やはり三島だよ

忙しくてなかなかブログを更新できない。適当な写真を撮ってお手軽な記事にしてお茶を濁すしかねえとか思って庭に出るも、これといって真新しい発見もなく、静かにカメラのフタを閉じる。
写真がなきゃブログって更新できない訳?
と妻に毒づかれていわく、「楽なんだよ、圧倒的に!写真にヒトコトなんか書いときゃそれでカタチになるんだから」
ふーん。
文章を書くのに時間がかかるんじゃないかまったく。わかってないなー。ブログというのは写真8、文章2で成り立っているのだ。というかその程度が読み手にも書き手にも丁度いいのだ。それがブログというツールの本質であり宿命なのだ。
文章と言えばいま三島由起夫の「春の雪」を読んでいる。スティーヴン・キングの短編集を読み終わり本棚に行ったら目に留まったのがそれだった。何年も前から「豊饒の海」四部作を買ったまま放置していたのだ。
僕は最近義父と実父に死なれてからとても強く死を意識するようになっている。特に自分の父は59歳という若さで逝ってしまったので、自分もいつ死んでも不思議じゃないと思うようになった。長生きはしないような気がするのだ。こんなに死を身近に感じたことはない。そしてこれは多分相当長い期間僕の中の一面を支配するような気がする。
新潮文庫の背表紙を眺めながら、こう思った。「生きている間に読んでおくか」と。
三島の四部作は文学に親しむ人間なら一度は読んでおかなければならない作品であるはずで、5流大学の文学部などを出ている僕のような人間ならなおさら読んでおかなければならない作品である。
三島と言ってすぐに頭に浮かぶのは自衛隊市ヶ谷基地で吠えているあのピエロ姿ではなくて、僕の場合は村上春樹の多分「ダンスダンスダンス」の中の一場面である。主人公が警察の取り調べを受ける場面。その警官の一人を見て主人公が連想するのが、自分が学生時代に軽蔑していた文学通ぶった連中である。そういう連中に限って「やはり三島だよ」と言ったりする。と書く。
ボネガットやらカポーティやらフィッツジェラルドに耽溺していた主人公(=村上)からすると、知ったかぶって「やはり三島だよ」などと抜かしている文学青年はアホにしか見えなかったのだろう、、という想像を読者に起こさせ、同時に村上と日本文壇との距離感を示す楽しい場面である。
そして主人公はその「やはり三島だよ」とか言ってたに違いない警官(完全な決め付けなのだが)に、「文学」というあだ名を付ける。これが村上春樹の日本文学のイメージであり、自分はそうじゃない、そんなフィールドに俺はいない、行かないという意思表示である。
昔の村上春樹はよかった。今じゃ僕が「やはり村上だよ」とか言っている奴を見るとアホかと思う。
アウトローかと思ったら、目の前にパンをぶら下げたら飛び付く、ただの権威主義者だったんだもの。

なんという取りとめのない文章。
だから写真がなきゃ駄目と言ったのだ。
明日は横浜に出張・・・。緩慢な午後の京浜東北線でゆっくり読書に浸ろう。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (57)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif

関連記事

2013.05.23 | |

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム