民主党とアブラムシ

先日種を蒔いた大根が早くも発芽した。昨日のゲリラ豪雨で全部流されても不思議ではなかったのに、よくもまあ発芽してくれたものだ。さっそく2本に間引いてマルチングしてやった。

    

不織布を掛けると、表面に小さな黒い点がいくつも付いているのに気が付いた。よく見ると、アブラムシの成虫だ。発芽してまだ間もないのに、もうニオイに引かれて寄ってきたらしい。これが内部に侵入するとそこで卵を産まれて、アブラムシ(幼虫)が発生する。一匹や二匹なら問題ないが、大量に発生すると大変だ。株の養分を吸われて成長が鈍くなる。
特にアブラナ科はアブラムシの大好物なので、マルチングは欠かせない。まあ、発生してしまっても、オルトラン(農薬)を施したり、牛乳をかけたり、薄めた木酢液(お酢)をスプレーしたり、指で潰したり、いろいろ対策はあるのだが、一番効果的なのはやはり「発生させないこと」・・・即ち防衛だ。


日本にも民主党というアブラムシが湧いているが、この害虫の特徴は、「解散総選挙」という薬剤でしか駆除できない点にある。「スパイ防止法」という薬剤もあるのだが、これは駆除剤ではなく忌避剤であるから、活動を鈍らせることは出来ても完全に駆除は出来ない。それに入手困難で価格も高いため一般市民には手が出せないというネックがある。「解散総選挙」に至っては4年に一度しか発売されない珍薬である。(たまに4年以内に発売されることもある)
発生を防ぐにはマルチングをしておくべきだったのだが、「この虫を株に寄生させれば株が元気になる!!」というデマが流布されたこともあって、多くの国民はこともあろうに自分から不織布の中にばらまいてしまった。その結果、大量発生したアブラムシが新芽をむさぼり、葉を穴だらけにし、「復興」に絶対必要な光合成さえ出来ない状態にしてしまった。「被災地」という名の下葉は、いまにも枯れ落ちそうになっている。

自分の育てている野菜や花がぐったりしているのを見て喜ぶ人はいない。クサイことを言うようだが、僕たち有権者一人一人は、日本という花を育てるガーデナーなのだ。国に元気がなければ、国民の気分も晴れない。しかもその原因が害虫によるものと分かっていながら何も出来ないのだから落ち込むというより怒りが湧いて尚更不健康である。

次、いつ「解散総選挙」という名の薬剤が発売されるか分からないが、もう二度と同じあやまちを繰り返してはならない。正しい情報から正しい知識を得て、より良い「ガーデナー」になりたいものだ。

クリックしてもらえると励みになります。
simpsons_ba

関連記事

2011.08.27 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム