荒れた庭にいます。

オミナエシが咲いた。知らぬ間にぐんぐん背を伸し、とうとう塀の高さを越え、お隣さんの家に顔をのぞかせている。今年の春に宿根・多年草専用の花壇を作り、そこにルピナス、バーバスカム、ジギタリス、ロベリア等と一緒に植えたのだが、今現在この花壇で花を咲かせているのはロベリアとこのオミナエシのみ。かなり寂しい。
宿根草を集めて花壇を作る場合、それぞれの花の咲く時期を考えてやらないと、一度にわっと賑やかになり、一度にどっと寂しくなるので難しい。ルピナスなんかもう影も形もありゃしない。(宿根草は時期が終わると地上部が枯れ、根っこだけになるのだ。そしてまた来年芽を出す)

もう一つ、うちには一年草と球根専用の花壇があるのだが、そっちは宿根草の花壇以上にヒドイ状態である。酷すぎて写真もアップ出来ないくらいだ。ミイラ化した全長3メートルのひまわりが6株、干からびた頭部をぐったりさせて並び、その下には去年のこぼれ種から勝手に発芽したサルビアが群生しているのだが、なぜか花を付けないので雑草が繁茂しているようにしか見えないという有様。初夏には鮮やかなオレンジや黄色の花で目を楽しませてくれたナスタチウムもとうに枯れ、メロンソーダ色だったユーフォルビアは抹茶色に変色し、徒長。大きくなりすぎたマーガレットが背後のブルーサルビアを圧迫し、結局ブルーサルビアも徒長し、マーガレットは葉と茎だけになってしまったが、秋にまた咲くのでそこに放置せざるえを得ず・・・と、どこから手を付けていいのか分からない状態。


以前は庭に出る度に「さすがオレの庭」と悦に入れたのに、今では庭を見る度に反省する。暑いし、雨だし、台風だし、雑草取りが先だし、ブログもあるし・・・などと言っているうちにこうなったからだ。
最近では園芸店も素通りする。いや、夏の間に二、三度行ってはみたのだが、商品自体が乏しい、質が悪い、お決まりの品揃え、見ているうちに暑さでくらくらする(弱い)・・・ということもあって、どうも気分が乗らなかった。
しかし言い訳ついでに言うと、実際、園芸店/ホームセンターの園芸コーナーの品揃えは去年に比べて悪くなっている気がする。メランポジウム、ベゴニア、サルビア、センニチコウ、日々草、インパチェンス、アメリカンブル-、ポーチュラカあたりが夏の定番花だが、この間ホームセンターに行ったら、サルビアと日々草とトウガラシしか置いてなかった。培養土コーナーも、腐葉土と堆肥がないせいかどことなく閑散としており、気分として、花を植える気持ちが減退する。やはり腐葉土がないと寂しい。別のホームセンターでは、スコップで堆肥を詰めるコーナーに、ブルーシートがかけられてあった。言うまでもなく、放射能汚染の安全性確認のためである。


それでも一度はじめた園芸だ。
この台風が過ぎたらぐっと秋が近づく。とりあえず、明日の日曜日はひまわりを抜き、サルビアも撤去し、花壇の衣替えをしてやろう。


クリックしてもらえると励みになります!
simpsons_ba

関連記事

2011.09.04 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム