エアコンを買う

近所の電気屋が意外に安い。ということを奥さんが発見した。多分関東以外の人には聞いたことのないローカルチェーンである。地元の僕ですら一度も入ったことのない完全ノーマークのお店だ。エアコンをどこで買うか模索しているうちに、奥さんがその店のネット広告を発見した。
我々は日立の「白くまくん」というエアコンを買うつもりでいた。値段の割りに評判が良いし、ネーミングもいい。奥さんが見つけたチラシでは、その「白くまくん」が標準工事費込みでなんと○○円という。これはネットの最安値より安かった。安値世界一への「挑戦」が「挑戦」のままであり続けるどこかの店と違って、さっさと「実現」している店がこんな近くにあった。
しかも「即日取り付け対応」と書いてある。コレは助かる。でも「即日」な訳はないから、多く見積もっても3、4日以内には来てくれると勝手に解釈しておいた。
結論から言って、我々は「白くまくん」は買えなかった。
その代わり、他のメーカーの、「白くまくん」よりハイスペックのエアコンを購入した。店員の巧みな話術に乗せられて、気付いたら彼の掌の上でサンバを踊っていたのだ。
「だってこの値札には○○円となってる。あなたが言った値段は値札より1万円以上安い。なぜ本当の値段を表示しないんだ。それにそんなにお買い得なのに広告にも載ってない。怪しい」
「だって、こんな商品、広告には載せられませんよ。安すぎて・・逆に・・・」
広告につられて来た客に、広告に載っていない、さらにお買い得な商品を提案して買わせる。
それの何が悪いっていうんですか?
中年店員の怖いほど真剣な眼差しが我々のハートに直接そう訴えてくる。
何も悪くない。
悪くないさ。「白くまくん」よりたったの4000円プラスなだけで5年間保証のついたダイキンのエアコンが標準工事費込みで○○円で付けられるんならノープロブレムですよ。しかも明後日取り付け工事とか、もう言うことなしでごわす!
天井からアース・ウィンド&ザ・ファイアの『レッツ・グルーヴ』が流れ始めた。この店最高だな!とつま先でリズムを取っていたら
「もうちょっと安くならないの」
奥さんが言った。
店員は胸を張った。首を大きく後ろにのけぞり、ヘディングするみたいに頭をぶわっと垂れてお辞儀した。
「なりません」
「安くして」
「無理です」
結局それ以上安くはならず、カウンターで契約書にサインする段になって奥さんが言った。
「どうしても安くならないの」
BGMはアース・ウィンド&ザ・ファイアからイーグルスに代わり、ドゥービー・ブラザーズの「チャイナ・グローブ」が鳴り始めた。
結局それ以上安くはならず、我々は代金を支払い、車に戻った。
帰りにケーキを買って帰った。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

関連記事

2014.07.11 | | 未分類(日常、随筆)

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム