地方でイイモノ

地方に行くと、購買意欲が湧く。旅先だと財布の紐が緩むという心理作用もあるのかもしれないが、実際、「ああ、これ欲しいわ」と思うものに出会うのである。
仕事で週に一度くらいの頻度で新宿や横浜に行くが、駅中や市街地を歩いていて、ショウウィンドウの前で足を止めたことなど一度もない。プライヴェートで都内をぶらついていても、購買意欲に駆られることはまずない。
地元のさいたまも「地方都市」だが、「ママさんと団塊だけがお客様です」が合言葉みたいな店ばかりでお話にならない。「若い人はみんな東京に行っちゃうから」とことあるごとにさいたまの人間は言うのだが、僕からすれば東京もさいたまも同じ物を同じ値段で売っている。
たとえばこういう物↓は、売っていそうで売ってない。

これはクマである。クマのココマットである。先日秋田の横手に行ったとき、イーオン2階の雑貨店で見つけた。千円くらいだった。こんなキュートなココマットはいまだかつて見たことがない。ほかにアヒルとカエルもあり全部欲しかったが置き場所に困るのでクマだけにした。泥のついた靴をここでゴシゴシは出来ないので、室内で使う予定。。
これもこのあいだ秋田で買ってきた。木製のバイクとワゴン。

「ふるさと館」という、横手焼きそばを食べた物産館で、一個1200円くらいで売っていた。
水色のカンバッジも横手。

超ビッグサイズで、しかも立てかけられるように背面にスタンドが付いている。これもイーオンだったと思う。洋服屋さんのレジ横に無造作に張り付いていた。首都圏のイーオンでは絶対に売ってないネ。
他にはこういうアヒルとか。。これはこの前大坂に行った時に買った。500円。

キャンディーストックというのか、中が空洞になっており、何か小物を入れる。何気にプラスティックではなく、瀬戸物っぽいヒンヤリした、重厚な素材で作ってある。落としたら割れる。
東京も広いからくまなく探せば面白いものはたくさんあるだろけど、「探す」と思うと気が遠くなる。人も多い。値段も高い。その点地方は探す必要がない。探さなくてもふらっと入った何でもない物産展やディスカウントストアや潰れかけのモールなどで「待っていてくれる」のだ。
だから買い物は地方でする。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (3)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

関連記事

2014.02.13 | | 観葉植物・インテリア

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム