花壇に球根を植える難しさ

現在の我が家の花壇の様子である。3つある花壇の中で一番広い花壇なのだが、見ての通りな~んにもない。もはや花壇じゃない。砂場だ。

最近までここにマリーゴールドとサルビアがあったのだが、霜に当たって枯れたので撤去したのだ。
で、ここにやろうやろうと思いながらつい忘れていたチューリップを植えた。
二年目の球根なので木子(一つの球根から新たに出来た小さい球根)が付いており、小さいのも入れたら全部で40~50球くらいあった。そんなものをいちいち丁寧に植えるスペースもなければ時間もないので、かなり大雑把に、ぶちまけるようにして埋め込んで行った。
だからどこからどんな色のチューリップが出るのか誰にも予想できない。ま~るく円を描くように埋め込んだり、お行儀よく直線的に埋めたり、かなり自由奔放な植栽活動だった。。
ただ、これが球根の厄介なところなのだけど、芽が出るまでどうするよ??という問題がある。さらに、芽が出て花が咲いた後どうするよ??という問題もあり・・。

というのは、↑のうちの花壇がまさにそうなのだが、発芽するまではここに何も植えられないので、この茫漠とした状態のまま3月まで放置しないといけないわけである。(>_<)
我が家はどうせ冬は花壇に日が当たらないし通りからは死角になっているので別に構わないのだが、人によってはせっかく日が当たるのに球根を植えたばっかりに何もできない、なんてことにもなりかねない。
その無念さをやり過ごした暁には庭先に見事なチューリップパラダイスが出現するのだが、一か月もすれば花は終わってしまう。すると茎だけになったチューリップが並ぶことになり、それはそれでマヌケである。だからさっさと掘り上げて今まで我慢していた花苗を植えまくろうと気が急くのだが、園芸的にそれは「NG」である。
毎年新しく球根を買うのならそれでもいいのだけれど(実際、チューリップの場合はその方が無難)、再利用して翌年もまた綺麗に花を咲かせたい!という場合は、急いで掘り上げないで、先端だけ切り落とし、葉っぱも茎もそのままで放置し、全体が枯れ果てるのを待って掘り上げなければならない。これは球根に充分な栄養を与えるため。
しかし問題は、全体が枯れ果てるまでに時間がかかるってこと。
去年、僕も教科書通りに花を切り落とし、茎と葉だけを残しておまけに化成肥料で追肥までして放置してみたのだが、結構しぶとくて、なかなか枯れやしない。一か月くらいで枯れるだろとか思ってたのだが、5月を過ぎても葉っぱとかきれいな緑色のまんま。しかもその姿がマヌケこのうえなく、こっちは他にも植えたい花とかあるわけで・・・・。結局5月には全部掘り上げてしまった。
にもかかわらずまた花壇にチューリップを植えたのは、今年は掘り上げて再利用する気がないから。咲き終わったら速攻掘り上げる予定。そもそも、チューリップって3年くらい使い続けると花が咲かなくなるらしいし。
来年は新しい球根を買います。

☆クリックしてもらえると励みになります☆

banner (46)

出来たらこっちもお願いします・・・。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

ネットショップはじめました。
brightside82.gif

関連記事

2012.12.21 | | 園芸コラム

«  | ホーム |  »

プロフィール

yuhei

Author:yuhei
築30年の借家でホームオフィスをしながら理想の庭づくり、理想のインテリアを探求する日々の記録。
「一般教養としてのロック史」管理人。興味のある方は覗いてみてください。ネットショップも地味に
コメ欄クローズ中ですので、現在お声はメールでお願いしております。
⇒ mail@brightside82.com

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム