放射能と家庭菜園

今日はインゲンの種を蒔いた。蒔き時は5月から7月上旬まで。ちょっと遅かった。でも多分大丈夫だと思う。去年も蒔いたが、さすがアメリカ産だけあって非常にストロング。適当にぶちまけて適当に土をかけてやれば適当に発芽する。それがインゲン。
      

菜園ではミニトマトが鈴なり、キュウリもなすも今年は豊作だ。去年はキュウリが「うどんこ病」(葉っぱに白いカビのようなものが発生する病気)に罹り、庭に出るたびに涙目になったが、今年は既に十本は収穫できた。
こう豊作だと、つい自慢がてら「じゃあご近所に~♪」とお裾分けしたくなるのだが、放射能のことを考えるとつい二の足を踏んでしまう。子供の居ない家ならいざ知らず、うちの周りは子供だらけ。まずお向かいさん、赤ちゃん×1。斜向かい、幼稚園児×2。道を挟んだお隣さん、幼児×1、赤ちゃん×1。裏のお宅、小学生×1、中学生×1。少子化どこ吹く風。
唯一、真隣のお宅は小さな子供がいないのでお裾分けしてもいいのだけれど、このお隣さんも実は家庭菜園をやっていて、放射能汚染が問題になるまではいろいろ出来たものをくれたのだが、最近はめっきりくれなくなった。不作というわけではなく、多分、同じように「遠慮」しているのだと思う。(そうとも知らずこの間出来たじゃがいも十個もあげちゃった訳だが・・・。)

かと思ったら、先日、裏の小学生(低学年)のいるお宅のお父さんがやってきて、「ブラックベリー、採りませんか」と誘ってくれたりして、ええ~?。そのお宅では玄関の横に立派なブラックベリーの木があって、たくさん実がなりすぎて食べきれないから手伝えと。思いっきり露地栽培なんだが、子供には食べさせているのだろうか。いや待てよ、子供に食べさせたくないから俺に・・・!?? いやいや、まさかね。実際、美味しく頂きました。m(_ _)m 砂糖と一緒に鍋で煮て、ドッロドロにしたらざるで「こす」。種と余分な皮を除いて、シロップ状になったものを製氷トレー(小分けのやつ)に均等に流し込む。で、冷凍するとブラックベリーのシャーベットが出来上がる(写真参照)・・・・というわけ。普通に美味い。


ところでお裾分けと言えば、「ゴーヤどうすんの?」という問題に触れないわけにはいかない。園芸をやっていない人には「?」かも知れないが、電力不足が叫ばれるようになった5月頃から、「緑のカーテン」がほとんど日本中で「推奨」されるようになり、葉っぱが大きくて遮光性の高い「ゴーヤ」の需要が急上昇、売り切れ続出の事態に。(このゴーヤブームが汚染された腐葉土や培養土を日本中にばらまくのに一役買ったのは言うまでもない)
そんな空前の「ゴーヤブーム」が日本を席巻したのだが、それから二ヶ月ほど経ち、そろそろ実が出来はじめているはずだ。ゴーヤは結構多く果実を付ける。それはそれでいいのだが、岐阜大学・応用生物学部・園芸研究室の福井教授のコラムによると、ゴーヤに飛びついた人たちはこの夏悲惨な経験を強いられるだろうという。以下引用

 

「ゴーヤは成長が早く、グリーンカーテンには最適な植物です。しかし大きな欠点があります。それは果実が実ることです。1株のゴーヤの苗を育てると、最盛期には毎週5~6個の果実が収穫できます。グリーンカーテンとしてゴーヤを育てる人は、園芸番組や園芸雑誌の影響もあって、プランターで3~5株を育てているようですが、恐らく7~8月には毎週20~30個のゴーヤが収穫できることでしょう。はじめの頃は「まぁゴーヤがなった!」といって喜んで収穫した人も次第に消費しきれなくなり、ご近所に配ることでしょう。しかし、ゴーヤを食べ慣れている沖縄県の人でない限り、毎週数本のゴーヤを消費できる家庭は多くありません。収穫されたゴーヤの果実を前にして途方に暮れることでしょう。」

確かにもらって嬉しい野菜とそうでないモノがある。ゴーヤはおそらく冬瓜と匹敵する「困っちゃう野菜」のひとつだろう。それにくわえてこの放射能問題がある。福井教授は「ご近所に配ることでしょう」と仰っているが、岐阜ではどうだか知らないが、東日本では家庭菜園の野菜を「お裾分け」することさえ自粛せざるを得ない「空気」というのがあるので、配るに配れないのではないか。となると大量に出来たゴーヤの行き着く先は、やはりゴミ箱ということになる。
うちは「緑のカーテン」はアサガオかフウセンカズラと決めているのでゴーヤには見向きもしなかったが、ご近所を見渡すと、ゴーヤ、ゴーヤ、ゴーヤ・・・・。ほぼ全てのお宅でゴーヤを育てている。
ゴーヤといえば沖縄だが、かつて沖縄で「ソテツ地獄」(食糧難でソテツばかり食べていた)というのがあったように、今年は関東で「ゴーヤ地獄」が始まりそうだ。



関連記事

2011.07.23 | | 放射能・汚染腐葉土

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム