100円で作れるリース枠~バージョンアップ~

100円ショップで売っているメッシュのゴミ箱を、ちょっとした工夫でお洒落なリース枠にしてしまう奥さんのウラワザ。過去に同じゴミ箱を使って普通のリース枠、特大のリース枠、ハート型のリース枠など色々なリースを考案してきたが、今回のリースは従来のものより頑丈で、しかも外枠がついてオシャレ度がちょっとだけアップしている。


作り方 +・+・++・+.+++・・+・+。++・++++・+・++・+・

① まず『キャンドゥ』でメッシュのゴミ箱を購入。いつも白色なので今回はシックな黒色で作ってみる。今回は前回よりも難易度が若干UPしている。
というのも、ゴミ箱の縁の太い部分を切断するのに金ノコが必要だからだ。
そのほかニッパー、金属対応のハサミなども使う。

 
 

 
② ゴミ箱をひっくり返して、底部の縁の枠を切断します。
 
3箇所、正三角形をイメージして切断します。

③ そしたら底部の2~3cm内側を硬物対応のハサミで丸く切り抜きます。

専用のハサミがない場合は百円のニッパーでも十分切れます。
 


④ ②で切断した縁の部分から、5~6センチ切れ込みを入れる。

 
これ以降道具は使わない。掌でこねる作業が続く。。。

⑤丸くくりぬいた部分の余りを、内側に折込む。次に底部から頭に向けて掌を押し付けるようにして縦方向に網目を伸ばす。こうすることで底部周辺の網の目が狭くなる。
 
↓こんな風に、底部がすぼんだ感じにする。
 
この底部の縁の部分が最終的にリースの内側の枠になる。

⑥ 切れ込みによって三つの弧が出来ているのでそれらを上手く重ね合わせるようにすぼめていく。(底部の直径が13~4cmになるくらいまで)
 

⑦ 陶芸の要領で整形してゆく。
 

トロフィーのような形。

⑧ そしたら頭の縁の内側から指で網目を押し出し、↓のように膨らませる。
 

⑨ 次に底部を上にしてゴミ箱を立てて、全体重をかけて押しつぶす!
 
あまり勢いよくやりすぎると破損するので加減しながら。。。

押しつぶしたら、さらに向こうまで(深く)ぐぐーっと押し込む。↓
 

⑩ 大きい丸から3センチくらいを折りたたんでいく。きつくやると本当に折れてしまうので丁寧に。。
 
こんな感じに縁取りが出来る。


⑩ここまできたら完成目前☆あとはひたすら己のセンスに従って形を整えていく。ほとんど陶芸とか粘土細工に近い。
 
リースらしくなってきた。

最後に縁取りを外側に倒してほぼ完成。


⑪内側の縁(最初底部の縁だったところ)、三箇所切れ込みを入れたので、これを結びます。洗濯バサミで固定し、

↓のような「ねじりっこ」か、リース枠と同色のワイヤーで結束させます。
 

⑫ あとはいつものリースと同じように、麻布を縫いつける。

 

⑬ 
+・+・++・+.+++・・+完成!+・+。++・++++・+・++

傍らでずっと見ていたのだが、多分、簡単に言うと、底の縁を三箇所切って、丸くくりぬいて口をすぼめ、押しつぶし、リースっぽい形にこねてこね続ける、ということなんだと思う。大半が「こねる」作業だった。こねるというか、伸ばすというか、とにかく100円と指先と掌で作るリースである。だからある意味誰にでも作れると思う。。
個人的には従来のものよりこっちのほうが好きだ。特に黒いリース枠はシックでいい。手に持った感じも、確かに太い針金をセンターに用いているだけあってがっちりしている。
たった百円のゴミ箱から何パターンものリースが作れるから、その分苗にお金かけられるわ。。

しかし、、あいにく雪がすごくて苗を買いに行けず。。。
もし作れそうだと思った方はご自分で素敵なリースを作ってみてください。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (47)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
関連記事

2014.02.15 | | 100円で出来るリース

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム