裏庭とケシとハンゲショウ(半化粧)

奥さんの「裏庭キレイにするぞプロジェクト」が完了した。


一人でよく頑張りました。
シートは前回のレンガタイルと一緒にホームセンターで買ってきたのだが、最後まで奥さんは除草剤にするかシートで覆うか迷っていた。いつもは効率を重視する奥さんがこのときだけは手間も時間もかかるシートにしたのは、すぐ隣に隣家の庭があること、真夏に苗を避難させるかもしれないから、結局除草剤を撒いても生き残る雑草があるはずで、二度手間になりそうだから。確かに、シートの下から雑草が伸びてくるより、除草剤を撒いた場所から雑草が出てくるほうが脱力感は上だろう。
ところで、いつからか花壇でぐんぐん伸びている草があり、それが今日咲いた。
自分で植えておいて言うのもなんだが、身に覚えのない花なのである。ジギタリスとカンパニュラを一緒に買って一緒に植えたのは覚えている。だからこれもカンパニュラなんだろう、なんか葉っぱ違うけど元気に伸びてるからまあいいか。と放置していた。
そしたらこんな派手な花が咲きやがった。

ちなみに奥さんはアーティチョークとカンパニュラのセット売りだったのかしら、と思っていたらしい。

どう見てもカンパニュラではない。アーティチョークでもない。
ケシでしょ。コレ。
調べたらオニゲシというケシが一番近そうなのだが・・・。
ケシといえばこのあいだ愛知県の園芸店がポピーと間違って「あへん法」で栽培が禁止されているケシをポット苗(80円)で売りまくっていたというニュースがあったが、うちの場合ポピーなんか一株も買ってないっつ~の。さずがかつて「アンジェラ」と称して「ギスリーヌ・フェルゴンド」を売っていた店だけのことはある。
よく調べてないけど、茎にもツボミにも毛がいっぱい生えているので、うちのケシは「あへん法」「麻薬及び向精神薬取締法」に引っかかるケシではなさそうだ。NGのケシにはツボミや茎に毛がないんだと。勉強になりました。

もうひとつ、庭に新しいお友達。ハンゲショウ。(漢字だと『半化粧』『半夏生』と書く)
お隣の奥様から頂きました。

界隈で最もウチの庭に関心を寄せてくださっている奥様で、犬の散歩を一緒にする「イヌトモ」の方と一緒にウチの通路を温かく見守ってくれている。一度などイヌと一緒に勝手に通路を上がって内庭を覗いちゃったそうだ。全然構いません。
その奥様が「すっごい増えるのよ、要る?」とプッシュ(?)してくれたのがこのハンゲショウである。
「そこのアパートの前に植え込みあるでしょう?あそこに植えたらあんなになっちゃった」
と指差すほうを見たら確かにむっちゃ葉が繁ってる。でもどこか品のある繁り方である。大きなスパティフィラムみたいだ。
「夏は葉の先が薄くなって、涼しげなのヨー」
奥様が自宅のお庭から抜いてきてくれた苗をすぐに植えた。
なんか丈夫そうなのでろくに調べもせずに通路に点在させて植えたのだが、あとで調べたら
「ハンゲショウはドクダミ科で、地下茎を伸ばして増殖する多年草。主に日当たりの良い湿地帯に生息する。乾燥はすこぶる苦手。毎日水をやれ。肥料もたっぷり」
・・・だって。
マグァンプすら施しませんでした。土質、超乾燥しやすいです。
でもこの苗はお隣の家の庭で生まれ育った、いわばこの界隈の環境に適応したハンゲショウだ。お隣の庭先やその辺のアパートの植え込みで育ってうちの通路では育たないなんてことはありえん。
そんな訳で隣の奥さん、今朝も愛犬を連れてお友達と一緒にマイガーデンにいらっしゃいました。いくつか庭木の名前を教えてもらえて助かった。
ハンゲショウ枯らしたら面目ないから今からでもマグァンプやっとこうかな・・・・。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ネットショップで手作りのサインボード売ってます。
brightside82.gif

関連記事

2014.05.20 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム