かわいいエビネ

先日園芸店で買ってきた海老根(エビネ)。植栽数日でぐんぐん成長し、早くも蕾のようなものを出し始めた。

エビネを欲しがったのは奥さんである。僕はそのとき初めてこんな植物があることを知った。葉もろくに付いていないし、蕾もなく、僕にはただの薄緑色の茎にしか見えなかったが、奥さんは「これはステータスシンボルよ」と言う。つまり自分らのような庶民には手の届かない高級な植物で、こういうものを植えていると庭そのものの「格」が上がるというワケだ。確かに、どのエビネもけっこういい値がついている。中には数千円もするものもある。・・・正直違いが分からない。
山野草の世界は骨董の世界とよく似ている。「レアもの」には天井知らずの値が付く。実際、その店には南京錠で施錠された檻のような箱に入れられた山野草もある。コケむした岩からひょろっとヒゲのような草が伸びているだけの物に云万という値が付いている。ぶっ飛ぶゼ。
とにかくエビネはそういう世界の植物。
一番安いものを一株買った。
種類はよく分からない。調べたら日本原産のエビネの代表的なものに「ジエビネ」「キエビネ」「サルメンエビネ」「ニオイエビネ」などがあり、春咲き品種として一般に出回っているものは大抵これらだという。
木漏れ日のような柔らかい日差しの当たる場所がお好みというので、植え込みの近くの半日陰に植えてやった。
見事に雑草に紛れた。うっかり踏みそうである。これが一体何のステータスになるのか。
しかしそこがカワイイと思った。
エビネLOVE。
4~5月に花茎を伸ばし、十数輪の小さい花が付くという。そしてその花びらの色や形は同じ種のもの同士でも個体差が激しく、「二つとして同じものはない」とか。
また楽しみが増えた。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (56)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

サインボード売ってます。買ってね!
brightside82.gif

2014.04.04 | | 山野草・日陰の植物

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム