園芸界騒然!?市販の腐葉土から高濃度の放射線

埼玉県内のホームセンター(ケーヨーD2)で市販されていた腐葉土から高い放射線が確認された。という動画がユーチューブにアップされ、議論を醸している。


 

埼玉在住で日常的にホームセンターで腐葉土や堆肥を買う僕としては考えさせられる動画だった。しかしちょっと疑問に思ったことなのだが、腐葉土というのは普通、秋から冬にかけて採集した落ち葉に油かす、鶏糞、米ぬか、骨粉、発酵促進剤などを加えて圧縮し、発酵させて作るので、完熟するまでは少なくとも2~3ヶ月かかる。それがどうして汚染されているのか?
原発事故以降に集めた落ち葉で作ったのだろうか。しかし原発事故は3月11日だ。その頃にはもう落ち葉自体少なくなっている。保管の仕方が悪かったとも考えられるが、定期的に切り返し(かきまぜる)時以外は外気に晒さないので、放射線はおろか日光にさえ当たること自体少ないはずなんだが・・・・。う~ん。

しかしある意味腐葉土よりショックだったのが、動画の中で「ゴールデンなんとか培養土」と呼ばれている、培養土の汚染。これは正確には「ゴールデン粒状(つぶじょう)培養土」という名前で、ガーデナーなら知らない人はいない、有名な培養土。確かアイリスオーヤマが作っていたと思うが、なぜこれが汚染されていたのがショックかというと、この「ゴールデン粒状培養土」、じつは高品質・高効果・高価格で鳴らしていたからだ。店によって違うかもしれないが、大体一袋(14リットルだと)800円~1000円はする。安いものだと198円、高くても498円あたりが培養土の相場だから、この「ゴールデン~」は言うなれば培養土の中の最高級品といえる。クチコミでの評判もかなり高く、どこのホームセンターにも必ず置いてある。

どこぞの業者が作ったのかも分からない腐葉土が汚染されていたのならまだわかるが、「ゴールデン~」のような最高級培養土が汚染されていたなんてちょっと信じられない。

かくいう僕も、じつは先週、近くのホームセンターで赤玉土(小粒)を二袋と、腐葉土を二袋買ったばかりなのだ。うちでは市販の培養土は使わず、自家製の培養土を作って使用しているので、定期的に赤玉土&腐葉土を買うのだ。


 

腐葉土の方は「園芸の友」と書いてあるだけで産地や業者の所在地、メーカー名すらない。赤玉土の方にはしっかり会社名と所在地が記載されていたが。腐葉土も赤玉も花の植栽には使ったが家庭菜園には未使用。別にうちには子供もいないし、ちょっとくらい汚染されてても気にならないといえば気にならないのだが、金出してまでわざわざ汚染された土や腐葉土は買いたくはない。

この件はほとんど報道されていないせいか、問題の腐葉土を置いていたケーヨーD2、そして「ゴールデン粒状培養土」の販売元であるアイリスオーヤマからは公式のコメントは発表されていない。個々の問い合わせには答えているようだが。

野菜、お茶、牛肉、腐葉土・・・そして常識で考えれば、この次に来るのは米だろう。メディアは「不安を煽る」と自主規制して米の汚染状況について全く報道しないが、あと2ヶ月もすれば刈り入れが始まり、また同じような混乱が全国津々浦々で続出するのは想像に難くない。そうなったとき、また今回の牛肉騒ぎのように「出荷されてた~、されてた~」と馬鹿騒ぎするのか。
放射能汚染への対応では、「今現在起こっていること」もさることながら、「次に起こること」を予想し、先手先手で対策を採る必要がある。そしてメディアは自主規制なんぞしてないで国民にそのような懸念を正確に伝え、いざというときパニックにならないよう、国民に気構えというか覚悟を持たせるべきだろう。



閲覧お疲れさまでした。
ポチっとしてもらえると励みになります!

simpsons_ba


関連記事

2011.07.17 | | 放射能・汚染腐葉土

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム