言いたいことを言える国へ

結局フィギュアスケートは開催国ロシアのソトニコワ選手が金メダル、韓国のキムヨナ選手が銀、日本の浅田真央は6位に終わった。

韓国は銀メダルを獲得したキム・ヨナ選手の採点に不正があったとして抗議。ネット上で再審査を求める署名活動が始まり、すでに100万人近い署名が集まっているという。白人なんかにはヨナの素晴らしさはわかりっこないから、ということなのか、オリジナルに「国民メダル」を作成して贈呈する話まである。

上村愛子は明らかにレイシズムの犠牲になってメダルを奪われたが日本のマスゴミはノー天気なねぎらいの言葉で埋め尽くして疑惑を消し去った。「NHKニュース9」の井上あさひとかいうキャスターは上村のインタビュー映像の後に「こちらまで清々しい気持ちになりますね」と言ってのけた。どこまでもオメデタイ民族である。もしこれが韓国の選手の身に起っていたら、今頃韓・露の外交問題に発展していることだろう。

韓国はどうしようもない国だが、ある意味「誰にでも因縁をつける」という点で痛快である。

 

話は変わるが、駐日大使のキャロライン・ケネディがNHK「クローズアップ現代」への出演を拒否したというニュースがあった。NHK経営委員会に名を連ねる作家の百田尚樹氏が「原爆投下と東京大空襲こそ大虐殺だ」と言ったからだそうである。そんな人間が経営委員になっている局の取材など受けられるかというわけだ。

これを受けて大騒ぎをするのが朝日・毎日といった日本のマスゴミである。「ほらみろ、そんな過激なことを言うからオバマ様、キャロライン様のご機嫌を害してしまわれた、どうしてくれる?責任を取って経営委員を辞任すべきだ」と。そして国会では民主党の目立ちたいだけの無能議員が首相に「そんな人は経営委員にふさわしくない」と任命責任を問う。いつものパターンだ。

あれだけ「反米反米・日米安保反対」とのたまってきた連中が、こういう時だけアメリカ様のご機嫌をうかがう忠犬に早変わりする。

東京大空襲が緻密な計算と練習のもとに行われた「虐殺」であることは世界史の常識である。米軍はハワイから畳を大量に取り寄せ木造の日本家屋を作って「予行演習」を行い、より多くの民間人を焼き殺せるように焼夷弾を低空から落下させ、おまけに逃げ延びた一般人を機銃掃射した。これを虐殺と言わずに何というのかキャロライン氏にぜひ聞いてみたい。

ところでこのキャロラインの「ドタキャン」には民主党の「言うだけ番町」こと前原誠司が関わっている可能性がある。前原は先日、テレビ番組「ミスターサンデー」においてニュース解説者の木村太郎氏がキャロライン大使を「無能」呼ばわりしてボロカスに批判したのを受けて、外務省の役人を呼びつけた。目的は、木村太郎氏に「注意」をするためである。テレビでキャロラインさんを貶めるようなことを言うなと。

要するに言論封殺を企てたのだ。

前原は知らないかもしれないが、この国は一応民主主義の国であり、言論の自由が保障されている。もちろんそんな横暴は通るはずもなく、結局今回も前原は「言うだけ番町」で終わった。「自分の気に入らないことをでかい声で言うやつは消してやる」-・・民主党、相変わらずのファシストぶりである。
そんな前原がキャロラインをダシに使って「マトモになりつつある」NHKを貶めようとしている気がしてならない。大体、個人の権利が強いアメリカでは一経営委員が保守的だからというだけで取材を拒否する理由にはならない。こういう因縁の付け方が大好きなのは日本の左翼である。

 

東京大空襲は無差別殺戮だし、原爆投下は非人道的な虐殺だし、慰安婦問題はデッチ上げだし、キャロライン・ケネディは無能である。

しかしこういう「真実」を堂々と主張すると、「嘘」を信じさせておきたい新聞やテレビに「おかしな人」というレッテルを張られる。こういうことを言う人は頭がおかしいんです。品がないですね、知性がないですね、下品ですね、弱者に対する慈しみの心がないですね、人間じゃないですね!と。

「ネトウヨ」という言葉もそうである。

たぶん読者の中には僕を「ネトウヨ」だと思っている人もいると思うが、僕は「ネトウヨ」ではない。「祐平」である。結婚していて庭いじりが好きで仕事は自営業で収入は少ない。夜は奥さんと『ビッグバン・セオリー』を観る。その他大勢の「ネトウヨ」と呼ばれている人も年齢や収入や性別が変わるだけで似たようなものである。

「ネトウヨ」という集団は存在しない。いるのは既存メディアに愛想を尽かしたすべての賢明な「市民」「国民」だけである。そこには脱原発の人たちも含まれる。

にもかかわらず朝日・毎日をはじめとする「真実を必要としないグループ」は、ネット上で自分たちが隠しておきたい「真実」を調べたり拡散したりする人だけを「ネットウヨク」として紹介し、「若者の右傾化」などと嘆いてみせる。その「右傾化」の原因がまさに自分たちの行っている「言論弾圧」「ハンドリング」が作り出す「閉塞感」だというのに!

 

日本は戦後、ずっとこういう陰湿で、自分とは違う人を容赦なく排除しようとする「意地悪な」人たちに支配されてきた。彼らは子供たちに真実を見極める術も与えず、都合の悪い情報は隠し、でたらめな「世論調査」で国民を騙し、コントロールしてきた。今もしている。NHKの籾井会長を国会に呼びつけて詰問し、断罪している。「ああいう発言をすると、こうなるのですよ」と国民に知らしめて、これ以上「寝た子」が起きないよう、若者が「ライダイハン 韓国」とネットで検索しないよう必死になっている。


そんな新聞・テレビが「真央ちゃん」「真央ちゃん」言うのが気色悪くて仕方がない。



☆クリックしてもらえると励みになります☆
banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村
関連記事

2014.02.21 | | 政治

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム