タイツリソウ開花

車で町を走っている時、住宅の塀越しにモッコウバラが咲きかけているのが見えた。道路沿いや住宅の庭先ではアシビが白い鈴を風に揺らしている。桜が散って視線が下に向いてくると、色々な春が踊っているのに気付く。
うちでは裏庭のタイツリソウが咲いた。

前にも書いたが「タイツリソウ」とは魚の鯛に見立てた命名である。茎を釣り竿に、花を鯛として見るとなんとも景気のいい姿・名前である。また一方で「ケマンソウ」という別名もあり、こちらは仏教寺院に飾る装飾品の「ケマン」からきている。英語では「ブリーディングハート」(血を流す心臓」という。西洋人の芸がないのは映画や小説のタイトルだけではないことが分かる。

ところでこれはじゃがいもの種イモなのだが。。

2月に買ってから放ったらかしで、しわしわになっちゃった。(>_<)
勿体ないから駄目もとで植えてみるか。。。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner.gif

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif

関連記事

2013.04.09 | | ガーデニング

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム