植えられるものはなんでも植えたい」と思っていた僕は、こっそり持ち帰り、裏庭に植えた。その時、ボサボサの葉っぱを思い切って切り戻したのが良かったのか、半年ほどで見違えるほど綺麗になった。こんな品のある植物だったのか、ヤブランって。

一応、庭の大掃除は済んだ。あとは空いた花壇に何を植えるかだな~。


クリックしてもらえると励みになります!
simpsons_ba

関連記事

2011.09.05 | | 園芸アイデア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム